カテゴリー「微妙に(略)投資日記」の記事

2021.05.22

マルサンアイの株主優待(2021年春、200株)

Dsc_0011

今日はほぼ一日、自宅でのんびりと過ごした土曜日でしたが、午前10時過ぎくらいに「ゆうパック」で荷物が届きました。
マルサンアイの株主優待品です。マルサンアイはもう3回目くらいかな…。前回までと同様、外見は飾り気のない段ボール箱です。大手食品メーカーの株主優待なら、もっと洒落た化粧箱で来ることが多いかと思いますが、やはりマルサンアイはちょっと小さめの会社のためか、質実剛健という感じでした。
ともかく開けてみると、上部には主に軽めの、フリーズドライのインスタント味噌汁などが収められていました。それをのけてみると、下半分には重量のある、味噌と飲料類が詰められていました。

Dsc_0013

株主優待品。毎回「おお、この会社、こんな商品も出したんだ」と感心するような新商品が選ばれて入っているものです。
今回私が印象に残ったのは、紙パック飲料の中に「オーツミルク」が含まれていたことでした。マルサンというと豆乳が知られていますが、最近は豆乳以外の植物性ミルクにも力を入れています。前回の株主優待ではアーモンドミルクが結構美味しかったですが、今回はさらにオーツミルクも加わりました。
まずは真っ先にオーツミルクを手にして、写真を撮ってTwitterに上げてから飲み始めました。豆乳のような独特の癖が無く、「これがオーツ麦なのかな…」という香りが感じられ、そしてすっきりとした味でした。

さて、前にも書いた話ではありますが、やはり「マルサンアイの株を持っている理由」を少々解説してみようと思います。

マルサンアイは愛知県岡崎市にある味噌メーカーで、最近は味噌よりも豆乳の事業が大きいです。豆乳好きの方なら、スーパーなどで見かける豆乳の筆頭はキッコーマン(元・紀文)で、二番目がマルサン豆乳…とお分かりいただけるかなと思います。
このメーカーは東証ではなく名証に上場しています(いずれ東証に行くのかな…?)。でも、わが証券口座でオンラインで売買する分には、名証であっても特に問題はありません。ともかく、今のところは、このマルサンアイが味噌メーカー唯一の上場企業です。
(今日届いた中間報告書によれば、マルサンアイの株主は約3000人。「株主優待で味噌をもらった人」は、全国で3000人しかいないということに…)

私がマルサンアイの株に目を付けたのは、「地球に優しい事業をしている会社」を探した結果でした。
最近では徐々に知られるようになりましたが、「大豆ミートは環境に優しい」、これは「穀物を家畜に食べさせて肉にして食べるより、穀物をそのまま食べた方が効率が良い」という理屈によるものです。(実際、この理由で、国内の大豆ミート古参である不二製油の株も持っています)
しかし、同じことが豆乳にも言えることは、まだ意識している人は少ないかと思います。「穀物飼料を牛に食べさせて牛乳にするより、穀物をそのまま乳にして飲んだ方が…」というわけです。
そんな理由で、豆乳メーカーを検討してみた結果、マルサンアイの株に決めたというわけです。

豆乳だけに留まらず、アーモンドミルク、更にオーツミルク…。
今日初めて飲んだマルサンのオーツミルクは美味しかったです。もっと普及が進めばいいなと思います。(フリーズドライ商品として入っていた「豆乳オーツ麦リゾット」も、食べてみるのが楽しみです)

| | | コメント (0)

2021.04.15

大塚ホールディングスの株主優待が来ました

Dsc_0381_copy_1280x960

昨日、私が単元株だけ持っている大塚ホールディングスの株価が妙に下がっていることに気付き、ニュースなど調べてみましたが、特に悪材料らしきものは見当たりませんでした。
そのかわり、某所の掲示板を見ると、株主優待が届いたという報告がちらほら…。ううむ、ひょっとして「株主優待が届いたから株を手放した」という人が多いのかなぁ…。でも、それなら普通は、「品物が自宅に届いてから」ではなく「権利確定日を過ぎてから」ですよね。ちょっと謎でした。(ちなみに、私の株のやり方は長期保有タイプなので、当面は手放す予定はありません)

