カテゴリー「微妙に(略)乗り物趣味」の記事

2022.01.13

パタパタの思い出

20220113_192629

最近のニュースで「京急川崎駅に最後に残ったフラップ式案内表示機(パタパタ)が2月で廃止される」と話題になっているのを知り、今日は仕事帰りに川崎に行って、このパタパタをもう一度見てみることにしました。
川崎駅前の銀座通りの中華屋でタンメンと餃子の夕食をとったあと(古い雰囲気が残る店内と美味しい餃子がなかなか魅力的でした)、京急川崎駅の改札を通ってホームへ。案内表示機の周囲では既に数人がカメラを表示機に向けていました。私も何枚かスマホで撮影。でも、小さい頃から見慣れた「フラップ式表示機」がもう引退間際というのは、何となく実感が湧きません…。

数十年前になりますが、学生時代に何回か、フラップ式表示機の表示板交換のアルバイトをしたことがあります。
ダイヤ改正が近くなるとアルバイト募集情報が流れてきて、そして数人のチームで駅を巡って交換作業をする…。フラップ式表示機は表示できる内容が決まっている(印刷された表示板が装置内に組込まれている)ので、ダイヤ改正で新しい行き先や列車種別が増えたりすると、新しい板を追加しなければならないのです。
このアルバイト、一番遠い駅だと名古屋まで行ったなあ…。遠くへの出張は楽しかったものの、名古屋の事務所で「それではこれをお願いします」と渡された大量の表示板の束を見て「こんなにたくさん…」とげんなりしてしまったのも、今では懐かしい思い出です。
その他にも、今でも覚えているような面白い思い出話は結構いろいろありますが…仕事先の話をネットであまりペラペラ明かすのも良くないので自粛します…。ただ、やはりフラップ式にはこの交換の手間というのが付き物だったので、その頃から既にLED式の表示機は増え始めていました。当時でもLED式だと、ダイヤ改正時には制御用コンピュータのデータ書き換えだけで対応できました(アルバイトによる動作確認作業は必要でしたが)。

そんなことを思い出しながら、京急川崎駅のホームで案内表示機をしばし見上げて、パタパタと音を立てて表示が切り替わる様子に見入っていました。
よく見ていると、下りホームなのに上り方面の行き先も(京成方面も含めて)いろいろ入っています。川崎始発の上り電車用でしょうか。また、ダイヤ乱れのときに使うと思われる表示が入っているのも、パタパタ動作中に瞬間的に見ることができます。
のんびり見ているとなかなか面白いですが、今夜は寒いので程々で切り上げましょう。横浜方面行きの電車に乗り込んで京急川崎を後にしました。

| | | コメント (0)

2022.01.02

鎌倉へ

20220102_144500

さて、今日は初詣へ…。
でも、本音としては「乗り物好き」の好奇心を満たしに行くのが第一目的だったでしょうか。江ノ電バスでは正月限定で、戸塚駅~大船駅~八幡宮というバス路線を運行しているので、乗りに行ってみたのです。
(普段は戸塚駅~大船駅と大船駅~鎌倉駅の各路線は独立して動いているのを、正月に限って直通しています。それに、三が日は鎌倉中心街へクルマが乗り入れ禁止になる関係で、八幡宮の裏の駐車場がバス発着場になります)

大船駅前を通ってバス乗り場に立ち寄ったあと、そのまま鎌倉方面へと向かうバス。普段は体験できない路線です。横須賀線の踏切を渡って交通規制エリアに入ると、他のクルマがほとんど無い(基本は地元住民のクルマだけになる)道路を快走していきます。そして八幡宮のバス折返し場に到着。快適なバスでした。
ただし、このバス終点から八幡宮参拝までは少々歩いて、正面の鳥居まで行かなければいけません。(途中で境内との出入り口の前を何箇所か通るのですが、今は全部出口専用になっています)

正面に来て、太鼓橋越しに境内を見ると、やはり人出は凄いです。記念に写真だけ撮って、ここで拝むだけで帰ることにしました。そんな人は私以外にもやはり多いのか、太鼓橋の前に大きな賽銭箱がしっかり据えられていました。

人混みの中、段葛の歩道をのんびり歩いて鎌倉駅へと向かいました。
駅の近くまで歩いて狛犬を見上げたら、今日もしっかりマスクをつけていました。

20220102_145426

| | | コメント (0)

2021.12.09

恵比寿で下車してエビスビールを飲む

おとといの記事で紹介した「品川駅の改良工事でホーム対面乗り換えが可能に」なった件。長年品川駅を使い慣れていた私としては、実際に京浜東北線と山手線を乗り換えてみると、やはり感動的でした。
今日もまたリピートしてみたいなと思い、仕事帰りに夕暮れの京浜東北線で都心へと向かいました。品川駅で下車し、ホームの反対側に行くと、やがて山手線外回り電車がやってきて直ちに乗れる…。ええ、本当に楽になったと思います。

