« 2024年5月 | トップページ

2024年6月の記事

2024.06.17

もうすぐ梅雨入り…

月曜日。
今朝は良く晴れていて、予報でも夜まで天気が持ちそうだったので、朝食後に洗濯機を回して洗濯し、ベランダに干した状態で出勤しました。
ところが、午後になったら曇天になってきて、夕方には今にも降りそうな空模様。予報では夜遅くに降り出しそうです。今日は仕事を終えたら真っ直ぐに帰宅して、そして真っ先に洗濯物を取り込みました。幸い、雨に濡れた様子は無く、今日の昼の暑さで十分に乾いていました。

明日は大雨になるとのこと…。梅雨入りが遅れていましたが、そろそろ関東地方も梅雨入りが近いでしょうか。

なかなか梅雨入りしなかったおかげで、先週はほぼ毎日のように、朝洗濯して干して出かけていました。帰りは深夜になることも多かったのですが、雨に降られることもほとんどなく、帰宅後に洗濯物を取り込めば概ね十分に乾いていました。
でも、そんな洗濯日和の日々も、そろそろ終わりになりそうです。さて、これから梅雨の間、洗濯はどうするかな…。この部屋に引っ越してきて初めての梅雨です。部屋干しできちんと乾くかどうか、試してみないと分かりません。
(まあ、クルマを持っている身なので、週末にまとめてクルマに積んでコインランドリーに行けば何とかなるのですが)

| | | コメント (0)

2024.06.16

昼過ぎに実家から帰宅

今日は実家の布団にて目が覚め、そして午前中は実家にて部屋掃除などして過ごしていました。
午後1時半から某所のオンライン会議の予定が入っていたので、今回の実家帰りは昼までにして、普段より少し早く自宅に帰ることにしました。クルマに荷物を積み込んで、そして実家を出発。渋滞も無く順調に自宅へと帰り着きました。
今日のオンライン会議を終えると既に5時半です。今回の実家帰り中に郵便局から不在通知が届いていたので、会議終了後に直ちに郵便局に行って荷物を受け取ってきました。

そんなわけで、あっという間の週末でした。
何だか心地良い眠気と疲れが…。今夜は早めに寝ようと思います。

| | | コメント (0)

2024.06.15

古い写真を発掘

6月がちょうど半分過ぎた土曜日。
今日は、午前中は自宅で掃除や雑用などで過ごしましたが、午後になってクルマで出かけました。今日は2週間に一回の実家帰り&自室整理の日です。

久しぶりの実家の部屋は、真夏の蒸し暑さになっていました。すぐに雨戸を開けて空気を入れ替えて、そしてエアコンのスイッチを入れました。
部屋が冷えてきてやっと一息ついたところで、今回の部屋整理の開始です。前回の続き、押入れに残っている段ボール箱が今日のターゲットです。

今日開けた段ボール箱は、中身の大半が書籍雑誌類でした。どれも1990年代後半くらいの懐かしい物です。資料性もありそう…な気はしますが、さすがに保存しておいても活用できるかは疑問なので、古紙回収に出すことにしました。
しかし、その中に混ざって、とても古くて分解直前の高校地図帳が…。確かに高校生の頃に見た覚えはありますが、自分のではなく、もっと古いものです。奥付を見たら昭和32年でした。(親の物と考えてもちょっと年代がズレてるので、親戚からの貰い物かな…)
開いてみると、世界地図ではアフリカや南太平洋の多くの地域が独立前で、特に「フランス領西アフリカって、こんなに大きかったのか…」と驚かされました。さすがにこれは興味深過ぎるので、捨てずに保存しようと思います。

20240616_082331

他にも、かつて国鉄が行っていた全線乗りつぶしイベント「いい旅チャレンジ2万キロ」の路線図入り冊子(私は未達成で終わりましたが)など、思い出深い物がいくつか出てきました。
特に驚いたのは、小学校の修学旅行(日光でした)のときに記念に買った日光の写真集。やはり捨てられないなと思いつつ開いてみたら、東照宮での集合写真が挟まっていました。あ、ここにあったのか…。写真集の色は鮮やかですが、集合写真は色褪せが進んでいるので、持ち帰ったらスキャナーで取り込んで色再現を試みたいです。

