カテゴリー「微妙に(略)モス巡り趣味」の記事

2022.10.18

京急鶴見の新しいモスバーガー

20221018_185004

私の今の勤め先は鶴見ですが、最近、京急鶴見駅の高架下「ウイングキッチン」に新しいモスバーガーができました。
開店は10月14日でしたが、初日は結構混雑していたので、落ち着いてからがいいなと思い…今日になって初めて行ってみました。

この店の場所、かつては神戸屋があったところです。
しばらく前に神戸屋が閉店し、それから空き店舗になっていましたが、先日ふと気付いたらモスバーガーの看板が出ていて開店準備が始まっていました。モス好きの私としては少し驚き、そして嬉しくなったものです。(鶴見駅西口には昔からモスバーガーがありますが、東口利用者としてはちょっと行くのが億劫で…それほど頻繁には行きません)

仕事帰り、鶴見駅はすっかり日が暮れていました。モスバーガーの新しい店内に入ると、満席ではないものの、それなりに賑わっていました。
夜限定のライスバーガー「よくばり焼肉」が食べたくなり、ポテトとアイスコーヒーのセットで注文。窓側のカウンター席に座りました。
目の前には鶴見駅の駅前広場の風景。JR鶴見駅は装飾が派手で、ネオン管の色が目立ちます。やがて店員さんが持ってきたライスバーガー、肉の量が多くて「おお、これは…」という感じでした。(通常の倍だそうです)

熱々で肉たっぷりのライスバーガーを味わい、ポテトをつまんでゆっくり過ごしました。やはり新しい店は居心地が良いです。
ただ、最近の私にとっては、モスバーガーは一個では物足りず、二個だと多すぎる感じで…。「よくばり焼肉」、確かに食べごたえはありましたが、やはり満腹感は今ひとつでした。(まあ、今の私は本来、食べる量を抑えなければいけない身なのですが…)

ともあれ、わが通勤経路上に、なかなかいい店が出来たものです。
またここでのんびり過ごしたいなと思いつつ、店を出て帰路につきました。

| | | コメント (0)

2022.03.12

なりもすに小旅行

20220312_100054

今日はモスバーガー50周年の記念日。
モスバーガーの1号店がある成増では、東武東上線の成増駅が「なりもす駅」に化けるなど、町をあげての祝賀ムードになっているとのことで…。
昔からのモスバーガー好きとして、成増店には(1号店ということで)過去何回か行ったことがありますが、ここ数年はご無沙汰していたので、今日は行ってみたくなりました。

東上線の電車を成増駅で降りると、確かに駅名標が「なりもす」に変わっていました。おお。
今日は東上線の主要駅で「モスバーガー50周年記念乗車券」も発売されていましたが、朝からTwitterで売れ行きを探ってみたら、さすがに朝のうちにほとんどの駅で売り切れた模様です。(もし残っていたら買うつもりだったのですが、少々残念…)
ともあれ、駅を出てモスバーガー成増店に歩いていくと、商店街には記念の旗が並び、成増店の前にも記念の飾り付け。そして多くの人たちがスマホで店の写真を撮っていました。

店内に入って、成増店限定の記念メニュー「なりもす・ダブルバーガー」のモスチキンセットを注文しました。(たまたま行列が途切れたタイミングだったようで、並ばずに済みました。店を出るときには再び長い列になっていました…)
2階に上がってしばらく休憩。創業当時のままではなく既に屋根裏部屋風の新店舗に変わっています。壁には創業者の櫻田さんのイラストなども飾られ、50周年の1号店らしい雰囲気です。

20220312_101137

出来上がったダブルバーガー、「モスバーガーは食べにくい」という既成概念をさらに上回る食べにくさでしたが、モスバーガーらしい美味しいハンバーガーでした。これとモスチキンを合わせたら相当な満腹感で、ちょっと苦しいくらい…。
ともあれ、無事に完食して十分に満腹になりました。

成増までせっかく来たのなら…。
隣の和光市駅。この駅前から理化学研究所までの通りが、理化学研究所で作られた新元素「ニホニウム」に因んで「ニホニウム通り」と名付けられているので、一度行ってみたいと思っていました。
モスを出て、なりもす駅こと成増駅から1駅乗って和光市へ。そして「ニホニウム通り」を往復してみました。今日の昼間は、日差しが良くて暖かくて汗ばむような陽気。そんな晴天のニホニウム通りを、道路に埋め込まれた元素記号プレートを一枚一枚撮影しつつ歩きました。私も昔は化学好き、懐かしい気分になりながら歩くことができました。

