カテゴリー「旅行・地域」の記事

2019.02.13

横浜中華街の沙県小吃で満腹

Dsc_238201

中国で6万店以上の店舗数を誇るという大衆中華料理チェーン店「沙県小吃」。
去年、その日本初の店が高田馬場に出店したと(Twitterの中国クラスタ経由で)知ったときは、ちょっと興味を惹かれたものです。もっとも、この店のためだけに高田馬場まで行くのも大変なので、まだ行っていませんでしたが…。
数日前になって、(やはり中国クラスタの人たちのツイートで)二号店が横浜中華街に出来たと知り、横浜なら行けるかなという気持ちになってきました。ネットで調べてみると、美味しそうな麺や雲吞の画像が色々と出てきます。
そこで、今夜は仕事帰りに中華街に寄り道して「沙県小吃」に行ってみることにしました。

店に入って食券自販機で「満腹セット」1700円の食券を購入。この沙県小吃の定番料理4種類のセットです。果たして食べきれるだろうかと少々心配でしたが、今夜は十分に空腹にしてここに来ましたから、多分大丈夫でしょう。
店内は、開店したばかりで新しく清潔です。しかし(横浜中華街の色々な店と異なり)中華風の飾りつけなどがあまり無くて、あくまでも普段着の中華料理の店という雰囲気でした。
まず、拌麺(パンメン)が到着。コシの少ない平たい麺(ベトナムのフォーにちょっと似てる)にピーナッツ味のタレが掛かっていて、まずはよく混ぜてタレを麺に絡ませます。
絡ませ終わった頃、他の3品が相次いでやって来ました。雲吞(ちょっと小ぶりの雲吞がスープの中にたくさん…)、蒸し餃子、そして排骨が幾つも入った蒸しスープ…。テーブルの上が満杯になりました。
どの料理も美味でした。絶品と讃えるほどの美味ではありませんが、「中国人にとっては普段食べ慣れている味」と言われれば頷ける感じです。印象的だったのは、やはり今日初めて食べた「拌麺」でしょうか。もっとどんどんツルツルと食べてしまいたくなる味と食感でした。

無事に全部食べ終わり、すっかり満腹になりました。
店を出ようと立ち上がると、向かいのテーブルの男性がにこやかに「美味しかったですか?」と声をかけてきました。(テーブルの上を見るに、どうやらグループ客ではなく、店の関係者の打ち合わせみたいでした)
「美味しかったです!」と答えると、この男性は嬉しそうに、日本の一号店が高田馬場にあることと、そしてテレビで何度も取材された旨を教えてくれました。そしてスマホを取り出し、そのニュース動画を私に指し示しました。
「…あれ?社長さんですか??」 …ニュース動画の社長インタビューのシーン。そこに映っていた、日本に沙県小吃をFC出店した社長の王さんは、まさに目の前の丸顔の男性でした…(びっくり)。日本語も非常に堪能で、笑顔で人当たりが良くて、しかしその表情には真剣さが滲み出ている…「有能な社長さんだな」という第一印象を感じました。

沙県小吃を出た後は、せっかく横浜中華街まで来たので、食材店に立ち寄って月餅や鳳梨酥など買い込みました。そして石川町駅から電車に乗って帰路につきました。

Dsc_238501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.11

去年夏の旅行記を書いてます

今日は仕事帰りに公民館の図書室に立ち寄り、窓際のテーブルでタブレットとキーボードを出して、旅行記の執筆を進めています。
(自宅に帰ってから書いても良いのですが、それだと何となく気分が乗らないのと、自分の部屋の暖房が今一つ効かないので…公民館の方が快適です)
2週間かけてマルセイユとリスボンを巡った旅行のことを、写真やGoogleマップの履歴機能など参考にしつつ、辿った旅程を思い出しつつ書いているわけですが…まだ香港に到着したばかりです。果たして完成はいつになることやら…(苦笑)。

ふと思ったのですが、既に章分けは出来上がっていて各章の題名もほぼ決めてあるので、別に旅程の順で書かなければならないわけでもありません。
日付をランダムに選んで「今日はこの日を書こう」でも構わないんじゃないか…という気がしています。

