カテゴリー「微妙に(略)乗り物趣味」の記事

2018.02.19

海老名南から厚木南までの新東名

昨日は、夕方に乗馬クラブを出た後、クルマを新湘南バイパスから圏央道方面に走らせました。目的は先月開通したばかりの、新東名高速道路の海老名南~厚木南の区間です。
神奈川県内では初めての新東名の開通区間…ではありますが、今回は相模川を越える橋の区間だけです。圏央道の海老名南ジャンクションから分岐して、橋を渡ったらもう終点の厚木南。それでも、やはり試しに通ってみたいという興味はありました。

圏央道が新湘南バイパスから青梅方面まで繋がって以来、既に何回も使ってきました。(住んでいる場所柄、東名道に出るにも中央道に出るにも関越道に出るにも便利なので…)
圏央道を走っていて、まだ新東名が繋がっていない状態の海老名南ジャンクション(予定地)を通るたびに、「新東名か…開通はまだまだ先かな…」と思っていたものです。それがとうとう開通したというのですから、もちろん通ってみたくなります。

圏央道に入り、相模川沿いの道を北に進むうち、海老名南の案内標識が見えてきました。
どの標識にも「新東名」の文字は見当たりません。今回の開通区間は実質、「圏央道に新しいインターチェンジが出来ただけ」に近い状態ですから、それは仕方ないでしょう。
分岐路にクルマを進め、相模川を橋で渡ったら、これでもう終点の厚木南です。このインターチェンジにも「新東名」の文字は見当たりませんでしたが、インターチェンジ番号として大きく書かれた「2」の数字が、ここが新東名であることを暗に示しているようでした。
工事中の高架橋は厚木南よりさらに先に延びています。だいぶ出来上がってきている感じです。やたらと大きくて立派で、物々しささえも感じる道路…やはり「新東名高速」なんだなと実感できます。

さて、厚木南で高速を降りた後は…。
今日はスーパー銭湯あたりで一風呂浴びたいと思っていたので、あらかじめ調べてきました。厚木南から一般道で相模川を渡った先、海老名南ジャンクションのすぐ隣という場所に「海老名都の湯」という施設があります。
相模川を西に渡ってすぐまた東に渡るというのも何ですが、ともかく行ってみることにしました。

高速の新しい橋に並行した既存の一般道の橋(戸沢橋)。クルマを進めたところでやっと、この橋が何なのかを思い出しました。
圏央道が無かった頃、横浜南部や藤沢方面から東名の厚木インターに行こうと思ったら、この橋を経由するのが無難な経路。私も何回も通ったことがあります。しかし、圏央道が出来てからは、ここは一度も通っていませんでした。
久しぶりに通るこの橋、やはり昔と同様、渋滞していました。相模川はそんなに橋が多くないので、主要な一般道の橋は混みあいます。(新東名の今回の区間開通も、「相模川に新しい橋が一つ増えた」という意義があります)

夕暮れのスーパー銭湯「海老名都の湯」、温浴施設としての使い心地はまずまずでした。
露天風呂から海老名南ジャンクションのランプウェイを見上げるような場所です。ランプウェイには高い防音壁が付いているので、あちら側を走るクルマから覗かれる心配はありません。
湯上りにしばらく休憩所でのんびり過ごし、テレビで笑点の大喜利が始まる頃に出発しました。

帰りは再び、戸沢橋を西に渡っていったん厚木側に行きました。厚木南インターから高速に乗って相模川を東に渡り、圏央道を走って帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.18

乗馬クラブで様子見

よく晴れた日曜。今日は一年ぶりに、以前通っていた乗馬クラブに行ってきました。
乗馬をやめてから既に二年が経過しましたが、乗馬クラブは退会せず休会の状態でした。でも、休会費もそれなりに高いので、そろそろ退会を決断すべき頃ではあります。

本当は、退会するつもりで、挨拶と退会手続きのために乗馬クラブに行く…というつもりだったのですが、いざ到着してみたら再び迷いが生じてしまいました。
すぐに退会手続きするのはやめて、しばらくの間、クラブハウスの観覧席から、乗馬練習の様子を眺めて過ごしました。

子供たちが上手に馬を乗りこなし、馬は軽快に駈歩をしていきます。見ているうちに、何となく馬のリズムに合わせて自分の身体も上下に動いてしまうことに気付きました。
ああ、やっぱり、身体は乗馬を欲しているのかも知れないな…それも駈歩をまたやりたいと…。