20220312_11032620220312_11015320220312_11474220220312_11552120220312_113940
(水素からオガネソンまで全部のプレートの写真を撮ってきましたので、少々抜粋してここに載せてみます)

| | | コメント (0)

2021.09.29

モスの「にくにくにくバーガー」はやっぱり…

Dsc_0283_copy_1280x960_20210929225001

…ばらばらにして細かく切ってビールのおつまみにするのが美味しいと思います(結論)。

モスバーガーの29日(肉の日)限定商品「にくにくにくバーガー」。
私も昔からのモス好きなので既に何回も食べてきましたが、ここ数か月くらいはご無沙汰していました。今月は今日になって、「そういえば29日だった」と思い出し、しばらくぶりに食べたくなりました。
そして、都内某所のモスバーガーにてテイクアウトしたのですが、同時に、今夜はやっぱりビールを飲みたい気分でした。

Dsc_0284_copy_1280x960

ナイフで適当に切り分けて、皿に盛りつけると、ちょっと見た目は悪いものの「肉、肉、肉…」という感じでなかなか美味しそうです。
そして、ビールを飲みながらおつまみに肉を食べると、ああ、やはり美味しくてビールが進みます。

「バンズの代わりに肉で肉を挟んだ」エキセントリックなハンバーガーです。
上下2枚はモスのハンバーガー用パティ。その間に直火焼きチキンと(ライスバーガー焼肉の)焼肉と少々のレタスを挟んだという代物。ハンバーガーのつもりでかぶりつくと「肉のかたまり」感が凄いです。でも、細切れにしてしまえば、その凄まじさは影を潜め、モス品質の肉料理のおつまみと化してしまいます。

これは二個買えば良かったな…。
来月の29日には是非、二個買って細切れにしてビールを飲んで楽しく過ごしたいです。

| | | コメント (0)

2021.02.09

2月9日は肉の日

今日は「肉の日」。
そんな情報がTwitter上にもいろいろと流れてくると、やはり「今夜は肉をたくさん食べたい」という気分になってくるものです。
特に、モスバーガーの「にくにくにくバーガー」、毎月29日限定の「肉で肉をはさんだ」物凄いバーガーですが、2月に関しては(通常の年だと2月に29日は無いので)2月9日の販売となっています。そのお知らせツイートを見てしまうと…今夜はこれにしようと楽しみにしていました。

しかし…詳細な理由は省きますが(苦笑)、せっかく某所のモスバーガーの店でテイクアウト購入するところまでいったのに、結局、私がその「にくにくにくバーガー」を食べるには至りませんでした。

うーん、何となく惜しいことをした気分…。もっとも、そこまで悔しい気持ちにならないのは、私もかつての「モスバーガー大好き」が既にかなり薄れてしまっているのかも知れません。
かわりに、帰りがけにファミマに立ち寄ってファミチキを購入。帰宅後、このファミチキをもぐもぐと食べていると、まあいいかという気持ちになってきました。やはり、肉にかぶりつくというのは、精神的になかなか効果が高いのだろうなと思います。

| | | コメント (0)

2020.07.29

トレインビューの席でにくにくにくバーガー

Dsc_2048_1

「あ、今日は29日か…」
早いもので、7月も既に月末。何だかあっという間に過ぎ去った7月だったような気がします。それはともかく、毎月29日といえば「肉の日」。モスバーガーでは29日限定の「にくにくにくバーガー」が販売される日です。
ハンバーガーのパティでテリヤキチキンバーガーのチキンや焼肉ライスバーガーの焼肉を挟んだという、「食べても食べても肉が続く」代物です。しかし…実は先月までの数か月間、29日は「にくにくにく」から、挟むものをロースカツにした「にくカツにくバーガー」に変わっていました。
「にくカツにくバーガー」も一度食べてみて、それなりに美味しかった記憶はあるのですが、リピートする気にはあまりなれませんでした。味の改良を優先し過ぎて、「にくにくにくバーガー」の持っていたあのクレイジー感(!?)が薄れてしまったのかも知れません。
ともあれ、今月から「にくにくにく」が復活です。仕事帰りに横浜駅で下車し、東口の近くにある「横浜東口店」に行ってきました。

数か月ぶりに食べる「にくにくにくバーガー」の味は、うん、やはり相変わらず「食べても食べても肉」というべきクレイジーな代物でした。味はなかなか良好で、食後の満足感も充分にあります。もっとも、シャツに肉汁ソースをこぼしそうで少々ヒヤヒヤしました。