旅行記を旅程の最初から書いていった場合、書いているうちに自分の文体が少しずつ変わっていって、出発時と帰着時では文章の雰囲気が異なったりするのでしょうか?
そうだとすると、ランダムに書いたらどうなってしまうのでしょうか…?それもちょっと興味があるところです。

それにしても、トランジットで半日だけ過ごした香港、旅行記を書いていると沢山のことが思い浮かんできてしまいます。なかなか楽しかったな…。でも書いてたらきりがないかも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.01

初日の出、そして干し芋

Dsc_229101

新年、あけましておめでとうございます。
本年も、本ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

今朝は(ほぼ例年の習慣通り)、土浦駅前の東横インで朝5時に目覚め、5時半過ぎにクルマを出して、霞ヶ浦の初日の出スポットに行ってきました。
天気は良く、空気も澄んでいて、今年はなかなか美しい初日の出となりました。毎年ここで、ご来光を拝みながら、昨年の思い出を振り返り、今年の無事と幸せを祈っています。来年もまたここに無事に来て、初日の出を拝めますように…。
(この初日の出スポットを自力で地図と分度器を使って探し出してから、今回で20年が経過…何とも感慨深かったです)

初日の出を待つ間、地元の若者数人のグループがかなり賑やかな様子でしたが、太陽が姿を現して一帯が陽の光に照らされると、その賑やかさが「若い連中の騒ぎ声」から、「少年少女のはしゃぎ声」へと一変しました。やはり、太陽の光には、人の心に作用する何かがあるのかも知れません。
私もその様子を横で聞きながら、「若いっていいな…」と思いました。身体の老化は最近ひしひしと感じますが、心だけでも若返りたい…。それが、私が今朝最初に思い浮かべた「今年の目標」です。

初日の出の後は、東横インに戻って朝食。
そして、午前9時過ぎにチェックアウトして、クルマで帰路につきました。

例年は初詣などに向かうところですが、今日はちょっと早めに帰りたい気分でした。年末から干してあった干し芋、大晦日に部屋に取り込んでから出かけてきたので、帰宅して少しでも外に出したいと思いまして…。
常磐道の守谷サービスエリアにて休憩。現地野菜の販売店「やさい村」にて、「芋を干し終わった次はトマトでも干してみようかな」と思いついて小ぶりのトマトを購入。さらに、茨城産の干し芋も一袋購入しました。干し芋作りの真っ最中ですが、「お手本となる干し芋が欲しい」と思いまして…。

午後3時過ぎに無事に自宅に帰り着きました。すぐに、部屋につるしてあった干し芋ネットを外に出します。
一休みしたあと、守谷で買ってきた干し芋、袋をさっそく開けてみました。…うん、さすがはプロの作った干し芋、形も色も良くて、味も甘くてねっとりと美味しいです。
でも…ちょっと生干し気味かな…。
最近の干し芋は、昔よりも保存食としての必要性が薄れたとかで、カラカラ干しよりも生干しが好まれるようになったらしいです。でも、個人的には何となく不満…。もっとしっかりと干されて保存も効く干し芋が食べたいです。
そこで、干し芋ネットを開けて、干してあった私の芋を詰めてスペースを作り、買ってきた干し芋の追加干しを試みることにしました。
さて、どんな味と食感に変化しますでしょうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.25

20年ぶりの日本へそ公園

Dsc_123701

加古川駅から加古川線に乗って約1時間の場所に「日本へそ公園」という無人駅があります。北緯35度と東経135度の経緯度が交わる場所、そこに作られた「日本へそ公園」に隣接した駅です。
この場所には20年ちょっと前に来たことがあります。当時、秋葉原でハンディGPS受信機(ガーミン社製)を見つけて衝動買いしてしまったため(笑)、何か面白い方法で試したくなったのです。
駅のすぐ脇にある「経緯度交差点」の標石、そこにGPS受信機を置いて、確かにほぼぴったりの経緯度が表示されるのを見て、「おお~」と感心した思い出があります。