乗馬をやめた理由はいくつかありますが、大きかった理由は「落馬してから馬が怖くなったこと」、正確には「馬を信用できなくなってしまったこと」です。
考えてみれば、私は小さい頃から、動物がどうも信用できずに苦手だったな…。(それなのに乗馬を始めようと思ったのですから、何だか無謀な話ではありますが…)
馬を信用できなくなったら、乗馬がうまくいくはずもなく、楽しさより苦しさのほうが先に立ってしまいます。速歩や軽速歩はそれほど怖くないのですが、駈歩がどうしても出せなくなってしまいました。怖さを克服しようと、あの落馬から1年くらいは頑張ったのですが、やはり無理で…。

それでも、今思えば…。
克服しようと1年も頑張る気になったのは、やはりあの駈歩のリズムに心惹かれて、「また走りたい」という気持ちが強かったからなのかも知れません。

今日は結局、退会手続きはせずに乗馬クラブをあとにしました。
会費支払期限は三月末なので、もうしばらく考えてから決めたいと思います。

続きを読む "乗馬クラブで様子見"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.13

「お出口は海側です」

先週土曜にも書いた、シンプルな人工言語「トキポナ」の話ですが、今日も今日とて多少は勉強中です。
朝、通勤の東海道線の車内、スマホを見るのもちょっと難しいくらいの混雑の中では、頭の中でトキポナ文を作る練習などしていました。

「次は横浜、横浜です。お出口は右側です」

よし、これを訳してみよう……ん?「右側」??
ここでやっと気付きました。「右」や「左」を示す単語、トキポナでは今まで一度も見たことがありません。上とか下とか前とか後ろは分かるのですが、左右の単語が無いのです。
「利き手の側」とか表現するのかな…? でも、世の中には左利きの人も多いし…。

電車を乗り換えた後で、スマホを手に取り「toki pona left right」でググって調べてみました。トキポナ関連フォーラム(概ね英語とトキポナのちゃんぽんで議論が進んでいます)のページが幾つかヒットしましたが…ううむ、予想以上に難しいようです。なんだか厄介な(しかし興味深い)テーマに首を突っ込んでしまったようです。
右を「利き手の側」と表現したり、左を「心(心臓)のある側」と表現したり。あるいは「太陽の出る側と沈む側」で区別しようとしたり、「文章を書き始める側と書き終わる側」でやろうとしたり…。でも、どれも何となく不十分です。
そもそも、一体、右と左って何でしょう???

ウィキペディアで「左右」を見てみると、「左右という概念・単語を持たない民族・言語もある」とあります。
ああ、そっか…。とことん簡単さを求めるトキポナという言語では、左右という概念も省略されてしまったのかも知れないな…。

そこで車内放送に話を戻すと、もしかしたら、電車の出口を示すのに「左」や「右」という単語は必須ではないのかも知れません。
車両基地では間違いを防ぐため「海側」「山側」、あるいは東海道線沿いの車両工場なら「東京」「神戸」という表現を使うと聞いたこともあります。

「次は横浜、横浜です。お出口は海側です」

うん、何だかちょっと分かりにくいですが、曖昧さは解消されます。
もしかしたら、東海道線では分かりにくいかもですが、たとえば江ノ電だったら案外いけるかも知れません。

「次は七里ヶ浜、七里ヶ浜です。お出口は海側です」
「次は長谷、長谷です。お出口は大仏側です」
「次は終点、鎌倉です。お出口は若宮大路側です」

そんな車内放送、何となく聞いてみたいような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.10

18きっぷ最終日

Dsc_021101

今日は今季の青春18きっぷの利用最終日。
手持ちの18きっぷが一回分だけ残っていたので、今夜は仕事上がりに18きっぷで赤羽まで足を延ばし、今年初の「麹料理 花恵」に行ってきました。熱燗を飲みつつ、おでんや唐揚げなどを食べて、店の姉妹や常連さんと会話して過ごし、酒が回ってきたところで引き上げました。

わが18きっぷ、今日の分については元は取れていませんが(職場最寄り駅から赤羽までの往復で約1000円分乗車しただけ)、既に十分に元を取った切符ですので問題はありません。
それにしても、今季購入した18きっぷ、なかなか良く使ったほうだと思います。