書籍類のチェックが一段落したあと、次に出てきたのは大学時代の資料類のファイルでした。
卒業研究に取り組んでいた当時の文献資料…さすがに不要なので捨てようと思いますが、一応、古紙とファイルは分別しなくては…。ところが、クリアファイルから中身を出し始めたら、当時撮った写真が数枚混ざっていました。ううむ、こういうことがあるので、やはり古い書類やファイルはしっかり確認しなければいけません。
それにしても、当時の自分の写真、自分でその頃思っていたよりも美男子に見えます…(笑)。当時は容姿へのコンプレックス、無自覚に結構持っていたのかも知れません。
とりあえずスマホカメラで取り込んでみました。このブログに…載せるかどうか迷いましたが載せましょうか。

20240615_185835

そんなこんなで、押入れ整理作業自体は今回はあまり進みませんでしたが(段ボール箱1箱でおしまい)、思い出深いひとときになりました。

| | | コメント (0)

2024.06.14

乗り過ごした夜

今日は帰宅途中の電車を…乗り過ごしてしまいました(汗)。

電車の中で座れたので、ほっとして過ごしていたら眠ってしまい…気が付いたら乗り過ごしでした。
私は普段、めったに電車の乗り過ごしをやることは無かったので、ちょっと気が重かったですが…まあそれなら、普段降りない駅で降りて買い物してから引き返しましょう。

次の駅で降りてGoogleマップを開くと、深夜までやっているスーパーマーケットが近くにありました。
入ってみて、何か珍しい物はあるかどうか眺めてみましたが、ううむ、珍しい品揃えという点ではちょっといまいちの店かな…。とりあえず、レトルトのパスタソースを3つほど買ってから店を出ました。

駅に戻ってホームに上がると、次の電車は20分近く先でした。
ううむ、既に深夜に近い時間、下り電車はたくさんあっても、上り電車の本数が減ることは忘れていました。スーパーに入る前に時刻表を確認しておけば良かったです…。
とりあえずホームの自販機でお茶を買って飲み、ベンチに座ってポケモンGOを起動して、待ち時間を過ごしました。やがて電車が到着し、帰路につきました。

| | | コメント (0)

2024.06.13

羊肉串の調味料を使ってみる

20240613_bbq

今日は仕事を終えた後は、飲みに行ったりせず、真っ直ぐ帰ることにしました。(2晩連続で飲みに行ってしまったこともあって…)
もっとも、完全に一目散に帰宅したわけではなく、帰りがけに買い物などには立ち寄ったりしました。
スーパーで買い物した際には、お肉のコーナーにて、ラム肉(焼き肉用)を1パック購入。今夜はこれを焼いて食べたいと思います。

昨日の湯島でテイクアウトした「羊不同」の羊肉串。これには2種類の袋入り香辛料が付属していました。一つは「バーベキュースパイス」で、もう一つは「胡麻スパイス」です。
この2種類の香辛料、昨日は結局使わずに持ち帰ってきました。そこで、今夜は羊肉を焼いて、この香辛料で食べてみようと思いついた訳です。

串に刺して焼くのはちょっと難しかったので、ラム肉をそのままフライパンで焼いてみました。焼いている途中で「そろそろ香辛料かな」と思い出し、「バーベキュースパイス」の袋を開けて肉にまぶしました。
肉だけだと栄養バランスも見栄えも良くないので、肉を焼いた後の油を使って、冷凍庫にあった冷凍ほうれん草を炒めて、肉と一緒に盛り付けてみました。

そしてお味は…うん、なかなか良かったです。
基本的には肉を味付け無しでフライパンで焼いただけでしたが、羊肉串用のスパイスを入れてみたことで、「おお、これは羊肉串の懐かしい味と香り…」と、気分が一気にそれっぽくなりました。
ただ、ちょっと薄味気味でした。スパイスを上からもっとかけて、食べ続けて、たちまち全部平らげました。まだスパイスはかなり残っているので、またラム肉を買って試してみたいです。

| | | コメント (0)

2024.06.12

羊肉串と炒飯をテイクアウトして…

20240612_191832

昨夜の高田馬場に続いて、今夜は湯島のメイドバー巡りへ行ってしまいました。
さすがに連日連夜飲みに行くのは…と少々気が引けましたが、まあ、人生は楽しんだ者が勝ちですから…。(苦笑)