ともあれ、私の元にも大塚ホールディングスから大きな青い箱が届きましたので、写真を撮ってブログに紹介してみようと思います。

うーん、カロリーメイトは缶とゼリーだけで固形は無しか…。大塚の商品では、私が一番良く買っているのはカロリーメイトの固形なので、ちょっと残念。
ポカリスエットとボディメンテ、これは夏になったら飲むことにしましょう。
あと、「賢者の食卓」、食事の時に飲み物に溶かして飲むものですが…。以前に株主優待で手にした時には、使う習慣が結局根付かずに賞味期限切れになってしまったものです。今年は取り組んでみてもいいかな…。

ちなみに、私が大塚ホールディングスの株を買ったのは、「大豆ミート関連の株を何社か買ってみよう」と思って選んだうちの一社です。
今回の株主優待には、大豆ミート関係の品物は一種類だけ。「ソイミート」のビーフカレーが入っていました。これはまず真っ先に試してみたいです。果たして大塚の大豆ミートの出来栄えは…??

| | | コメント (0)

2021.01.17

今夜はファミマの大豆ミートを試す

Dsc_0250_copy_1280x960

今朝、起きてTwitterを眺めていたら、ファミリーマートのキャンペーンツイートがTLに流れてきました。
大豆ミート商品のキャンペーンです。指定のタグ付きでツイートを引用RTすると抽選でプレゼントが…という、よくあるタイプのキャンペーンですが、「大豆ミート商品食べたい」という宣伝、ついつい気になって調べてしまいました。

どこのメーカーの大豆ミートを使っているか、そこに興味が湧いてググったのですが、おお、やはり…不二製油の大豆ミートみたいです。
業務用食材メーカーなので消費者向けの知名度は低いですが、大豆ミートに関しては長い開発史とシェアを持っている会社。私も2年前、大豆ミート関連株を探していて気付き、それ以来、株を少しずつ買い増ししているところです。
これは食べてみたい…。単に株を持っているからという理由だけでなく、以前に某財団法人の懇親会がヴィーガンレストランで開催されたとき、大豆ミートの料理が非常に美味しくてお代わりを連発してしまったうえに、店主にメーカーを聞いてみたら不二製油だったという思い出もあるのです。

そんなわけで今夜は、ファミマで買ってきた大豆ミート商品で一人酒&夕食にしてみました。
上の写真の「2種類のトルティーヤ」。ビールを飲みつつ食べてみたら、普通に美味しいトルティーヤでした。2種類入っているうち、驚いたのは「タルタルチキン風」のほう…。タルタルチキンの食感とまるで変わりがありません。味付けも順当にコンビニ軽食のそれです。
トルティーヤで缶ビールを飲み終え、次は日本酒をちびちび飲みながら「ジャージャー麵」の方を開けてみました。こちらも何ら違和感なく、コンビニのジャージャー麺そのものでした。

ええ、どちらも美味しくて満足できました。
この大豆ミートのコンビニ飯、もっともっと広まってほしいです。そうすれば…不二製油の業績と株価が上がって私も喜びます(笑)。

| | | コメント (0)

2021.01.06

任務から解放されたねこ

Dsc_0236_copy_1280x960

今日は仕事を半休にして、午後は御徒町に出かけていました。
御徒町での用事は…金地金の売却です。十数年前に購入して、ずっと貸金庫に入れてあった金地金。ほんの小さな地金なのですが、ここ一年ほどで金価格は急騰(おそらくコロナの影響かと思います)、そして今年になってからも更に上がったので「そろそろ売り時かな」と判断しました。

御徒町には宝石店や貴金属店が多数あります。あらかじめネットで調べ、買い取り価格が高い店を探し出してから今日は向かいました。御徒町駅を出ると…ううむ、確かに独特の雰囲気です。少々緊張しつつ目的の店を探し、そして無事に金地金を売却できました。
金地金に限らず、買い取り店で自分の物を売却するときって、「長年持ち続けたこれとも、ここでお別れか…」と何となく感傷的になります。ともあれ、売却代金を無事に自分の口座に入金して、ほっとしました。

さらに南へと歩いていくと、見慣れた秋葉原の街並みが見えてきました。御徒町と秋葉原、何だか境界線でもあるかのように雰囲気が違って見えました。
あとは私のいつもおなじみの楽しみ、メイドカフェ巡りです。やがて夕方になり、おもむろに「メイリッシュ」で日本酒を飲み始めました。(この後も某会の用事があるので、あまり飲み過ぎるわけにはいきませんが…)