食べ終わって一息ついて、窓の外の景色を眺めます。
実はこの横浜東口店、多分初めて来たのですが、ビルのすぐ裏に京急の線路が通っています。二階席に行ってみると、線路側の壁にも窓があり、その窓の前に一人用のテーブルも設置されていました。
窓から眺める横浜駅の風景。ベランダの柵や配管や木の枝や架線柱などで、眺望がごちゃごちゃしているのが難点ですが、すぐ目の前を京急の電車が走っていき、その向こう側には西口のビル群が見えます。こんなトレインビューのモスバーガーが横浜にあるとは知りませんでした。

また仕事帰りにモスバーガーが食べたくなる日があったら、横浜東口店でこのトレインビュー席を狙ってみようかと思います。

Dsc_2049_1

| | | コメント (0)

2019.10.29

スパイシーにくカツにくバーガー

Dsc_1430_1

昨日は急に思い立って新大久保で韓国グルメを満喫したわけですが、今日になって気付きました。

「今日は29日、肉の日か…しまった、韓国料理なら今日行けば良かったのか…」

昨日の間は、翌日が肉の日ということ、全然気付かないままでした。まあ、今日は小雨ですし、これから用事が入ってますし、新大久保に昨日行ったのは一応正解なのですが…。(汗)

そんなわけで今日は、モスバーガーの毎月29日限定商品を食べるべく、仕事帰りにモスの店に立ち寄りました。長らく、バンズの代わりにパティで肉を挟んだ「にくにくにくバーガー」だったのですが、9月からリニューアルして「にくカツにくバーガー」になったとのこと。こちらは私にとっては初体験です。(先月29日は肉の日のことをすっかり忘れていました)

とりあえず、目の前にやってきた凄い外観のバーガーの写真を撮り、そして食べ始めました。…なかなか美味。以前の「にくにくにく」よりこちらの方が好みです。あれこれ感想を箇条書きにしてみますか…。

  • 注文の際、「にくカツにくバーガー」と言うのはちょっと舌が回らない感じでした。「にくにくにく」の方が言いやすかった…
  • 中身の肉が、以前は「ライスバーガー焼肉」の焼肉だったのが、「ロースカツバーガー」のカツにチェンジしました。こちらの方が食べやすいです(焼肉は噛み切りにくかった…)
  • ロースカツは食べやすかったですが、チキンは相変わらず噛み切りにくく、途中で丸ごと抜けてしまいました。ううむ…
  • スパイシー(ハラペーニョ入り)にしましたが、これは正解でした。これだけ肉っぽいと、「肉料理における香辛料の重要性」を本当に実感することができます。
  • 「にくにくにく」の頃は、あまりに肉肉肉すぎて…。テイクアウトして自宅で肉丼に仕立てたり、ビールのおつまみにしたりと試みてみましたが、今回のはどうかなぁ…。そのまま食べるのが一番美味しいような気がします。(でも来月以降試してみるつもりですが…)

| | | コメント (0)

2019.09.18

戸塚のモスバーガーが閉店…

モスバーガーのメールマガジン。随分以前から登録しているというのに、普段はあまり真面目に読んでいなかったのですが…
今日は「閉店のお知らせ」というメールが届いたのを見て、思わず真剣に読んでしまいました。なんと、「戸塚東口店」が9月30日で閉店になるというお知らせでした。(モスバーガー公式サイトのマイページには「マイ店舗登録」機能があるので、それをもとに閉店情報がメールされてきたようです)

戸塚駅利用者となって既に30年近く経過した身ですが、戸塚東口のモスバーガーは、私が戸塚に来た頃(学生時代だったかな…)には既に存在していた気がします。
30年近く、ずっと「そこにあるのが当たり前」だったモスバーガーの店。ここで食事した回数も多すぎて既にわかりません。そんな店が閉店してしまうというのは、どうにも実感が湧かないです。

「この店が無くなったら、モスバーガーが食べたくなったらどうすれば…」
一瞬だけそう思いましたが、しかし…

冷静に考えると最近、この店にはあまり入っていませんでした。頻度はおそらく年に数回くらいでしょうか。最近モスバーガーに行った記憶を紐解いてみても、川崎、鶴見、蒲田といったあたりの(勤め先に近い)店に行く方がずっと多いです。
そもそも、昔は好きだったモスバーガーなのに、最近はめっきり行かなくなってしまいました。
これはモスのせいではなく、私の嗜好が変わったためだと思います。現在の私が好む外食チェーンは、大手どころではサイゼリヤ、日高屋、リンガーハット、ココイチというあたりです。見事に「がっつり系」というか、満腹感重視というか…。そうなると、モスバーガーはますます「がっつりした満足感があまり得られない店」になってしまいます。