今日最初に行った和装メイドの店「異和館」は、初期の営業形態がちょっとユニークだった名残で、今もフードの持ち込みが無料です。
湯島にはメイドバーやコンカフェと呼ばれるような店以外にも、さまざまなジャンルの美味しい店があるので、好きな料理をテイクアウトして持ち込んで味わうというのも、「異和館」の楽しみ方の一つです。
今日は何にしようかな…少し迷った末、羊肉串にしてみました。以前何回か行ったことがある中国系の店「羊不同」、ここではUber Eatsのテイクアウトにも対応しています。御徒町に向かう京浜東北線の中でUberアプリを使ってテイクアウトの注文を出し、御徒町で下車して「羊不同」に立ち寄って受け取って、そして「異和館」へと向かいました。

テイクアウトだと串から抜いた状態になって、ちょっと見栄えが残念ですが、味は良かったです。
羊肉串2種類と、そして「ご飯ものが欲しいな」と思って茄子炒飯を選びましたが、この茄子炒飯のボリュームがかなりのものでした。
羊肉も炒飯も、半分くらいをメイドさんに分けて、量的には丁度良くなりました。皆で賑やかに…なかなか楽しい夕食時間でした。

スパイスの袋2種類、結局今夜は使うことなく持ち帰りました。
自宅で何か肉でも焼いたときに使ってみようかな…と思います。

| | | コメント (0)

2024.06.11

秋元るいーだの酒場

20240611_212027

今日は仕事上がりに高田馬場に向かいました。

経営者コスプレイヤーとして多方面で活躍している秋元るい(X: @akimoto_rui )さんが、最近始めたコンカフェ(?)です。
高田馬場駅から少し歩いた所にある古い雑居ビル。あらゆる業種の店が入っている「昭和の香り」のビルの10階にエレベーターで上がると、そこに「秋元るいーだのさかば」のドアがありました。
ちょっと勇気が要りましたが、ドアを開けてみたら、そこには広々としたカフェ空間がありました。

秋元さんに会うのは数年ぶり(前回は秋元さん主催の「マシュマロ撮影会」に参加したとき)でしたが、店に入ると、ちゃんと私のことを覚えられていました。お互いに懐かしい思いになりながら、カウンター席につきました。
秋元さんの他にも、以前に湯島のメイドバーで会ったことがある「めぽ」さんも今日キャストに入っていました。こちらも久しぶりの再会です。誕生日が同じということもあって、やはり話題には事欠きませんでした。

今日の夕食メニューは餃子定食。カウンターの上に、手作りの餃子がたくさん積まれていました。
餃子を食べながら飲んで過ごす時間。なかなか良いものでした。

かつて「マシュマロ撮影会」に何回か参加していた頃は、立体カメラを持参して、秋元さんを始め何名ものコスプレイヤーさんの立体写真をたくさん撮っていたものでした。立体カメラとニンテンドー3DS(立体観賞用)、今日持ってくれば良かったな…。
次回行く時までには、3DSにマシュマロ撮影会での立体写真を格納して、持って行ってみたいと思います。

| | | コメント (0)

2024.06.10

通院したあと午後出勤

今日は通院日でした。朝9時に病院に行って受付して、検査も含めて11時半くらいには終わりました。
先月の入院手術のときの検査結果が出たので説明を受けに行ったのですが、どうやら来月に再度入院手術が必要になりそうで…。入院の日程は来週の通院日に調整ということになりました。
ううむ、去年秋からの我が病気、なかなか落ち着きません。それでも、「再度手術」と言われても、あまり動揺しないようになってきました。さすがに心が順応してきたのかも知れません。

11時半に病院を出たので、そこから職場まで昼休みのうちに移動して、午前半休扱いで午後1時に出勤しました。
今日の仕事は定時で無事に終了し、そして自宅へと帰りました。

夕食後、昨日の八潮で買ってきたパキスタン産マンゴーを一つ選んで切ってみたら、中は柔らかくて食べ頃になっていました。
かぶりついてみたら…確かに、甘くて美味しい新鮮なマンゴーでした。
しかし、昨日買う時はマンゴーの数を3つに抑えたのですが、この美味しさだと、もしかしたら足りなかったかも…。もし早々にこのマンゴーが終わってしまうようなら、また八潮に行ってみようかと思います。

20240610_202705

| | | コメント (0)