そして月日は流れ…今では誰もがGPS入りのスマホやタブレットを持ち歩く時代になりました。GPS表示アプリを入れれば、画面に経緯度を表示するのも簡単です。
よし…せっかく姫路まで旅行に来たのですから、帰りがけに思い出の日本へそ公園を再訪してみましょう…。そう思って、今回は旅行前に、タブレットにGPSアプリを準備してありました。
ただし、ひとつ問題があります。「世界測地系」への変更…。日本独自の基準で定められていた日本国内の緯度や経度が、2002年にもっと精密な基準に改められたのです。これにより、経緯度の標識の類は、国内のものはどれも数百メートルずれてしまいました。
日本へそ公園駅の脇にあった「経緯度交差点」も、今ではぴったりの経緯度は指さないでしょう。調べてみると、新しい経緯度交差点のモニュメントは丘の中腹にあるようです。

続きを読む "20年ぶりの日本へそ公園"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.21

今度の連休は姫路へ

今夜は仕事帰りの駅前でしばらくIngress活動などした後、藤沢に足を延ばして行きつけの店で飲み、ちょっと遅い帰宅となりました。
帰りのバスを降りると外は雨。傘は持ってきていません。しばらくコンビニで買い物後、小降りになったところを見計らって自宅に走って帰りましたが、ちょっとばかり濡れてしまいました。ふう。

さて、明後日からの三連休、私は姫路に旅行に行く予定です。
Ingressのイベント「ミッションデー」が24日に姫路で開催されるので、それに参加するのが主目的です。出発は23日の夜。高速バスに乗って関西に向かう予定です。24日はミッションデー参加後に姫路で一泊し、25日に帰ってきます。
往路の切符や宿などの確保は無事に終わりましたが、25日の予定がまだ固まっておらず、帰りの切符も取っていません。まあ、何だかんだで関西にて過ごし、夕方の新幹線に乗って帰るというのが順当でしょうか。

関西を目的地とした旅行、もしかすると久々かも知れません。
姫路をIngressしながら歩くのも楽しみですが、その他にも関西では、前々から行ってみたいと思っていた場所が大阪(梅田)にひとつあります。おそらく行ってみることになりそうですが…それは当日の記事にて書いてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.19

いい日旅立ちを思い出す

今日は何となく、昔懐かしい歌「いい日旅立ち」のことを思い出していました。

かつての国鉄のキャンペーンソング、今でも旅情を感じさせる歌ではありますが、歌詞の解釈がどうも難しい歌でもあります。
「過ぎ去りし日々の夢を叫ぶ」とか「帰らぬ人たち」とか、歌詞をよく見るとかなり重苦しい意味が込められているはずなのに、その割に歌全体に暗さは感じられないというのが不思議なところです。そもそも、旅立つのが「いい日」ですから…。

それに、小さい頃には、この歌を聞くたびに「私を待ってる人が日本のどこかにいるはずがないよ」と突っ込みを入れたくなっていたものです。
今でも、この「私を待ってる人」に関しては、どうもピンときません。やはり小さい頃と同様、「そんな人がいるのか?」と思ってしまいます。

でも、先日の旅行のことを思い出して振り返ると、何となく分かるような気がしてきました。
あくまでも私の勝手な解釈ではありますが、旅には、「過去の思い出という、心の束縛」から、我が身を解放してくれるような作用があるんじゃなかろうかと…。
「青春時代の自分に戻りたい、しかし戻れない」という寂しさと悲しさを紛らわすには、どこかに一人旅に行って、新しい物や見知らぬ人と出会うのが効果的。そんな「旅の効能」を歌ったのがこの歌なんじゃなかろうか…と、そう思い始めたところです。

…要は、「またどこかに一人旅に出て、新しい出会いを得たい」と思っています。
(飛行機のマイルがそこそこ溜まってるので、それで出かけようかな…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.14

