カテゴリー「微妙に(略)ライフスタイル」の記事

2020.11.24

ポケモンGOの海外レイドバトル

今朝、私のスマホに外国からのメッセージが…。英文で書かれたそれは、スペイン在住のポケモンGOフレンドからのメッセージでした。

去年の夏、フィンランド旅行の際に参加したIngressのアノマリーイベント。あの時、現地ヘルシンキのカフェで顔合わせミーティングがあった際に、私の向かいに座っていたのがスペインから来た男性でした。「スペインからフィンランドなんて、飛行機に乗ればあっという間だよ」と笑っていたのが印象に残っています。(今はコロナのせいで、そうはいかない状態ですが…)
向かいに座ったよしみでポケモンGOのフレンド登録を行ったものです。その後、時々ギフト交換をしているうちに、とうとう今日「大親友」に到達していました。

用事は、「Uxieのレイドバトルに招待してほしい。Mespritのバトルに招待するから」というもの…。
何だろうと思ってググってみたら、「ユクシー(Uxie)」「エムリット(Mesprit)」「アグノム(Azelf)」の伝説レイドバトルのイベントが今日から始まったばかりでした。それぞれ地域限定ポケモンですが、最近レイドバトルに遠方のフレンドを招待する機能が付いたおかげで、別地域のポケモンもゲット可能という…。ええ、ある意味、遠方のフレンドとの交流推奨イベントです。
(一応毎日ポケモンGOはやってますが、伝説レイドバトルのイベント情報までは追いかけていなかったもので、遠くのフレンドに言われて初めて気付きました…)

そして今日の夕方、仕事を終えて駅前に来たところでポケモンGOを起動。近くのジムにユクシーがいるのを見かけて、早速スペインのフレンドにメッセージを送り、そしてレイドバトルに招待しました。
そして…無事に勝ったのは良いのですが、私はユクシーのゲットには失敗してしまいました。フレンドの方は無事にゲット成功したとのこと。

京浜東北線の電車に乗り、蒲田駅に到着したところで再度ポケモンGOの画面を見ると、駅の近くに再びユクシーのジムを発見。下車してホームのベンチで再度フレンドをレイドバトルに招待。今度はちゃんとユクシーのゲットに成功しました。

再び京浜東北線に乗り込んで…結局向かったのは秋葉原でした。フレンドから「1時間後にエムリットのレイドバトルが始まる」と連絡があったので、いつもの店で酒と夕食にしながらバトルを待とうと思いまして…。
行きつけのメイド喫茶「JAM AKIHABARA」。日本酒を飲みつつ待ち、そして午後8時過ぎにエムリットのレイドバトルに招待されました。スペインでは正午を回った頃でしょうか。案外短時間でレイドバトルに勝って、エムリットのゲットに成功しました。
ポケモンファンのメイドのYさんに見せたら「かわいい~」という反応。ええ、これも狙って今夜は秋葉原に来たのです(笑)。

Ingressを通じてフレンドになったヨーロッパの人たちと、ポケモンGOを共同プレイする。ええ、Niantic社のゲームを国を越えてプレイするって、何とも楽しいものです。(IngressもポケモンGOも、現実世界を拡張してゲーム空間に仕立てたゲームですから…)

ちなみに、秋葉原からの帰り道、スマホを見ると、今度はフィンランドのフレンドから「レイドバトルに招待してほしい」というメッセージが届いていました。既に深夜なので「明日レイドバトルします」と返答。明日はちょっと早起きして、早めに駅前のジムに行ってみたいと思います。

| | | コメント (0)

2020.10.28

今日は英会話

今日は仕事帰りに英会話に立ち寄る日でした。
最近は月に2回、大体二週間間隔でしか英会話していないので、現在の会話力を維持する程度しかできていません。でも、まあ私の場合はその程度で良いのかも…。
実際のところ、英語で外国人の先生と話すこと自体が楽しみで行っているような感じです。