1回目:箱根一泊忘年会からの帰路、小田原で購入し、秋葉原まで行ってHDDを買ってから帰宅
2回目:正月三が日明けの朝、東海道線を乗り継いで豊橋まで。その先は私鉄乗り継ぎ(モバイルSuica使用)で網干まで行き、網干~相生で18きっぷを使った後、相生で一泊
3回目:相生から岡山まで新幹線ワープ。岡山から博多まで18きっぷで移動
4回目:帰路。博多から広島まで18きっぷで移動後、広島からは新幹線で帰宅
5回目:仕事帰りに赤羽に立ち寄るために使用

18きっぷシーズンが終わって、これでようやく、完全に正月休みが終了…という感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.04

旅行1日目…私鉄最長旅行

Dsc_011201

今朝は、自宅を朝5時過ぎに出発して駅に向かい、そして東海道線をたどる青春18きっぷ旅行をスタートしました。
ちょうど根府川駅停車中に見事な日の出を迎えたり、雲一つない晴天で富士山がとても綺麗だったりと、なかなか幸先の良い旅行スタートとなりました。

しかし…豊橋に到着したところで18きっぷ利用は一旦中断しました。そして、豊橋鉄道の新豊橋駅から三河田原駅へと(モバイルSuicaを使って)一旦向かいました。

JR無しで私鉄だけを利用した最長ルート(回り道無しでとにかく遠い駅相互間)は、私の知る限りでは名鉄~近鉄~阪神~神戸高速~山陽という各社乗り継ぎとなります。おそらく、三河田原から山陽網干までの区間が一番長くなるでしょう。
一度やってみたいと思っていた、この乗り継ぎルート。今回の旅行でとうとう試すことにしたのです。

11時半過ぎに三河田原を出発。そして、豊橋・名古屋・伊勢中川・布施・尼崎・飾磨と乗り換えて、午後8時頃にようやく山陽網干に到着しました。(上の写真は山陽網干到達時に記念に撮ったものです)
いやはや、8時間以上の長旅、さすがに疲れました…。それでも、なかなか乗りごたえのあるルートだったと思います。
ちなみに、名古屋から山陽網干までは「PiTaPaエリア」に含まれているので、名古屋の改札で入場してから一度も途中駅で出場せずに山陽網干まで到達し、そしてモバイルSuicaで何の問題もなく山陽網干の改札を出場しました。モバイルSuicaの仕様履歴をチェックすると、入場が「SU名古屋」、出場が「SU網干」となっていて、ちゃんとそれなりの金額が引かれていました。

山陽網干からはタクシーでJR網干駅に移動し、再び18きっぷで入場して2駅乗車、相生駅で今日の旅程を終了して、そして駅前のホテルにチェックインしました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.25

クリスマスの日にカーシェア解約

今年のクリスマスも、おそらく例年と同様、あまりクリスマス気分に浸れずに過ごしました。
もっとも、夜は新橋のメイドバーに立ち寄って、サンタ姿の顔なじみのメイドさんと話しながら少々飲んで過ごしました。クリスマスらしいことをしたのはこのくらいかも知れません。

さて、今日は「もうすぐ年末だから」と思い立って、カーシェアリング(タイムズカープラス)からの退会手続きを行いました。
タイムズカープラスに入ったのは去年の12月。ほぼ1年が経過していました。最初のうちは結構あちこちで借りてドライブなどしていたのですが、だんだんと頻度が減り、3月から今月までは一度も使っていませんでした。
月額基本料金が1030円、当月分の利用料金に充当できますが翌月への繰り越しはできません。3月以降、毎月1030円を何も使わずに支払い続けていたわけで…さすがにそろそろ退会するべきでしょう。

ググって調べた限りでは、退会後の再入会にはあまり問題が無いとのこと。
また、退会手続きもウェブ上の操作だけで簡単に可能でした。スマホで公式サイトにアクセスして、退会手続きフォームに色々と入力して送信、これで完了です。

やはり、自分のクルマを持っている身で、電車でのお出かけ先ではカーシェアリングも使うという姿勢だと、どうしても利用機会が少なくなってしまいます。
ただ、カーシェアリングをあまり使わなくなったもう一つの理由としては…「慣れないクルマはちょっと怖い」というのも大きかった気がしています。慣れない場所の慣れない駐車場から、乗り慣れないクルマで出かける…。実際、カーシェアリングを使うごとに、どうにも運転が不安だったのを覚えています。

いずれ、自分の家の近くにタイムズの駐車場が出来てカーシェアリングのクルマも配置され、日常的に使いたいという気持ちが湧いてくることがあれば、また再入会して愛用することになるかも知れません。
そのときまで、タイムズのカーシェアとは暫しのお別れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.24