2024.06.09

八潮と上野にクルマで小旅行

日曜日。今日はクルマで出かけることにしました。
何となくエスニック料理で昼食にしたくなりましたが、そうなると何処がいいかな…。そこで思い出したのが、去年の夏に行った八潮のパキスタン料理+食品マーケットの「八潮スタン」でした。八潮にはパキスタンの人たちが多く住んでいて、「ヤシオスタン」と呼ばれるくらいパキスタン料理店が、そしてハラール食材店が多い街です。
八潮か…距離的にも手頃だな…。そう思って、今日はクルマで八潮まで行ってきました。埼玉県八潮市、首都高速6号線で常磐道に行く途中にあります。八潮インターで首都高速を降りると、横浜に比べて道路の作りに余裕があり、クルマが使いやすい街だなという感じがします。

20240609_131233

八潮のパキスタン料理店として有名な店「カラチの空」に到着したのは午後1時過ぎ。ちょうど空腹になってきたところでした。ちょっと迷った結果「マトンパラオ」を注文しました。
辛さはほとんどなく、しかしスパイスの香りが良好で、パキスタン米の中にマトンのぶつ切りが沢山入っていました。ボリュームもたっぷり。完食したら苦しいくらいです。

「カラチの空」の次は、八潮駅の近くにある「八潮スタン シディーク」に向かいました。八潮駅からも歩いて行ける場所にある、屋台村とスーパーマーケットが一緒になった店です。
スーパーマーケットの方に入ってみると、今が旬なのか、パキスタン産のマンゴーがたくさん並んでいました。何個買うか少々迷いつつ、今日はともかく三個購入。自宅にしばらく置いておき、熟れたら食べようと思います。
マンゴー以外にも、ビリヤニ用のスパイスなども購入。帰宅後に炊いてみるのが楽しみです。

20240609_141120

買い物の後、食事スペースに行って甘味を食べることにしました。聞いたことも見たことも無いようなお菓子を、ともかくメニューを指さして選び、買った後で試しに食べてみたら…どれも非常に甘くて、何だか幸せ感を感じる甘味でした。それぞれ半分ずつ食べて、残りは持ち帰って自宅で食べることにしました。

20240609_142123

さて、クルマで八潮に来たらヤシオスタン巡りだけでなく、セイコーマートに寄るのも欠かせません。
北海道のコンビニとして知られるセイコーマートは、北関東にも数多く出店していますが、その最南端(つまり東京に一番近い)店が八潮にあります。「八潮スタン シディーク」からクルマで10分くらい、街中を走るうちにセイコーマートの看板が見えてきました。
ここではセイコーマートのプライベートブランド商品(ジンギスカン焼きそばなど、北海道らしいものもあります)を何種類か買い込み、さらに弁当コーナーで「ピリ辛ザンギ焼きそば」(北海道の工場製)を今夜の夕食用に買いました。

八潮南から首都高速に乗って帰路につき、上野に立ち寄って京成上野駅駐車場(上野恩賜公園の丘の地下)に駐車。
湯島のメイドカフェでお茶して過ごし(クルマなのでもちろん酒は飲めず、お茶とソフトドリンクだけです)、夕方にメイドさんに見送られました。
今日はIngressのセカンドサンデー(ミッション6個を行うと達成というイベント)なので、湯島駅から上野まで巡る6連ミッションに取り掛かってクリアしました。日曜の曇天の夕方、不忍池周辺も湯島の歓楽街も、そしてアメ横も、賑やかで活気に満ちていました。そんな中を一人Ingressしながら歩くのは、ちょっと孤独感を覚えましたが、「また後日ここに来て飲みたいな」という気持ちを新たにできました。

20240609_192035

ともあれ、八潮と上野を色々な目的で巡った、ごった煮のような一日を過ごせました。
上野から首都高速を走って夜9時半に無事に帰宅。北海道のザンギ焼きそばとヤシオスタンのデザートで夕食にしたあとは、心地良い疲れと眠気がやってきて、すぐ寝ることができました。

20240609_221258

| | | コメント (0)

2024.06.08

フィルムスキャナー

20240608_210656

今日はフィルムスキャナーを借りてきました。
写真(デジタルではない昔の銀塩写真)のフィルムをスキャンしてデジタル画像データを得る装置ですが、プリントされた写真や、あるいは雑誌などもスキャン可能です。

今日は天気の良い土曜日。昼前に横浜の「エスペラント博物館よこはま」に出かけてきたのですが、そこで一つ相談を受けました。
未整理の寄贈品の中に、古い写真のネガフィルムが数多く入っていたそうで…。ネガフィルムというのは、見ただけではどんな写真なのか、なかなか把握できないものです。博物館の備品にフィルムスキャナーはあるとのこと、それでスキャンすれば分かりやすくなりますが、フィルムの数が多いのでそれなりに手間がかかりそうです。