今夜の英会話は、話題はちょっとお堅め。特に後半では、エスペラント語のコミュニティに関する現状について、あれこれと(もちろんエスペラント語ではなく英語で)説明してしまいました。
「話者数は増えているのか減っているのか」と質問されたときは、「よく分かりません…」と答えざるを得ませんでした。UEA(世界協会)の会員は減っているけれど、それは若者が組織に入りたがらないのが原因なのかも知れない…と、そこまで語ってしまったものです。

無事に会話を終えて、二週間後の予約を取ってから、英会話教室を後にしました。
帰りがけには立ち飲み屋で飲んでほっと一息ついて(最近このパターンが多いです)、そして帰路につきました。

| | | コメント (0)

2020.10.14

老眼なんて単語は要らない(!?)

今夜は英会話に行ってきました。

冒頭、先生から「どんなトピックがありますか?」と話題を振られたので、昨日の眼科検診と「老眼鏡を勧められた」話を試みました。ただし、目に関する英単語の知識があまり多くなかったもので、どう表現すべきか少々迷いながらですが…。
目医者のことを「oculist」と言ったら、「eye doctorの方が一般的ですよ」と指摘されてしまったり。まあ、確かにそうですね…。
(eye doctorよりoculistの方が先に思い浮かんだのは、おそらくエスペラント語の影響です。エスペラントで目医者は okulisto ですので…)

それはともかくとして、「老眼」を英語で言おうとしたら、どうも英単語には適切なのが無いらしいと気付きました。
aged eyesかと思ったら、「英語ではあまりそう言わない」とのことで…。電子辞書を引いてみると、presbyopiaという単語は載っていましたが、どう見ても学術用語。日常会話で使われそうな単語ではありません。
では「老眼鏡」はどうなるか……辞書を引いたら「reading glasses」、つまり「読書メガネ」です。

無事に(?)今夜の英会話を終えて、近くの立ち飲み屋でほっと一息つきながら、何となく考え込みました。
……ひょっとして、「老眼」なんて単語は本当は要らないんじゃないかな??

「最近どうも老眼が進んで、そろそろ老眼鏡を買いたい」なんて表現をしなくても、
「最近、歳のせいで視力が落ちてきて、そろそろ読書用メガネを新しく買いたい」と言えば充分です。
「老眼」や「老眼鏡」といった名前は、「もう自分も老人か」などと落ち込む原因となりやすい、いささか罪作りな単語のような気がします。そんな表現に相当する単語をもし使わなくても、特に診察や処置に影響が出るとは考えにくいでしょう。

近日中に、reading glassesを入手すべく、眼鏡店に行ってみたいと思っています。
ちなみに、前々から行ってみたいと興味があった眼鏡店です。詳細は、行った後の記事で書いてみるつもりです。

| | | コメント (0)

2020.10.13

緑内障検査のため眼科へ

今日の仕事は、予定していた作業が急に中止になったため、午後ちょっとばかり手が空いてしまいました。
それなら仕事を早上がりして、眼科に検診に行こうかな…。そう思い立ちました。

元々、視力は良くて眼鏡と無縁の生活を続けてきたのですが、さすがに年を取ってくると視力が落ちてきて、しかも疲れ目が気になるようになってきました。
それに、先日のニュースにて、「緑内障の人が増えているので早期検診を」と呼びかけられていたので…私も該当の年齢なので何となく気になっていました。それなら、思い立ったら行ってみるのが良いでしょう…。

今日は予約なしで眼科に行ったので、ちょっと待ち時間は長かったですが、ソファーでウトウトしながら待つうちに名前を呼ばれました。
眼圧測定など、いろいろな測定機器を順々に巡って検査していきます。
もちろん視力検査もありました。現在の視力は1.0。若い頃は1.5あったので少々落ちてしまいましたが、まだまだ十分な視力はあります。