実は、売却後の今だから書けますが、上の写真に写っている猫のがま口(すみっコぐらしの「ねこ」グッズ)、私はここに金地金を入れて保管していました。
「こんな可愛いがま口の中に…金地金?」と、そう思われそうな保管場所ですが、まさにそれが狙いでした。仮に誰かがタンスの中でこのがま口を見ても、貴金属が入っているなんてまず想像できないでしょう。
(もっとも、ほとんどの期間は貸金庫のすみっこに陣取っていたので、別にそんな工夫をする意味は無かったのですが…)
長年にわたって我が金地金を守り続けてきた、この「ねこ」も、今日で任務から解放です。…お疲れさまでした、ねこ。

| | | コメント (0)

2020.11.21

独り者にはハードな株主優待

Dsc_0114_copy_1280x960

味噌メーカーでは珍しい(おそらく唯一の)上場企業、マルサンアイから、今日は株主優待の荷物が届きました。

夏に貰って以来、マルサンアイの株主優待は今回が二回目です。持ち株数は変わらないので値段的には同じ筈ですが、夏に比べてずっしり、そして箱が大きくなったような…
開けてみると、箱が大きくなったのもなるほどと頷く内容でした。大きさとして一番目立っていたのは豆乳鍋スープとごまみそ鍋スープ。確かに、冬が近付きつつある今ですから、鍋スープは欠かせません。他にも、冬に嬉しい品物が色々と含まれていました。

マルサン味噌とマルサン豆乳と、その他各種の大豆関連商品いろいろ。やはり食品メーカーの株主優待の箱を開けるのは楽しいです。
真面目に株投資という観点から見たら、株主の利益の本丸は配当金であって、株主優待なんて「おまけ」でしかないというのは分かるのですが、たかがおまけ、されどおまけです。素人投資家にとっては、やはり株主優待は「株投資を楽しむ」ための重要な品物だと思います。

ただ、今回のマルサンアイの株主優待は…もちろん嬉しいには違いないのですが、独身者にとっては結構ハードな代物かも知れません。
例えば鍋スープ2種類、どちらも分量は3~4人前です。しかも「開封したら使い切る」という制約もあります。これ、独り者の場合、どうやって使うべきでしょうか…。
(鍋パーティーの場に飛び入り参加して鍋スープを使ってもらう…と考え付いたものの、今の御時世では鍋パーティー自体がとても少ないです…)
まあ、賞味期限は遥か先ですので、のんびりと使い方を考えてみたいと思います。

ともあれ、今夜は早速、マルサンのアーモンドミルクに挑んでみました。砂糖不使用のアーモンドミルクですが、ほんのりと甘みがあって美味しかったです。

| | | コメント (0)

2020.11.09

急落…

今日のニュースでは、日経平均が連日の上昇と報じられていましたが…

昨日ここで紹介した不二製油グループ本社は、今日は10%の大幅下落でした…(汗)。
業績不振が報じられた影響…ではありますが、某所の掲示板では「株主優待がショボくなったためでは?」などと書かれていました(苦笑)。
(私は今回初めての株主優待だったので実感は無いのですが…)

このタイミングで買い増すかどうか、今日はちょっと迷ったのですが、結局見送りました。まあ、明日さらに続落したら考えます。
ともあれ、今夜も帰宅後、不二製油の棒チョコレートをぽりぽり食べつつブログ書き。なかなか美味しいチョコレートです。(太らないように自制しなくては)

| | | コメント (0)

2020.11.08

不二製油の株主優待が到着

Dsc_0094_copy_1280x960

不二製油グループ本社から、株主優待品の箱が届きました。

私が不二製油の株を買ったのは去年の今頃…。そのため、株主優待をもらうのは今回が初めてとなります。
どんな中身かなと期待しつつ開けてみると、おお、箱の中身の半分は「棒チョコレート」でした。もう半分にはDHA入り野菜ジュースと豆乳が入っています。

不二製油は社名通り油脂メーカーですが、業務用チョコレートの世界的な大手でもあります。
この棒チョコレートの箱にも、「社内販売品」「業務用」と書かれており、基本的には市中に出回る品ではない様子です。開けてみると…個包装にはなっていない大きな内袋の中に、確かに棒状のチョコレートがトレーに入って並んでいました。それでは一本…食べてみると、なかなか美味しいチョコレートです。
ただ、そのまま食べるよりは製菓用に向いているでしょうか。チョコが溶けにくくて手に付かないとか、そんな一般消費者向けの加工はされていません。本当に業務用チョコレートという感じでした。