そこで、私はネガフィルムのスキャン作業を(ボランティア作業として)引き受けることにしました。
かなり古そうなフィルムなので、もしかしたら貴重な記録写真が残っているかも知れません。。

午後、用事を終えたあと、フィルムスキャナーとネガフィルム一式を手提げ袋に入れて、博物館をあとに帰路につきました。フィルムからの画像スキャンという、なかなか時間がかかりそうな作業ですが、自宅で暇を見てのんびりと作業をするのに向いていそうです。
自宅のパソコンにフィルムスキャナーを繋いで、まずは動作テスト。ちょっとボタン操作が難しいですが、あれこれ試しているうちに勝手が分かってきました。

今日はネガフィルムのスキャン作業は3本だけに終わりましたが、昔の風景写真に混ざって、ときどき人物写真や昔のイベント参加写真も出てきました。
果たして貴重な記録写真なのかについては、エスペラント会の先輩方に質問しないと分かりません。それでも、フィルムスキャナー利用のスキャン作業って、それ自体が知的好奇心をくすぐる、楽しいものだと思います。

| | | コメント (0)

2024.06.07

よくばり冷食をおすすめされて

20240607_234723

金曜日の夜。仕事を終えた後に湯島へと出かけて、メイドカフェ&バー「blanq」に行ってきました。
しばらくぶりに会うblanqのメイドさんたち。落ち着いた店内で落ち着いて過ごせる時間でした。

私の最近の生活ぶりを心配されて(?)、ちゃんと自宅で色々食事を楽しんでいるよという話題になって、そして話は最近の冷凍食品へ…。
そこでメイドさんにお勧めされたのは、二種類の料理がセットになったニップンの冷凍食品シリーズでした。最近流行の冷凍宅配食、宅配ではなく店頭での商品も増えてきて、味もどんどん改良されているようです。
とても美味しかったとのことで、私も興味が湧いてきて「スーパーで探してみます」と答えました。

そして湯島からの帰路…
いつものスーパーに立ち寄ってみたら、冷凍食品の棚に確かに「よくばり」シリーズが並んでいました。それも、かなり目立つところに…。ううむ、興味が無い状態では、なかなか新商品に気付かないものですね。
何種類も揃っていましたが、とりあえず今夜は2種類を買ってみました。買い物後は足早に自宅に戻り、そして冷凍庫へ急いで入れました。明日の朝食にでも早速試してみたいと思います。

| | | コメント (0)

2024.06.06

やきそば弁当買ったけど

20240606_232924

夜、帰りがけに普段とは違うスーパー(普段行く店より若干遠い)に行ってみたら、「北海道フェア」のコーナーがあるのに気付きました。おお…。スーパーで北海道フェアをやるときは、「やきそば弁当」は定番です。しばらくぶりに購入できました。

ところが、栄養表示を見たところ、塩分(食塩相当量)が何だか妙に多いことに気付きました。普通のやきそば弁当で6.4グラム。そのうちスープが2.3グラムです。
ああ、確かに…。「やきそば弁当」といえば戻し湯で作るスープが特徴ですが、このスープが付く分だけ塩分は多くなります。もちろん、スープを飲まなければ塩分は他のカップ焼きそばと大差ありませんが、それでは「やきそば弁当」の意味の多くが失われてしまいます。

思えば、入院と手術の後「塩分は控えめにしてください」と言われて、栄養表示欄の塩分をこまめにチェックするようになってからは、「やきそば弁当」を買うのは初めてです。
塩分を気にせずに焼きそばを食べてスープを飲んでいたあの頃には、もう戻れないのかな…と少々感傷的になりました。それでもまあ、たまには塩分多めのカップ焼きそばを摂ってもいいかな…麺にソースをかける量を減らせば…。

ともあれ、「やきそば弁当」を結局2個購入して帰宅しました。
さっそく夜食にカップ焼きそばを…ですが、既に別のカップ焼きそばの買い置きがあるので、そちらから先に食べなければなりません。「やきそば弁当」は戸棚に仕舞い、買い置きの方を開けてお湯を注ぎました。