八ヶ岳からの帰り道

Dsc_120301

八ヶ岳の麓、「八ヶ岳エスペラント館」での合宿は、今朝は食事と後片付けを終えたらすぐお開きとなりました。(みんなで一緒に山歩きや美術館巡りなどするのではなく、みんなそれぞれ好きな場所に行く…という、何とも自由で緩い合宿です)
私はクルマで来ていたので、列車組やバス組に比べると自由度があります。今日は帰路をたどりつつ、

・甲斐小泉駅近くの「三分一湧水」に行き、湧き水の流れる公園を散策(しつつ、Ingressの「MAGNUS Builder」に挑戦)
・サントリーの白州蒸溜所に行き、ついつい高いウイスキーを買い込んでしまった…しばらく自宅飲み用の酒には困りません…
・中央道を都留で降りて、峠道を越えて道志村に行き、「道志の湯」で温泉に入ってのんびり…

道志村で風呂を上がったのは夕方5時過ぎ。そのあとは真っ直ぐに帰り道を急ぎました。
それほど遅い時刻ではないのに、なぜ急いだかというと…実は、昨日の行きがけに自宅近所のクリーニング屋にワイシャツなど出していたので、今日の閉店時刻までに取りに行かないと、明日から着るワイシャツが足りなくなるため…(苦笑)。幸い、閉店前に間に合ってワイシャツは無事に受け取ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.12

あひるとレタス

Dsc_118901

今日は仕事の後、Ingressの期間限定メダル「Magnus Builder」に挑むため、夕暮れの関内駅に向かいました。
関内駅前から、プロ野球の真っ最中の横浜スタジアムを横目にポータルを巡り、そしてポータル密集地を求めて中華街へ。中華街大通りを進みながらポータルにレゾ刺しを繰り返しました。
そろそろ疲れて、夕食にしたいなと思い、一本外れた通りにある広東料理の小さな店へ。先の連休中の「横浜観光地めぐり」の際に見つけて気に入った店です。入ってみると、今日はカウンター上にあひるの丸焼きが並べられていました。4分の1で1500円…ちょっと高いけどやはり気になります。

結局、この丸焼きを4分の1注文し、ビールを飲みながら食べてみることにしました。
皮は飴色で香ばしくて美味。肉の部分はちょっとパサパサ気味ですが、肉汁をしみこませてから食べると結構いけます。
夢中になって食べているうち、カウンターの中にいる店主がレタスを取り出し、「残った肉汁にレタスつけて食べると美味いよ」とのこと。ほう…。試しに注文すると、店主はさっそくレタスを中華鍋に入れて炒め始めました。
あっさりした塩味で炒められたレタスが、皿に盛られて出てきました。これを、あひるの皿に残った肉汁につけて食べると…おお、これはもしかすると、あひる本体より美味しいかも知れません。
ビールを飲みつつ、どんどんレタスを食べていきました。そして結局完食です。レタスだというのに、食べてみるとボリュームがあります(肉汁たっぷりなので当然かも知れませんが…)。今夜は、あひるとレタスとビールだけで満腹になってしまいました。

満足して店を出た後、Ingressのポータル巡りを再開。今度は関帝廟通りを歩いてあちこちのポータルにレゾ刺しを行いました。
そして石川町駅に到着したところで、今夜のIngressは一段落。今日は、メダル獲得に必要なレゾ刺し数の7割くらいまでは進んだでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

シーバスに乗りました

Dsc_096501

今日は夕方、横浜駅東口を出て横浜ベイクォーターのシーバス乗り場へと歩き、そして山下公園行きのシーバスに乗ってみました。
横浜港内の平べったい水上バス「シーバス」、乗るのは久しぶりな気がします。前回乗ったときは確か、みなとみらい地区が今ほど立派ではなかった頃だった筈…。

夕暮れ空に立ち並ぶ、みなとみらいのビル群、何とも綺麗でした。
スマホのカメラを起動して、この夕暮れの景色を写真に撮りたいと頑張ってみましたが…ううむ、やはりちょっと暗くなり過ぎたようです。もっとちゃんとした、感度の良いカメラを持参しないと無理かな…。
(上の写真、かなりブレてボケていますが、せっかく撮ってきたのでブログに載せてみました)