3日前の記事でも書いた通り、私は去年くらいから大豆ミートに興味を持ち、大豆関連株をいくつか買って保持しています。
そのうちの一つが不二製油です。かなり昔から大豆ミートの将来を確信して研究開発を進めていたようで、シェアは高いです。ただ、元が業務用食品メーカーなので、「不二製油の大豆ミート」を消費者向けルートで入手するのは、ちょっと難しいですが…。
以前、早稲田のヴィーガンカフェ(エスペランチストのヴィーガンの方が、日本エスペラント協会の事務所の近くで店を出しています)で、エスペラント関係者の懇親会に参加したことがあるのですが、ここで出てきた肉料理風の大豆ミート料理がとても美味しくて…その大豆ミートのメーカーを尋ねたら、不二製油とのことでした。業務用としてはしっかり出回っているんですね。

今回の株主優待には、豆乳は入っていたものの、大豆ミート関連は入っていませんでした。
私としては、この不二製油の株は長期保有のつもりなので…。来年の株主優待には、ぜひ大豆ミートが入っていてほしいな…と願っております。

| | | コメント (0)

2020.05.28

アンクルウェイトの中身の鉛粒

Dsc_1875_1

こうして写真に撮ってブログに載せてみると、何だか一瞬、缶入りのキャビアみたいに見えますが…実際には鉛の粒です。

これも(例によって)タンスの引き出しを整理していて出てきた物です。
小さめのクッキー缶、手に持つとずっしり。テープで止めてあるのを剥がして開けてみると、直径1~2ミリくらいの鉛の粒で一杯です。
これは、アンクルウェイト…足首に巻いて足を鍛えるための重りバンドの中に入っていた鉛の粒です。擦り減ってしまったアンクルウェイトを捨てようとしたとき、鉛の粒はそのままゴミに出すわけにもいかず、いったんクッキー缶に入れてテープで封をして…そのままタンスの奥に入れたままになっていました。

アンクルウェイトを足首に毎日装着して通勤してたのは、十数年くらい前だったでしょうか。左右1kgずつ。丈夫な革製のバンドの中に、鉛の粒が小分けして入っていました。
それなりに効果は実感していましたし、(私の場合は)筋肉痛や関節痛を招くようなこともなく、意外と長続きしたものです。でも、擦り減ってしまったら「買い替えて続けよう」というほどの気持ちにはなれず…結局、アンクルウェイトはこれでやめてしまいました。
革製バンド本体はとっくに捨ててしまいましたが、鉛粒は今も手元に…ええ、懐かしいものです。

中身を確認した後は、再びクッキー缶に蓋をしてテープで封をしました。
さて、どう捨てるか…。市のウェブサイトを見た限り、金属ゴミの日に出しても、特に「鉛は不可」ということは無さそうなので…次の金属ゴミの日に出しましょうか。「鉛」と書いた紙をクッキー缶に貼り付けて、中身が鉛であることが分かるようにしました。

ところで…。

アンクルウェイトを着けていた頃、その中身に関して、ずっと周囲に内緒にしていたことがありました。アンクルウェイトをやめてから既に十年以上が経過し、もうすっかり過去の話ですので、引き出し整理で鉛が出てきたのを機に、いっそブログに書いてみようかと思います。
当時、私は貴金属への投資に手を出していました。それも、貴金属メーカーでよくやっているような純金積立ではなく、現物の購入という方法でした。金やプラチナの地金(主に100gや200gのもの)をコツコツと何本も買い貯めていたものです。
貴金属の地金、どこに保管すれば安全か…。これは結構頭を悩ませる問題ですが、当時の私が選んだのはかなり突飛な方法でした。アンクルウェイトを開けて鉛粒を取り出し、代わりに地金を入れて元通りに縫い合わせる…。ええ、当時は金やプラチナを何百グラムも足首に巻いて歩いていたのです…。

今では流石に、これは常識外れな方法だったと思います。でも、アンクルウェイトに金やプラチナを入れるのには、(理屈的には)いくつかのメリットが考えられたのです。

  1. 自分から口外しない限り、足首の革製ウェイトに貴金属が入っているなんて誰も想像がつきません(多分…)。それ故、家の中の下手な場所に隠すよりも、狙われる心配はずっと少ない筈です。
  2. アンクルウェイトは丈夫で、壊れて中身が出る心配はまずありません。私のアンクルウェイトはマジックテープ止めでしたが、このマジックテープもかなり強力で、歩いているときに外れたことは一度もありません。確実に肌身離さず持ち歩ける…。これは貴金属の保管方法として意外と有利でした。
  3. 金やプラチナの比重は鉛の二倍近くあります。つまり、中身の鉛を金やプラチナに取り替えれば、アンクルウェイトの薄型化が可能になります。実際、取り替えた後は足首に巻いても嵩張らなくなり、かなり歩きやすくなったものです。