それはそうと、ともあれ名残を惜しんで、9月30日までに何回かは戸塚東口のモスバーガーに行ってみたいと思います。

| | | コメント (0)

2018.11.29

いい肉を食べたくなった結果

今日は11月29日、「いい肉の日」。
さて、今夜は何を食べようかな…せっかくだから高いステーキでも挑んでみるかな…それとも焼肉かな…?
と、仕事を終えた後はそんな風に考えていたのですが、Twitterを見たらモスバーガーが今日限定のツイートキャンペーンを打っていることに気付きました。そしてその結果…

29日限定の「にくにくにくバーガー」、先月も食べたばかりですが、結局今月もこれにしてしまいました。
キャンペーン応募用のタグをつけて、商品またはレシートの写真をツイートすると、抽選で一名に…1129gの肉が当たるとのこと。
くじ運が悪いので当選の可能性は特に想定していませんが(笑)、こういうキャンペーンは応募すること自体が楽しいような気がします。

そこで、帰りがけに川崎に立ち寄り、アゼリア地下街にあるモスバーガーに行きました。
この店は「モスバル」対象店、生ビールを扱っていて、セットメニューのドリンクをプラス150円でビールにすることができます。そこで、何気なくビールにしてもらって…。
その結果、「にくにくにくバーガー」をバーガーとして食べず、色んな肉料理のコンボとしてフォークで食べると、ビールのおつまみに非常に良いということに気付いてしまった…というわけです。

いやはや、ビールを飲んで肉をたくさん食べて、実に気分の良い夕食となりました。
次回の「にくにくにくバーガー」の日には、持ち帰りにして自宅でビールと肉を楽しむことにしましょうか…。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.29

にくにくにくバーガーでにくにくにく丼を作った…

Dsc_108701

毎月29日(肉の日)限定でモスバーガーで発売される「にくにくにくバーガー」。
バンズのかわりに肉で肉を挟むという凄い商品です。何か月か前に食べたことがありますが、確かに「肉だけを食べている」ような感覚でした。そして、食べ終わったときに思ったことは…

「これはバーガーというより、御飯が欲しくなる代物だなぁ…むしろこれをテイクアウトして飯炊いて、にくにくにく丼にして食べたい」

そこで、今日はとうとう試してみることにしました。夜、帰宅途中にモスバーガーに立ち寄ってテイクアウトで一つ購入。そして帰宅後、愛用の一人用炊飯器で0.5合の米を炊いて…。
炊き上がった御飯に、ちょっと冷めてしまった「スパイシーにくにくにくバーガー」を丸ごと載せて、蓋をしてしばらく余熱で温めました。
…ううむ、一応はこれでもハンバーガーとして売られていた商品を、バラバラにして御飯に載せて食べるというのは…なぜか微妙に罪悪感を覚えてしまいます…(汗)。
ともあれ、いよいよ「にくにくにく丼」の出来上がり。食べてみた感想ですが、試してみたい方のために(?)箇条書きにしてみたいと思います。

・3種類の肉(ハンバーガーパティ、テリヤキチキン、ライスバーガー用焼肉)のうち、抜群に御飯との相性が良かったのは焼肉でした。やはりライスバーガー用だけあって見事な味です。

・ほかの2種類の肉は、やはり本来パンに合わせる用途のためか、御飯との相性は今一つ…。合わないというわけではありませんが、焼肉と比べると影が薄く感じました。

・普通のにくにくにくバーガーではなく、ハラペーニョが入った「スパイシーにくにくにくバーガー」にしましたが、丼にする際にもハラペーニョは意外と好都合でした。辛いのが大丈夫な方にはこっちの方がお勧めです。

・御飯0.5合では少なすぎました。ううむ…味のバランス的には、にくにくにくバーガーが一つに対して御飯は少なくとも1合ちょっとは欲しいところです。

・もっとも、もし御飯を1合炊いていたら、今の私にはおそらく食べきれなかったでしょう。このバーガーを味のバランス良く丼化すると、多分2人前くらいの分量になってしまいます。(もっと多いかも…)