最後に医師の診察でした。
検査の結果、特に大きな問題は無く、「白内障も緑内障も心配ありません」とのことでした。ふう、一安心です。
しかし、そのかわり「近くが見えにくくなってますね。そろそろ老眼鏡を使ってはいかがでしょう」と勧められてしまいました。確かに、目から離して見ないと書いてあることが分かりにくいこと、最近は随分と多いです。そのせいで目が疲れやすくなり、充血しやすくなる…。
「今まで眼鏡をつけたことがほとんど無くて…」と言うと、「60代になってから老眼鏡を使うより、50代のうちに老眼鏡に慣れておく方が楽ですよ」との返事。ううむ、確かにその通りです。

今日はまだ老眼鏡を買う決心がつきませんでしたが、近いうちに買ってみようと思っています。
しかし、眼鏡を買ったことがほとんど無いので、どう選べば良いのか少々戸惑い気味でもあります。まあ、眼鏡店に行ってみることにしましょうか…。

| | | コメント (0)

2020.09.16

久しぶりのボンタンアメ

Dsc_0001_copy_1280x960

昨夜の記事に書いた、高輪ゲートウェイ駅の無人コンビニで買ってきたボンタンアメ。今日は開けて食べてみました。
うん、幼少時に食べたのと変わらない懐かしい味です。柔らかい食感も、歯にくっついてしまうところも、そして甘酸っぱい味わいも…。

私にはボンタンアメにまつわる子供の頃の思い出がある…筈なのですが、今となってはほとんど記憶の彼方です。
おそらく、好きだった女の子と一緒にボンタンアメを食べた思い出…のような気がするのですが、それ以上の具体的な出来事はもう分かりません。ただ、(味だけでなく比喩的な意味でも)甘酸っぱい思い出だったことは確かです。

パッケージも当時とほとんど変わりませんが、「そのまま食べられます」の表記が付いています。ああ、ボンタンアメのオブラート、そのまま食べるか剥がして食べるか、判断に迷うのは無理もありません…。
今日は英会話教室だったので、昨夜の無人コンビニの体験を話題にして、そしてボンタンアメも先生に見せてみたのですが、内箱を引っ張り出してみたら先生が「そこに英文が載ってるね」…。あ、本当だ、こんなところに英文の説明があります。言われるまでぜんぜん気付きませんでした。
オブラートは確か日本独自の製品だったはずです。先生に「本来は粉薬を飲むために使うデンプン製のフィルムだ」と説明し、おそらくドラッグストアでも売っていると話したところ、かなり興味を持ってもらえました。

ともあれ、鞄の中のボンタンアメひと箱のおかげで、今日は普段とちょっとだけ違う気持ちの一日になりました。

| | | コメント (0)

2020.09.15

高輪ゲートウェイの無人コンビニでボンタンアメを…

Dsc_2278_copy_1280x960

夜、京浜東北線の電車に乗っていて、品川駅を発車して次は高輪ゲートウェイというところで、ふと思い出しました。

「そういえば、高輪ゲートウェイ駅のAI無人コンビニ、まだ体験してなかったなぁ…」

高輪ゲートウェイ駅が出来てから半年。開業直後は長蛇の列だった無人コンビニも、もう今ではとっくに落ち着いた頃でしょう。店内カメラとAIで「この人は何を手にしたか」を認識して無人レジで精算できるという、この無人コンビニ。そろそろ体験してみるのも面白そうです。

高輪ゲートウェイ駅に降りるのは久しぶりです。相変わらず立派で斬新な駅舎、そして平日の夜は閑散としています。…前回降りたのは開業直後、コロナで外出自粛が始まる直前だったな…。もう既に随分と昔のように感じます。ともあれ、エスカレーターで改札階にあがり、無人コンビニに入ってみました。店内の客は2人か3人くらい、そして店員は確かにいませんでした。