おとといは新宿駅でも乗り換えて結局東中野まで行きましたが、今日はどうするかな…。おとといも今日も、特に目的地を決めずに山手線外回りに乗り換えて、どこまで行くかは乗ってから考えるという「気まぐれ電車旅」です。
この「気まぐれ旅」、品川駅乗換に負けず劣らず面白いです。山手線沿線に関する自分の知識と好奇心と発想が試される…そんなミニ旅行だと思います。

山手線の車内であれこれ考えるうちに、そろそろビールでも飲みたくなってきたので、恵比寿で下車しました。
ええ、「恵比寿でエビスビールを飲もう」と思い立ったのです。
別に駄洒落でも何でもなく、実際に「恵比寿」という名前はエビスビールの工場があったことが由来です。そのビール工場は既に無く、現在は「恵比寿ガーデンプレイス」になっていますが、エビスビールが飲める「ビヤステーション」もちゃんとあります。

ただし…恵比寿駅に降り立つと、駅からガーデンプレイスまで歩くのが少々面倒になってきました。
それに、すぐにでもビールが飲みたい気分でしたし…結局今日は、駅ビルの中にある銀座ライオン(ここもサッポロビール系列)に直行しました。

Dsc_0623

内装が新しい店でした。テーブル席の間の仕切りがきちんとしていて落ち着ける雰囲気、一人で入っても特に違和感はありません(実際、一人客の姿もチラホラ見かけました)。
エビスビールの中ジョッキ、そしてソーセージを注文。のんびりとビールを飲んで、そしてソーセージを食べるのは、何とも心地よいひと時でした。

エビスビールで散財し、酔いも程よく回ってきたので、もう寄り道せずに帰りましょう。
銀座ライオンを後に、駅ビルを出て恵比寿駅の改札口を通り、湘南新宿ライン(恵比寿にもホームがあって停車します)に乗って、まっすぐ帰路につきました。

| | | コメント (0)

2021.12.07

ホーム対面乗り換えで東中野へ

一昨日の12月5日、品川駅の改良工事によって京浜東北線北行と山手線外回りがホーム対面乗り換えになったとのニュース。私も品川駅は頻繁に使ってきた駅なので、やはり興味があります。(感覚的にはちょっと信じられないような気も…)
そこで今日は、仕事帰りに鶴見駅から京浜東北線の北行電車に乗り込み、実際に品川駅での乗り換えを試してみることにしました。

品川駅に到着して京浜東北線の電車を降りると、確かに…幅広くなったホームの対面側に山手線のホームドアが並んでいます。線路を挟んで向かい側は山手線の内回りホーム(先週までは内回り外回りとも使っていたホーム)です。
随分と変わったなあ…と感心しているうち、すぐに山手線の電車がやって来ました。ああ、やはりホーム対面乗り換えはとても気楽です。車内は夕刻にしては空いていて、座ることができました。

山手線でどこまで行くか…。今夜は目的地を定めずに山手線に来てしまったので、駅に停まるごとに考えますが、座れてしまうとなかなか腰が重くなってしまいます。結局、新宿駅で立ち上がって下車。この新宿駅も(随分と昔からですが)ホーム対面で山手線から中央線各駅停車に乗り換えられます。
三鷹行の黄色い電車、こちらは少々混んでいて座れませんでした。さて、そろそろ空腹ですし、どこかで降りて食事したいな…。

そして結局下車したのは東中野駅でした。改札を出ると外は激しい雨。今日は夕方あたりから降り始めていましたが、こんなに本降りになるとは思いませんでした。傘を広げて足早に歩き、駅のすぐ近くのCoCo壱番屋…つまりココイチに入りました。

Dsc_0617

普通のココイチの店舗…ではあるのですが、私にとっては思い出の店です。
私がココイチを初めて知って、その味が気に入ってリピートするようになった頃、勤め先は中野でした。当時も今も中野にはココイチの店が無く、仕事帰りの夕食にココイチに行こうとすると東中野駅前店が一番楽だったのです。
中野勤務の頃から…既に20年は経ったでしょうか。東中野のココイチも20年ぶりの筈です。店内は改装されていたものの、ココイチにしては小さくて奥行きがある店内、入ったとたんに記憶が蘇ってきました。
一番頻繁に座っていた席に座って、カキフライカレーにチーズミックスを注文しました。

カレーを食べるときのカレーソースの方向、現在の私は(かなり少数派と思われる)「カレーが奥側」派です。
今日もカレーをいったん奥側にしたのですが、「そういえば東中野の頃は、まだカレーを右側にする派だったなあ」と思い出し、すぐに右側に修正しました。
ココイチで「カレーを右側」にするのも相当に久しぶりです(上の写真)。そしてカレーを食べ始めると、懐かしさが更に強くなってきました。