そんなわけで、今夜はもう満腹、苦しいくらいになってしまいました。
最後に私の反省点は…いくら面倒だからといって、一人用炊飯器の内釜をそのまま使って食事するのは、視覚的に残念な状態になってしまいますね…。
やはり、せめて写真をブログに載せる場合は、ちゃんと面倒がらずに丼に盛り付けてから写真を撮れば良かったと思います。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.12

ナンカレードッグとカリーヴルスト

Dsc_011301

Dsc_011601

モスバーガーの「ナンカレードッグ」が4年ぶりに夏期商品として復活するというニュース、数日前に知ったときはちょっと嬉しくなったものです。発売日は7月12日、早く来ないかなと楽しみにしていました。
そんなとき、Twitter上で知り合いが、ドイツの「カリーヴルスト」を引き合いに出してツイートしていたのを見かけて、意外さに少々びっくり、しかし間もなく納得してしまいました。そっか、もしかしたら、ナンカレードッグはカリーヴルストを参考に産み出された商品なのかも知れないな…。
ウィキペディアで調べた限りでは、ドイツの大衆食として有名なカリーヴルスト(カレーソースをかけたソーセージ)、この歴史は比較的新しいようです。インドから英国経由でドイツに入ってきたカレー粉を使って、ソーセージにカレー味をつけて屋台で出したら、たちまち人気になって広まったようで…。

そんなわけで、ナンカレードッグをビールと一緒に食べたくなってきて、さらにナンカレードッグとカリーヴルストを食べ比べたくなってきました。

川崎のアゼリア地下街で先日、クラフトビールバーを見つけてカリーヴルストを試してみたばかりです。それに、この地下街にはモスバーガーもあります(モスバル対象店でビールも置いてあります)。
広い地下街でぜんぜん別の場所にあるので、さすがに同時に食べ比べるのは無理ですが、両店を梯子するのは可能でしょう。そこで、今夜は川崎に立ち寄って、実際にナンカレードッグとカリーヴルストを(どちらの店でもビールと一緒に)味わってみることにしました。

感想は…ううむ、さすがに両者とも料理としてのジャンルが違いすぎて、なかなか比較するのは困難です。
片や、(美味しいという評判ではあっても)やはり大規模外食チェーンの新商品。そして片や、それなりに高くて美味しいクラフトビールバーの、ビール向け定番おつまみの一品ですから…。
それでも、それぞれなりに良くできていて、どちらも美味しかったです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 Nintendo3DS対応 メイド・コスプレ店巡り(-2005) メイド・コスプレ店巡り2006 メイド・コスプレ店巡り2007 メイド・コスプレ店巡り2008 メイド・コスプレ店巡り2009 メイド・コスプレ店巡り2010 メイド・コスプレ店巡り2011 メイド・コスプレ店巡り2012 メイド・コスプレ店巡り2013 メイド・コスプレ店巡り2014 メイド・コスプレ店巡り2015 メイド・コスプレ店巡り2016 メイド・コスプレ店巡り2017 メイド・コスプレ店巡り2018 メイド・コスプレ店巡り2019 メイド・コスプレ店巡り2020 メイド・コスプレ店巡り2021 メイド・コスプレ店巡り2022 ロケット見物2006-2010 ロケット見物2011 ロケット見物2012 ロケット見物2013 ロケット見物2014 ロケット見物2016 初代プリウス愛用記 台湾旅行好き2009 台湾旅行好き2010 台湾旅行好き2011 台湾旅行好き2012 台湾旅行好き2013 台湾旅行好き2015 台湾旅行好き2016 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり 季】微妙に(略)試験日の感想 平たい引き出し整理法 微妙だけども真面目な話 微妙に(略)IT機器選び 微妙に(略)エス語使い 微妙に(略)コネタマ頼り 微妙に(略)バファリン日記 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 微妙に(略)モス巡り趣味 微妙に(略)ライフスタイル 微妙に(略)両利き練習 微妙に(略)乗り物趣味 微妙に(略)夢の記録 微妙に(略)好奇心の種 微妙に(略)投資日記 微妙に(略)日記帳 微妙に(略)楽しみ方 微妙に(略)空想ネタ 微妙に(略)立体写真趣味 微妙に(略)立体写真趣味-COS 微妙に(略)谷山浩子論 微妙に(略)飛行機趣味 微妙に(略)麻雀あそび 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行 臨】[2018年7-8月]南仏とリスボン旅行 臨】[2019年7月]フィンランド旅行 臨】[2022年8月]カナダ横断と世界E大会