入り口に用意された立派なレジ袋。片隅にはバイオマスマークが付いているので今も無料でしょう。買い物かごではなく直接レジ袋を持って、ゲートを通りました。すぐの所には菓子類の棚があります。面白そうなお菓子、デザインのユニークなお菓子、自然派をアピールしたお菓子…見てると楽しいですが、さて何を買うかな…。右上の隅っこにボンタンアメがあるのを見つけて、ちょっと小学生の頃を思い出して懐かしくなり、ひとつ手にとって袋に入れました。

ちょっと小腹が減ったのでソーセージのクロワッサンを手にとって袋へ。そうしたら飲み物は…伊藤園の麦茶(夏のキャンペーンのペットボトルカバー付き)を選びました。このリラックマのペットボトルカバー、既に3種類入手していて、実はコンプリートしたいと少し思っていたのです。

そして無人レジの前に立ったら…クロワッサンと麦茶は認識されていましたが、残念ながらボンタンアメは漏れていました。ボンタンアメを袋から出してバーコードをスキャン。これで修正は完了です。Suicaで決済するとゲートが開きました。

まだまだ認識率は低いのかな…。しかし、興味を持ってスマホで調べてみたら、既に5月の段階で認識率は90%を超えているとのこと。ううむ、もしかして…

「このサラリーマンっぽいオッサンがボンタンアメ購入」が、この無人コンビニのAIにとって想像の斜め上だったのでしょうか?

確かに、考えてみたら、もう開業から半年も経過した今になったら「物珍しさでウロウロする客」は少ないかも知れません。それに、おしゃれな菓子類の棚の前では、興味を持って品選びに迷う中年男性は少ないかも知れません。ましてや、色とりどり並んだ珍しいお菓子を差し置いてボンタンアメに手を伸ばすオジサンなんて…。おとといもブログに書いた通り、私はやっぱり、物事の感じ方や興味の持ち方が普通の人と違うのかも知れません。でも、AIから見ても私は異質なのかな…。

ちょっと考え込んでしまいましたが、それでも、今の時代は昭和時代よりずっと、変わり者が生きやすい、それも楽しんで生きやすい時代になったと思います。この調子で、我が道を進んで生きていきましょうか。そんなことを思いながら、京浜東北線の電車に乗って秋葉原を目指しました…。

| | | コメント (0)

2020.09.04

ネットカフェのシャワー

昨日も代々木まで飲みに行ったばかりなのに、今夜も赤羽の行きつけの店へ…。
連日のように飲みに行くのは、ちょっと散財し過ぎかな…とは思いますが、それでも、思い出のある店を「飲みに行って」支援したいという思いはやっぱりあります。倹約生活に入るのはコロナが落ち着いてから…と思っています。(笑)

さて、今日は赤羽で、飲んだ後に駅前のネットカフェに立ち寄って、「シャワーのみ」のコース(30分500円)を選びました。今日も蒸し暑かったので、帰りがけにシャワーを浴びてから電車に乗りたくて…。
このネットカフェには、先週赤羽に飲みに来たときも立ち寄りました。「ネットカフェのシャワー」というと何となく清潔感に欠けるイメージがあったのですが、実際に入ってみたら結構新しくて広くて掃除もちゃんとしていて、なかなか快適に過ごせました。(もっとも、同じチェーンの別の店で試してみたら、そちらはちょっといまいち…。どうやら個々の店ごとのバラつきはあるようです)
今日は2回目。やはりなかなか快適なシャワー時間でした。

すっかり満足してネットカフェを出て、赤羽駅に向かい、上野東京ラインに乗って帰路につきました。
どうも私は、風呂やトイレに対しては少々潔癖症の気があるので…。自分の行動範囲内に、もう何箇所か「掃除の行き届いたネットカフェのシャワー」を探して把握しておきたいな…と思い始めているところです。

| | | コメント (0)