すっかり暗くなった山下公園に到着。月曜の日没後の山下公園は人影も少なく、ちょっと寂しい雰囲気でした。
公園を出て中華街へと歩き、饅頭など立ち食いしたあと、関内駅から帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.15

ベイクォーター散歩

Dsc_093401

今日は午後から横浜駅近くの某所にて用事があったのですが、ちょっと早く行き過ぎて横浜駅到着は昼前。そこで、散歩しつつ昼食場所を探そうと思い、横浜駅のきた東口から橋を渡り、「横浜ベイクォーター」に行ってみました。

数年前から、この場所に新しい商業施設が出来ていたのは知っていましたが、実際に行ってみるのは初めてでした。建物の横のデッキからすぐ横が海(というか入江)で、向かい側にはそごうや日産本社が並び、水面には「シーバス」が浮かんでいます。ええ、なかなかおしゃれな場所です。
シーバスが出発するシーンを見て、橋の上から写真を撮ってみました。スマホカメラですが、結構綺麗に撮れたような気もします。

で、本当はここで何か珍しい食事でも…と思っていたのですが、どうもおしゃれ過ぎて…ぱっとしないオッサン一人で入るのはちょっと躊躇してしまうような店が多かったです…。
結局、シーバス乗り場の横のマクドナルドにしてしまいました。(汗)
ビッグマックセット(私がマクドナルドに入るとほぼ確実にこれを頼む)にしましたが、もしかすると数か月ぶりのビッグマックかも知れません。ともあれ、海の見えるベンチでビッグマックを食べつつ過ごしていると、ああ、もう春だな…という気持ちになってきました。
(暖かいというより、むしろ初夏の暑さのような気がしました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 | Nintendo3DS対応 | メイド・コスプレ店巡り(-2005) | メイド・コスプレ店巡り2006 | メイド・コスプレ店巡り2007 | メイド・コスプレ店巡り2008 | メイド・コスプレ店巡り2009 | メイド・コスプレ店巡り2010 | メイド・コスプレ店巡り2011 | メイド・コスプレ店巡り2012 | メイド・コスプレ店巡り2013 | メイド・コスプレ店巡り2014 | メイド・コスプレ店巡り2015 | メイド・コスプレ店巡り2016 | メイド・コスプレ店巡り2017 | メイド・コスプレ店巡り2018 | メイド・コスプレ店巡り2019 | ロケット見物2006-2010 | ロケット見物2011 | ロケット見物2012 | ロケット見物2013 | ロケット見物2014 | ロケット見物2016 | 初代プリウス愛用記 | 台湾旅行好き2009 | 台湾旅行好き2010 | 台湾旅行好き2011 | 台湾旅行好き2012 | 台湾旅行好き2013 | 台湾旅行好き2015 | 台湾旅行好き2016 | 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり | 季】微妙に(略)試験日の感想 | 微妙だけども真面目な話 | 微妙に(略)IT機器選び | 微妙に(略)エス語使い | 微妙に(略)コネタマ頼り | 微妙に(略)バファリン日記 | 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 | 微妙に(略)モス巡り趣味 | 微妙に(略)ライフスタイル | 微妙に(略)両利き練習 | 微妙に(略)乗り物趣味 | 微妙に(略)夢の記録 | 微妙に(略)好奇心の種 | 微妙に(略)投資日記 | 微妙に(略)日記帳 | 微妙に(略)楽しみ方 | 微妙に(略)空想ネタ | 微妙に(略)立体写真趣味 | 微妙に(略)立体写真趣味-COS | 微妙に(略)谷山浩子論 | 微妙に(略)飛行機趣味 | 微妙に(略)麻雀あそび | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 | 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 | 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 | 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 | 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 | 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 | 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 | 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり | 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 | 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り | 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 | 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 | 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 | 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 | 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 | 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 | 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 | 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 | 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 | 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 | 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 | 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 | 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 | 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 | 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 | 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 | 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 | 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行 | 臨】[2018年7-8月]南仏とリスボン旅行