…ええ、理屈的には正しい筈です。でも、やはり皆様におすすめできる方法ではありませんし、自分でも今再びやる気にはなれません…。

ちなみに、古くなったアンクルウェイトから取り出した金やプラチナの地金は結局、銀行の貸金庫を借りてそこに格納しました。その後、年毎に少しずつ売却して株投資などの方に回したので、現在の貴金属の保有量は当時よりかなり減少しました。
そんなわけで、残り少ない私の貴金属地金、今はもう私の足首には(そして自分の部屋にも)ありません。

蛇足ながら、冒頭のクッキー缶の鉛粒、捨てる前にわざわざ開けて中身を確認した理由は
「当時の自分、もしかしたら、この鉛の中に金地金を1本くらい隠していたかも…」
と不安になってしまったためです(苦笑)。結局、さすがにそんなことはなく、このクッキー缶の中身は鉛粒だけで、金もプラチナも入ってはいませんでした。

| | | コメント (0)

2020.05.23

マルサンアイの株主優待が到着

Dsc_1868_1

マルサンアイ…マルサン味噌とマルサン豆乳で知られる会社です。
その株主優待がそろそろ届く時期かな…と思っていたら、今日の昼過ぎに届きました。郵便局のゆうパック、受付局は岡崎郵便局でした(岡崎にある会社です)。

「カッター禁止」の印以外に何の表記も無い、22センチ角の立方体の段ボール箱です(見た目があまりにも立方体だったもので定規で測ってしまいました)。開けてみたら、味噌関係商品が何種類かと、紙パック飲料(大半は豆乳飲料ですが、何種類か新製品もあります)が11本、そして蒸し豆のレトルトパックが2つ。ええ、いかにも味噌と豆乳の会社らしい優待品でした。
豆乳を最近あれこれ飲むようになったので11本の紙パック飲料は嬉しいですし、インスタント味噌汁も食事の際に重宝しますが、あまり自炊しない独身者としてはパック入り味噌はちょっと持て余すかも…。まあ、知り合いにプレゼントしようかと思います。

マルサンアイの株に着目して、初めて買ったのは、去年の12月のことでした。
当時は、大豆ミートの環境負荷の小ささに着目して、大豆関連の銘柄をあれこれと調べていたものです。大豆ミートに留まらず、豆乳や植物性代替乳についても調べていて…そして気付いたのがマルサンアイ(まだ大豆ミートには進出していません)でした。
調べるうち、「何となくユニークな会社だな」と興味深く思うことが幾つかあって…。

  • みそメーカー唯一の上場企業(もっと大手のマルコメやハナマルキなどは非上場です)
  • 名証二部単独上場(一部のネット証券では扱ってない…とのことですが、私の使ってる証券会社なら平気でした)
  • 日々の出来高がかなり少ない(取引にいささか注意が必要ではありますが、世間のちょっとやそっとの動きでは左右されないという面も)
  • 9月20日決算(株主優待は年2回なので3月20日と9月20日が確定日)
  • 株主優待の階段が、100株・200株・1000株
    • 株主優待目当てで買うなら、100株ではなく200株買ってほしい…という意志が伝わってきます

そんなわけで、半分は興味本位で、しかし今後の豆乳市場の成長にも期待して、200株を買ってみたのです。
大豆ミートが「肉を食べるより環境にやさしい」と言われるのと同じ理由で、豆乳やアーモンドミルクなども環境にやさしい飲み物です。こうした食料の普及を、メーカーの株を買うことで支援して、そして成長したら自分も利益を得たい…。そんな気持ちで、このマルサンアイ200株は長期保有したいと思っています。

さて、今夜は早速、蒸し豆のレトルトパックを開けて、酒のおつまみにしてみますか…。
(環境負荷的には酒はあまり良くない(穀物や果物を酒にせずにそのまま食べる方が効率が良い)わけですが、まあそれは問わずに…)

| | | コメント (0)