2020.08.28

センターグリルのナポリタン

Dsc_2237_1

今夜は、何だか無性にナポリタンが食べたくなってきたので、京浜東北線を桜木町駅で降りて野毛へと歩き、老舗の洋食店「センターグリル」に行ってきました。終戦後すぐに創業したという「センターグリル」。ナポリタンの発祥の店として、ナポリタン愛好家には知られているようです。

実は、「ナポリタンはナポリには無い日本生まれのスパゲッティ」という話を知って以来、あまりナポリタンには好感を持っていませんでした。ところが、何かのきっかけでWikipediaの「ナポリタン」を見たら驚きました。ここにはナポリタンの歴史が非常に詳細に記載されています。おそらくナポリタンの熱心な愛好家によって編集されたと思われる、気合いの入った記述。それを読むと、ナポリタンは決して偽ナポリ料理などではなく、イタリアとフランスと日本とアメリカの文化が横浜で出会って生まれたものなのだと…そう私には感じられました。以来、機会があれば、このWikipediaで紹介されている発祥の店(一つはホテルニューグランド、一つはセンターグリル)でナポリタンを食べてみたいと思っていました。

「センターグリル」に来たのは初めてです。二階席の窓側に案内されました。店内は古き時代の洋食レストランという趣です。特に驚いたのは、窓がアルミサッシではなく、昔ながらの木枠の窓だということ…。私が幼少期に住んでいた家もそうでした。今ではすっかり見かけなくなっただけに、野毛の真ん中でお目にかかれるとは…と感慨深かったです。

ステンレスの皿に盛られたナポリタン。麺は極太でモチモチ。味はまさしく、私も小さい頃から慣れ親しんできた、典型的かつ理想的なナポリタンの味でした。ちょっとだけタバスコをかけると良く合います。ついつい夢中になって食べてしまう一品です。窓の隙間から感じる生暖かい風を右手首に受けながら、ひたすらナポリタンを食べ続けました。

「センターグリル」のメニューには、ナポリタン以外にも興味をそそられる料理がいろいろ並んでいます。ええ、また来てみたい店です。ナポリタンを食べ終えておもむろに席を立ちました。「現金だけかな?」と思ったらPayPayのステッカーがレジに貼られていたので、PayPayにて支払って、満足な気分で店を出ました。

| | | コメント (0)

2020.07.21

うの付く食べ物、今年は…

Dsc_1993_1

今日は仕事帰りの英会話の日。
英会話教室に行く前に夕食にしようと、よく行く回転寿司店に入って腰を落ち着けたところで、「あ、今日は土用の丑の日か」と思い出しました。
そんなわけで、鰻の寿司を注文。なかなか美味しい寿司でしたが、これにて私の「丑の日の鰻」は終了です。この続きは好きな寿司を何皿か頼んで過ごし、英会話の予約時間が近付いてきたところでお愛想して店を出て、英会話教室に向かいました。

今日の英会話(カナダ人の先生でした)でも、話題の一つとして先生が鰻の話を振ってきました。
そこで…今日質問してみようと思っていたことに挑んでみました。まずは「土用の丑の日」について簡単に説明し、最近よく言われる説「鰻でなくても、『う』で始まる食べ物なら何でもよい」というのを紹介した上で…「カナダの食べ物には『U』で始まるものはありますか?」

先生はしばらく考えた後、「…No…」

ううむ、残念…カナダ料理では「うで始まる食べ物」は無理か…。先生はその代わりに、横浜・野毛の某所にある店で「ウーパールーパーの天ぷら」を食べたという話を紹介してくれました。
(ウーパールーパーの天ぷらでは…あまりスタミナは付きそうにない気がします…)

ともあれ今日も、カナダ人の先生との会話はあっちへ飛び、こっちへ飛び、なかなか楽しいものでした。
英会話教室を出て、スーパーに立ち寄って買い物したあと、帰路につきました。(鰻もたくさん並んでいましたが、去年よりは安くなったとはいえ、まだまだ高価です。ちょっと今夜の夜食に買おうかと思ったのですが、結局見送りました…)

| | | コメント (0)