しかし…お湯を捨てるとき、流しに全部ぶちまけてしまいました(泣)。

これは、夜食など食べずに早く寝ろという意味なのでしょうか…?それとも、後回しにされた「やきそば弁当」に恨まれているのでしょうか…?
ともあれ、今夜はカップ焼きそばは諦めて、代わりに冷食のスパゲッティを食べて寝ることにしました(苦笑)。

| | | コメント (0)

2024.06.05

乗り物趣味者が喜ぶとき

先日Twitterの方に書いたのですが、乗り物趣味者(鉄道趣味や自動車趣味などに留まらず、乗り物なら何でも好きな人)が喜びを感じる場面として

「ある場所に行くのに、この乗り物は普通選ばないだろうというものを選んで、それが実はドンピシャで便利だったとき」

が有るんじゃないかと思います。
実際の例を挙げるとしたら…ううむ…。例えば、昨今の東京でよく見かける電動キックボードの「LUUP」、何だか玩具みたいな印象を持つ人が多いような気がしますが、実際に使ってみると意外な場面で極めて便利だったりします。
初めて私がLUUPを使ったのは、文京区音羽の鳩山会館から早稲田駅前のエスペラント会館に移動したときでしたが、この二点間は直線距離では近いのに、地下鉄でもバスでも何かと遠回りです。どうしようかと思いながら鳩山会館を出たときに、すぐ門の横にあったのがLUUPでした。そして使ってみたら便利さを実感したというわけです。

都区内だと、都バスも時々「こんなところにバス路線があったの??」と驚かされます。鳩山会館に行ったときも、横浜から行く経路をGoogleマップで検索したら、御徒町駅前から都バスに乗るという方法を示されて感心したものです。確かに、御徒町と音羽を直結するように都バスの路線があります。
遠くに行く場合は、例えばただいま韓国旅行の計画を立てているところですが(10月に日韓共催エスペラント大会があります)、私の場合、往路は成田から仁川までエチオピア航空を使い、帰りは釜山から対馬への船に乗って対馬での島旅を楽しもうと考えているところです。
(エチオピア航空の成田~アジスアベバ便は途中で仁川を経由して、成田~仁川だけの利用も可能です。また、最近は釜山と対馬が高速船で1時間少々で結ばれ、釜山から手軽に行ける海外旅行として韓国の人たちに親しまれています)

どんな乗り物に対しても先入観を持たず、乗り物だったら何でも好きになって、そして色々な乗り物に対しての知識を持つ…。それが、「普通は選ばないけど実はとても便利」な乗り物を見つけるコツなのかな…と思います。

| | | コメント (0)

2024.06.04

1986年3月・宗谷岬への鉄道旅行記(全文)

おとといの実家帰り&部屋整理のとき、押し入れで見つけた北海道旅行記。その後スマホのOCRアプリに課金して、一通りの文字起こしを終えました。

改めて読んでみると、やはり当時の自分の文章、硬いところがあって少々恥ずかしいものです。
それでも、当時の鉄道旅行の雰囲気が、読者の皆様にも多少は伝わるかも知れません。やはりネット上に公開してみることにしました。

ちなみに、銀山駅のところには、次の図が描かれていました。

20240602_090744zu

ディーゼル機関車を先頭に8両編成の列車が下りホームに停車。しかしこの駅には跨線橋も地下道も無く、下りホームから駅舎に行くには線路を渡らなければなりません。
ホームからはみ出して停車し、立ちはだかる列車。しかし、この列車は旧型客車で手動ドアでした。回送車両の客車のデッキを通って、反対側のドアから線路に降りて横断、そして無事に駅舎に辿り着いた…というわけです。
現在の常識では考えられないことですが、当時は普通の…いや、当時でもかなり驚きの扱いだったような気がします。

それでは、旅行記の本文は、この記事の「追記」欄に載せてみたいと思います。(「続きを読む」のリンクをクリックすると読めます)

続きを読む "1986年3月・宗谷岬への鉄道旅行記(全文)"

| | | コメント (0)

2024.06.03

冷麺 おいしそうだね

20240603_193610

昨日の、押し入れから発掘した旅行記の件。各章の見出しだけブログに書いた後で、本文を起こすべく、OCRアプリを探してスマホにインストールしてみました。実際に旅行記ノートをスマホで撮って文字起こしを試みたら…ほぼほぼ正確に読み取れたのでなかなか驚きました。
所々で読み取りミスはありましたが、ノートの手書き文字の方に問題がある場合がほとんどでした。一通り眺めて、読み取りミス部分に手修正をかければ完成です。ただ、OCRアプリの無料版の制限に引っ掛かり、旅行記を半分ちょっと読み取ったところで中断となりました。
これは…アプリを有料版にして、残りの読み取りを進めようかなと思っているところです。