2020.03.22

他人の不幸で稼がない

今日はしばらくぶりにスーパー銭湯に行って、露天風呂で温まって身体と気持ちをほぐしてきました。
スーパー銭湯は普段の日曜よりは空いていましたが、がら空きというほどではありませんでした。他の人と距離を置くように心がけたり、できるだけ露天風呂で過ごすようにしたり…やはり感染防止を気にしての行動となりましたが、それでもかなり心地良く過ごすことができました。
スーパー銭湯の帰りがけにはコインランドリーに立ち寄りました。洗濯と乾燥を待っている間、タブレットで数独のアプリを起動して遊びながらも、色んな考えが頭をよぎります…。

先日(3月9日)の記事で、コロナショックによる株安のことに触れたとき、「底値を探って買い増す気が十分にある」と書きましたが…。その後、考え方が随分と変わってきました。
もしかすると、金融ショックのときに底値を狙うのって、「社会の混乱に乗じて稼ぐ」、もっと平たく言えば「他人の不幸で稼ぐ」行為にあたるんじゃないだろうか…と、そう思うようになったのです。
もちろん、株をいつ売っても買っても個人の自由ですから、「悪事」とまでは言えない。でも、「品の無い行為」とは感じるべきかも知れない…。

実際のところ、ここしばらく、「いつ底値になるかを見極めたい」との思いで色々なニュースを気にしているうちに、どうも「コロナノイローゼ」というべきか、心をちょっと病み始めてしまったようなのです。
ちょっと体調が悪くなったり、あるいは食後に体温が上がった感じがしただけで「もしかしたら」と心配になり、そして気にし過ぎて、さらに体調を乱してしまう…。(ちなみに、現時点では、咳もなければ喉も痛くありません)
今日、スーパー銭湯に行く気になったのも、その悪循環をなんとか止めたかったからです。

もしかしたら、他人の不幸で稼ごうとして、バチが当たったのかも知れないな…。
むやみに底値を狙うのは、もうやめにしたいと思います。株関係のニュースを追うのも、自分の持ってる株がどれだけ下がったのかも、もうあまり気にしません。もともと私は長期投資派、1年でも2年でも、株価が戻るのを気長に待てばいいのですから…。

…と、そんなことを考えながら、タブレット上の数独の画面に目を戻すと、「あ、ここって数字が入るじゃん」というマス目に気付きました。うん、どうやら少し心の調子が戻ってきたようです。
乾燥を終えた衣類をカゴに入れてクルマに積んで、さっぱりとした気分で家路につきました。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 Nintendo3DS対応 メイド・コスプレ店巡り(-2005) メイド・コスプレ店巡り2006 メイド・コスプレ店巡り2007 メイド・コスプレ店巡り2008 メイド・コスプレ店巡り2009 メイド・コスプレ店巡り2010 メイド・コスプレ店巡り2011 メイド・コスプレ店巡り2012 メイド・コスプレ店巡り2013 メイド・コスプレ店巡り2014 メイド・コスプレ店巡り2015 メイド・コスプレ店巡り2016 メイド・コスプレ店巡り2017 メイド・コスプレ店巡り2018 メイド・コスプレ店巡り2019 メイド・コスプレ店巡り2020 メイド・コスプレ店巡り2021 ロケット見物2006-2010 ロケット見物2011 ロケット見物2012 ロケット見物2013 ロケット見物2014 ロケット見物2016 初代プリウス愛用記 台湾旅行好き2009 台湾旅行好き2010 台湾旅行好き2011 台湾旅行好き2012 台湾旅行好き2013 台湾旅行好き2015 台湾旅行好き2016 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり 季】微妙に(略)試験日の感想 平たい引き出し整理法 微妙だけども真面目な話 微妙に(略)IT機器選び 微妙に(略)エス語使い 微妙に(略)コネタマ頼り 微妙に(略)バファリン日記 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 微妙に(略)モス巡り趣味 微妙に(略)ライフスタイル 微妙に(略)両利き練習 微妙に(略)乗り物趣味 微妙に(略)夢の記録 微妙に(略)好奇心の種 微妙に(略)投資日記 微妙に(略)日記帳 微妙に(略)楽しみ方 微妙に(略)空想ネタ 微妙に(略)立体写真趣味 微妙に(略)立体写真趣味-COS 微妙に(略)谷山浩子論 微妙に(略)飛行機趣味 微妙に(略)麻雀あそび 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行 臨】[2018年7-8月]南仏とリスボン旅行 臨】[2019年7月]フィンランド旅行