2020.06.16

久々のスポーツクラブ

今日のニュース、横浜港に停泊中の「飛鳥II」の火災には驚きました。どうやら大火事にはならずに鎮火したようで何よりですが…。
私が「飛鳥II」で小笠原に行ったのは2015年の7月でした。あれからもうすぐ5年、時の流れは早いです…。今日、出火していた場所も、大体どのあたりだったか思い出すことができます。乗客が入れない部屋で、周囲を最上階のデッキが取り囲んでいる場所です。あれは資材置場だったのか…。

さて、今日は仕事帰りにスポーツクラブに行ってきました。
約3ヵ月ぶりです。緊急事態宣言の間は休業していて、6月になったら営業再開しましたが、私の方が…なかなかスポーツクラブに行く気力が湧かず、半月もサボってしまいました。(感染リスクが怖いという理由ではなく、ただ単にサボりです…)
久々に足を踏み入れると、入口には体温計(鏡の前に立って測定するタイプ)が設置され、まず検温するようになっていました。特に体温には問題なく、無事に入館することができました。
入館時の検温だけでなく、館内の色々の所で様々な感染対策がとられていました。有酸素運動マシンの部屋に行くと、各マシンには消毒スプレーが備え付けられ、使用後には自分でマシンの消毒を行うというルールになっています。

今日の私の運動は、20分ほどフィットネスバイクを漕いだだけで終わりにしました。たった20分でも、運動不足の続いていた身には結構きつかったです。それでも、運動後に身体が軽くなるような感覚、今日も味わうことができました。
運動後に風呂に入ってさっぱり。来るまでは億劫だったスポーツクラブ通いですが、風呂を出た後は「やっぱり来てみて良かったな」と実感できました。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 Nintendo3DS対応 メイド・コスプレ店巡り(-2005) メイド・コスプレ店巡り2006 メイド・コスプレ店巡り2007 メイド・コスプレ店巡り2008 メイド・コスプレ店巡り2009 メイド・コスプレ店巡り2010 メイド・コスプレ店巡り2011 メイド・コスプレ店巡り2012 メイド・コスプレ店巡り2013 メイド・コスプレ店巡り2014 メイド・コスプレ店巡り2015 メイド・コスプレ店巡り2016 メイド・コスプレ店巡り2017 メイド・コスプレ店巡り2018 メイド・コスプレ店巡り2019 メイド・コスプレ店巡り2020 ロケット見物2006-2010 ロケット見物2011 ロケット見物2012 ロケット見物2013 ロケット見物2014 ロケット見物2016 初代プリウス愛用記 台湾旅行好き2009 台湾旅行好き2010 台湾旅行好き2011 台湾旅行好き2012 台湾旅行好き2013 台湾旅行好き2015 台湾旅行好き2016 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり 季】微妙に(略)試験日の感想 平たい引き出し整理法 微妙だけども真面目な話 微妙に(略)IT機器選び 微妙に(略)エス語使い 微妙に(略)コネタマ頼り 微妙に(略)バファリン日記 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 微妙に(略)モス巡り趣味 微妙に(略)ライフスタイル 微妙に(略)両利き練習 微妙に(略)乗り物趣味 微妙に(略)夢の記録 微妙に(略)好奇心の種 微妙に(略)投資日記 微妙に(略)日記帳 微妙に(略)楽しみ方 微妙に(略)空想ネタ 微妙に(略)立体写真趣味 微妙に(略)立体写真趣味-COS 微妙に(略)谷山浩子論 微妙に(略)飛行機趣味 微妙に(略)麻雀あそび 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行 臨】[2018年7-8月]南仏とリスボン旅行 臨】[2019年7月]フィンランド旅行