18きっぷ購入して…

昨日は、箱根のユネッサンで忘年会兼合宿の解散後、ともかく小田原駅まで降りてきました。
(ユネッサンから箱根湯本行きのバスに乗ったあと、私だけ「小涌谷から登山電車に乗りたい」と言って一人で下車し、一人での帰り道となりました…)
楽しい合宿でしたが、それなりには疲れたので…さてどうやって小田原から帰ろうかな…。

とりあえず、小田原駅の指定券券売機で青春18きっぷを購入しました。

正月明けの4日から旅行に出かける計画を立てていて、「久々に18きっぷをがっつりと使ってみよう」と思っているのですが、その旅行では5日分のうち3日分しか使わない見込みなので…。今のうちに購入して、1日分を先に消費しようと考えたのです。(小田原から横浜の片道では1日分の元が取れませんが、5日分全体で見たら十分に元が取れる予定です)
そして、18きっぷで改札を通り、小田原駅から上野東京ラインに乗車しました。

ところが…やはり乗り放題切符という奴は、何だかついつい元を取りたくなってしまうものです。
パソコンのリニューアル改造のため、2TBのハードディスクを一台買っておきたいと思っていたので、秋葉原に行くという案を思いつきました。小田原からの電車にそのまま乗り続け、上野駅で下車して、山手線で2駅戻って秋葉原に到着しました。(上野駅で降りた理由は、東京駅より上野駅の方が乗り換えが楽だろうと見込んだためです)
秋葉原を歩いて、無事に2TBのハードディスクを6,000円弱で購入。その後はメイド喫茶「メイリッシュ」に入って、クリスマス限定のシャンパンなど飲みながらしばらく一休みしました。
そして、秋葉原をあとに上野駅に向かい、上野東京ラインの電車で座って帰路につきました。

小田原から上野に一旦行ってから横浜方面への帰路。この運賃を確認してみたら、どうやら18きっぷ1日分の値段トントンの分まで、乗ることができたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.20

バックウォーター

今日は仕事帰りに英会話教室に行ってきました。

今日の先生は先週と同じ、おしゃべり好きのアメリカ人男性でした。話があっちに飛び、こっちに飛びと、なかなか面白い時間を過ごせましたが、その中で教えてもらった中で一つ印象に残った表現が「back water」でした。
back water town で「田舎町」、それも「あまり重要でない」とか「面白いものがない」みたいに少々悪いニュアンスが伴うようです。「私が住んでるのは平凡な郊外地区だよ」という場面で使うと良いのでしょうか。
(先生が現在住んでる場所がそういう田舎町みたいで…)

そして、なぜback waterに「田舎」という意味が付いたかですが、先生の説明では…。

かつてアメリカでは交通手段として水運が非常に重要でした。
海に面した港町、大きな河川、あるいは運河沿いといった水運に恵まれた場所が栄えたのに対し、そういう水運に恵まれない場所は栄えませんでした。
そのため、back waterには「水運に恵まれない場所」という意味が付き、今では田舎という意味のイディオムになっている…という経緯だそうです。

なるほどなあ…と思いました。
普段はあまり意識しませんが、船というのは非常に重要な乗り物です。速度は遅いものの、大量の物を一度に運ぶことができます。
乗り物全般が好きな趣味者としては、(ましてや港町横浜に住んでいる者としては)その重要性を意識しつつ船を眺めてみたいなと思います。

ちなみに、先生が言うには「三浦半島の先っぽは水に囲まれているけどbackwaterだ(笑)」とのことです。
(現在では水の有無に関係なく、すっかり慣用表現になっているため…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.28

東神奈川の穴子天ぷらそば


今朝の通勤時間帯、関東は大雨。しかも踏切安全確認のため電車遅延という状況になっていました。
余裕を持って自宅を出たのに遅刻寸前になってしまうという、なかなか疲れた朝でしたが…。それでも、ちょっと幸いなこともありました。

京浜東北線の電車に乗っていたら、東神奈川駅で運転抑止がかかって「踏切の安全が確認できるまでしばらく停車します」となってしまったのですが、私の乗っていた車両はちょうど立ち食いそば屋の至近でした。
(偶然というわけではなく、「もし時間があれば東神奈川で朝食にしようかな」と思って、そのあたりの車両を選んでいたのです…)
そこで、さっそく東神奈川のホームに降り立ち、立ち食いそば「日栄軒」に入りました。
「穴子天ぷらそば」を勧める張り紙に心引かれて、何となくふらふらと穴子天ぷらの食券を購入。出てきたそばの上には、どんぶりから少しはみ出すような大きさの天ぷらが載っていました。