さて、今日は仕事を終えた後、秋葉原に出かけてみました。
いつものJAM Akihabaraでは6月から夏メニューが始まったとのこと。今年の夏は冷麺です。写真で見るとなかなか美味しそうだったので、今日は早速試しました。
キムチを始めとして、色々な具が載った冷麺。ボリュームも手ごろで、美味しかったです。それにしても、この冷麺を見るとどうも、昔の空耳アワーのネタ、「冷麵 おいしそうだね」を思い出してしまいます。(汗)

JAMを出た後は、近くのLUUPポートでキックボードを借りて湯島へと移動し、湯島の「合縁奇縁」に行ってみました。一時間ちょっと過ごした後、外に出ると土砂降りの雨。急いで地下鉄の湯島駅に駆け込み、千代田線に乗って帰路につきました。
(二重橋前駅で千代田線を下車して、行幸通り地下道を歩いて東京駅に行き、JRで横浜へ…。この乗り換え方法なら雨に濡れる心配はありませんでした)

| | | コメント (0)

2024.06.02

1986年春の鉄道旅行記が出てきた

20240602_190817

実家に帰って過ごした週末。今朝は実家の(元)自分の部屋で目が覚めました。実家ではやっぱり、「実家の布団だからこそ取れる疲れ」と「実家の布団だからこそ溜まる疲れ」の両方が存在するような気がします。ともあれ、それなりに身体をリフレッシュできました。
週末の実家帰りの目的は、自分の部屋の整理と掃除です。今日は古紙の分別と袋詰めを重点的に行うことにしました。押し入れの中には、まだ整理できていない古い段ボール箱が3つほど残っています。

段ボール箱を1つ開けてみたら、中には大学時代のプリントやレポート類がぎっしり詰まっていました。懐かしい思い出ではありますが、数十年前のものですし、さすがに保存しておくようなものではありません。内容をチェックしながら古紙回収袋に入れていきます。
しかし、そんなプリントやレポートに混ざって、授業と関係のないノートが何冊か見つかりました。高校時代や大学時代の鉄道旅行の記録です。おお、これは捨てるわけにはいきません。
特に、表紙が無くなっている薄手のノートは、3月に鉄道で稚内まで旅行したときの記録でした。日付と曜日は書いてありますが年が書いてありません。この旅行は1986年頃だった筈…調べてみたら、3月20日が木曜日なのは確かに1986年でした。高校を卒業して大学に入る直前の春休み、まだJRになる以前の国鉄時代で、青森から函館には青函連絡船で渡ったものです。
写真は残っていませんでしたが、同じ段ボール箱から駅弁の包み紙が出てきました。

それにしても、このノートの文字、今の自分の字に似ているけれども今よりずっと読みやすいです。「もしかして友人からの預かり物?」と一瞬思ってしまうほどでしたが、中身を読んでみたら確かに自分の旅行でした。
旅行中に書いたわけではなく、どこかの同人誌(コピー誌)に寄港するために清書したノートのようです。それでも、今より上手な字を見ると「やはりパソコンやワープロの使い過ぎで文字の手書きが減って、字が下手になってしまったかな…」という気がします(苦笑)。

さて、これはどうしましょうか…。
何だかパソコンで文字起こしして、ネットに公開してみたい気はします…。今時の文字起こしアプリは優秀ですし、そんなに手間ではないでしょう。80年代の鉄道旅行の雰囲気が伝わるかも知れません。
とりあえず今夜は、各章の表題(各列車の情報)をリストに書き出してみることにしますか…。出発駅は当時住んでいた家の最寄り駅、大船駅です。大垣夜行(後のムーンライトながら)の上りが停車する駅(午前3時51分に発車)なので、北に向かう旅行では重宝したものです。