気が急いた状態で食べたので、穴子の身をしっかり味わうような余裕が無かったのが残念ですが…。
それでも、長くて厚みがあって、癖のない味の穴子天ぷら、十分に満足することができました。

食べ終わる頃には、運転抑止中の電車から乗客が流れてきて、店内はすっかり満員になっていました。食後はすぐに店を出て、そして運転再開後の電車に乗り込んで先を急ぎました。

ちなみに…やはり気持ちの余裕が無かったためか、「せっかくの穴子天ぷらそばだから写真を撮ろう」という気持ちにはなれませんでした。
本当はこの記事、写真付きで載せなければ格好がつかない内容ではあるのですが、すみません…写真はありません…。
また数日中にここで、通勤途中に穴子天ぷらそばの朝食を試したいと思いますので、そのときまでお待ちくださいませです…。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.02

大人の休日俱楽部

今朝、JR駅の自販機でお茶など買って飲みつつ、ふと自販機の隣を見ると「大人の休日俱楽部」の入会案内が置いてあることに気付きました。

「そういえば、大人の休日俱楽部、ミドルだったら入会資格年齢に到達したんだな…」

この種の熟年向け会員サービス、私にとってはまだまだ遠い先のことだと思い込んでいたのですが、月日の流れるのは速いものですね…(汗)。もっとも、「ミドル」ではなく「ジパング」に入れる年齢になるのはもっと先のことではありますが。
ともかく入会案内書の封筒を一つ入手し、あとで検討してみることにしました。

そして先ほど、帰宅してから早速封筒を開け、中身の案内書類など読んでみたのですが…。
詳しく調べたことが無いのでぜんぜん知りませんでしたが、この倶楽部、クレジットカード会員だけなんですね。もっと言えば、大人の休日俱楽部というもの自体が「特典類が盛り沢山のクレジットカードの一種」という感じなのでしょうか。
クレジットカードに関しては、私は既に(三大ブランドそれぞれ)長年使っているのを持っていますし、これ以上新しいカードを作る気にはどうもなりません。
特典内容をよく読めば、入っておくと多分得だろうとは思うのですが、それでも今ひとつ気分が乗らないです…。

とりあえず今回は入会を見送り、また気が向いた時に再検討してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 | Nintendo3DS対応 | メイド・コスプレ店巡り(-2005) | メイド・コスプレ店巡り2006 | メイド・コスプレ店巡り2007 | メイド・コスプレ店巡り2008 | メイド・コスプレ店巡り2009 | メイド・コスプレ店巡り2010 | メイド・コスプレ店巡り2011 | メイド・コスプレ店巡り2012 | メイド・コスプレ店巡り2013 | メイド・コスプレ店巡り2014 | メイド・コスプレ店巡り2015 | メイド・コスプレ店巡り2016 | メイド・コスプレ店巡り2017 | メイド・コスプレ店巡り2018 | ロケット見物2006-2010 | ロケット見物2011 | ロケット見物2012 | ロケット見物2013 | ロケット見物2014 | ロケット見物2016 | 初代プリウス愛用記 | 台湾旅行好き2009 | 台湾旅行好き2010 | 台湾旅行好き2011 | 台湾旅行好き2012 | 台湾旅行好き2013 | 台湾旅行好き2015 | 台湾旅行好き2016 | 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり | 季】微妙に(略)試験日の感想 | 微妙だけども真面目な話 | 微妙に(略)IT機器選び | 微妙に(略)エス語使い | 微妙に(略)コネタマ頼り | 微妙に(略)バファリン日記 | 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 | 微妙に(略)モス巡り趣味 | 微妙に(略)ライフスタイル | 微妙に(略)両利き練習 | 微妙に(略)乗り物趣味 | 微妙に(略)夢の記録 | 微妙に(略)好奇心の種 | 微妙に(略)投資日記 | 微妙に(略)日記帳 | 微妙に(略)楽しみ方 | 微妙に(略)空想ネタ | 微妙に(略)立体写真趣味 | 微妙に(略)立体写真趣味-COS | 微妙に(略)谷山浩子論 | 微妙に(略)飛行機趣味 | 微妙に(略)麻雀あそび | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 | 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 | 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 | 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 | 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 | 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 | 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 | 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり | 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 | 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り | 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 | 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 | 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 | 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 | 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 | 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 | 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 | 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 | 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 | 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 | 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 | 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 | 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 | 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 | 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 | 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 | 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 | 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行