  1. 普通340M 大船3:51→東京4:39
  2. 京浜東北線 東京→上野
  3. 普通421M 上野5:06→平8:36 (現在のいわき駅)
  4. 普通235M 平9:00→仙台12:15
  5. 普通1427M 仙台12:23→利府12:39 (一ノ関行きの発車まで時間があったので利府に立ち寄ってみた)
  6. 普通1430M 利府12:53→岩切13:00
  7. 普通533M 岩切13:12→一ノ関14:43
  8. 普通1539列車 一ノ関14:52→盛岡16:31 (50系客車)
  9. 普通539列車 盛岡16:42→青森20:49 (12系客車)
  10. 青函連絡船1便 青森0:30→函館4:25 (八甲田丸)
  11. 特急「北斗1号」 函館4:50→森5:29 (次の43列車が森始発だったので特急で繋いだ)
  12. 普通43列車 森6:36→札幌13:11 (旧型客車による長距離鈍行)
  13. 札幌市電と地下鉄の乗りつぶし(札幌→大通→すすきの→真駒内→麻生→大通→琴似→新さっぽろ)
  14. 普通767M 新札幌18:09→札幌18:23
  15. 急行「利尻」札幌21:20→稚内6:00 (寝台車利用)
  16. 普通742D 稚内7:57→声問8:12 (宗谷岬行きのバス代節約のため、声問まで列車で移動)
  17. 宗谷バス 声問駅前→宗谷岬

いやはや、旅程をリストにしてみると、我ながら凄い旅行をしたものです。
当時の北海道での乗り鉄の定番「北海道ワイド周遊券」を使ったと書かれています。これは北海道内は特急自由席も乗り放題ですが、北海道までの往復は特急料金別払いなので、青森まではとにかく普通列車で行ってみた…と記憶しています。
(既に青春18きっぷはありましたが、このときは使いませんでした)
旅行記ノートは宗谷岬到着までで終わっていて、それ以降の記録は残っていません(押し入れからまだ見つけていないだけかも)。ただ、稚内に戻った後は天北線急行「天北」で名寄まで行って、名寄本線で網走に抜けたような覚えが微かにあります。

…こうして書いていると、少しずつ記憶が蘇ってきました。常磐線の普通列車、横風の強い日で風の音が強かったな…。駅弁では一ノ関駅弁の「かにめし」は覚えてないけど、八戸駅弁「小唄寿司」は少し記憶に残っています。そして青函連絡船の広々とした待合室、既に連絡船の乗客も少なくなっていた時代でした。
森駅から札幌駅までの旧型客車列車、あれは今思うと貴重な体験だったとおもいます。出来ればもう一度乗りたいな…。

ともあれ、これからOCRアプリを探して、本文の文字起こしを試してみたいと思います。

| | | コメント (0)

2024.06.01

そろそろ虫の季節

3月に新居に移ってからも続けている、月2回の実家帰り。
一応、隔週の週末に帰ることにしていますが、入院の関係で間隔が開いてしまい、今回は3週間ぶりになりました。天気が良くて暑い昼下がりに、クルマを走らせて実家へと到着。家族に出迎えられました。

新居のワンルームに比べると、実家はもっと郊外にあります。静かで長閑な場所ではありますが、春から夏になってくると虫の発生も心配です。
実際、最近あれこれと害虫が出始めて、家の周囲にしっかりと殺虫剤を散布したとのこと。そう聞くとちょっと怖くなりますが、殺虫剤散布後は家の中ではほぼ見かけなくなったそうで…。
それでも、何となく不安になりながら、実家の自室の窓を開けて空気を入れ替えました。幸い、今日のところは虫は見かけていません。

あれこれ掃除や整理を行ったあと、夕方はバスで駅前まで行って夕食にしました。今夜食べたのは「喜多方ラーメン坂内」のワンタンラーメンでした。この店の喜多方ラーメン、実家暮らしの頃はよく食べていましたが、今ではなかなか食べる機会がありません。久しぶりに食べた一杯、美味しくて懐かしかったです。

20240601_200134

喜多方ラーメンの夕食を終えた後、バスに乗って実家へと戻りました。
もうすっかり夜です。実家の自室に入るとき、もし虫がいたら…と思うと少々怖かったですが、電灯をつけてみても特に虫は居ませんでした。

今回の実家帰りでは、押し入れの中に残っている古紙類の整理に取り掛かる予定ですが……今日は結局、押し入れを開けるには至らず、整理作業は特に進みませんでした。明日こそ押し入れを開けて整理に着手したいと思います。(虫が居る場合に備えて、殺虫剤のスプレーを手にしながら…)

| | | コメント (0)

« 2024年5月 | トップページ