無事にカキフライカレーを食べ終わり、すっかり満足。
しかしココイチを出てみると、雨脚は相変わらず強くて、しかも寒くなってきました。足早に東中野駅に戻り、そして真っ直ぐ帰路につくことにしました。
帰路は、中央線各駅停車から御茶ノ水駅で中央線快速に乗り換えました(ここも昔からホーム対面乗り換えです)。やって来た快速電車が209系だったので驚き、ググって調べてみたら「グリーン車組み込み改造に伴って車両不足を補うため」とのこと(209系が中央線快速に居るなんて知りませんでした…)。御茶ノ水から東京までの2駅とはいえ、209系を体験することができて、やはり懐かしい気持ちになったものです。

| | | コメント (0)

2021.10.29

特急ひたちで仙台へ

Dsc_0367

今日は仕事を休んで鉄道旅行に出ました。品川12時45分発の「ひたち13号」で仙台まで、4時間半を越える在来線特急旅行です。

品川と仙台を結ぶ常磐線特急。去年常磐線が全線復旧して以来、乗ってみたいと思っていた列車でした。学生時代に仙台まで乗り通した経験はありますが、震災後はもちろん初めてです。(数年前、仙台からの帰りに代行バスを乗り継いで通ったことはあります)

品川は私のかつての勤務先。当時頻繁に食べていた中華料理店の弁当を買って、これを駅弁代わりに車内で開きました。べらぼうに美味しいわけではないけど、安心できる味、懐かしい味でした。
食べ終わった後、水戸まではとにかくノンストップで飛ばします。天気も良く、快適な鉄道旅行でした。
水戸から先は車内が次第に空いてきて、いわきを出た後は閑散。車窓に広がる帰還困難地域の景色、そして内陸に移転した高架橋区間、いずれも見ていて考えさせられる区間でした。
それでも、夕暮れの阿武隈川の鉄橋を車窓に見ているうちに、さていよいよ仙台の夜…という気分がふくらんできました。

そして、4時間半の鉄道旅行を無事に終えて仙台到着です。人々で大賑わいの仙台駅を出たら、直ちに駅前のメイドカフェ「にゃんぽんたん」に行って一時間を過ごしました。そのあとは駅に戻って寿司で夕食にしたあと、今夜のホテル(東横イン)にチェックイン。
ただいま部屋で休憩しながらブログを書いているところですが、落ち着いたら次はまた別のメイドカフェに行ってみたいと思っています。(おそらく、深夜に部屋に戻る頃には、あとは寝るだけ状態になっているかと…)

| | | コメント (0)

2021.10.24

小湊鐵道・いすみ鉄道の日帰り旅行

Screenshot_20211024190914(平行法で立体視ができます)

日帰りとはいえ、本当に久しぶりの「ローカル鉄道への乗り鉄旅行」でした。
1両編成のディーゼルカーに揺られて、秋の田舎の丘陵地帯を行く旅路。心身ともに活性化されたような感じがしましたが、その分だけ疲労感もあって、終わった後は少々ふらふら状態の気分です。

今日行ってきたのは、千葉県の「小湊鐵道」と「いすみ鉄道」でした。房総半島を横断する非電化のローカル線。大学時代に乗って以来、数十年ぶりの路線です。数十年前から変わらないようなディーゼルカー。快晴の空の下、ひたすら広がる長閑な風景。ぼんやり乗っているだけで満足感を得られる鉄道旅行でした。
もっとも、情報機器に囲まれた日常を送っている身、実際にはそこそこ忙しくなってしまいました(笑)。駅ごとにIngressの画面を開いて駅ポータルをキャプチャしてハックしたり。そして停車時間が長い駅に着くと立体カメラを手にホームに出て撮影したり。(上の写真はそんな感じで撮った、いすみ鉄道のディーゼルカーの写真です)

いすみ鉄道で大原駅に到着すると、向かい側にはレストラン列車が発車待ちをしていました。ああ、これに乗って昼食にしたい…。でも予約制ですので今からでは無理でしょう。
小湊鐵道も、いすみ鉄道も、観光鉄道として生きる道を選んでいるように見えます。最近ずっと鉄道知識のアップデートを怠っていた身には新鮮に感じましたが、同時に「ちゃんと下調べして計画してくれば良かった」と悔やむ思いもあります。
…もっとも、下調べをわざと少な目に、気まぐれ行動で過ごす旅というのもまた魅力的です。このあたり、バランスをとるのが難しいですね…。

大原から先は外房線で千葉に向かう予定だったのですが、小湊鐵道といすみ鉄道の楽しさに惹かれて計画変更。帰路もこの両鉄道をたどることにしました。
大原の街中で(Googleマップで調べて見つけた)地元の寿司屋さんで寿司を食べた後、いすみ鉄道で上総中野へ戻り、小湊鐵道で五井に戻りました。秋の夕暮れは早く、夕方の風景を見てウトウトしているうち、ゆっくりと五井が近づいてきました。

五井からの帰路、秋葉原に立ち寄って、行きつけのメイド喫茶に行くことにしました。
既にハロウィンイベントが始まっている「メイリッシュ」にて、ビールとお化けハンバーグで心地よくなりつつ、このブログを書いているところです。
さて、来週もまた鉄道旅行したいな…。

| | | コメント (0)

2021.10.14

グリーン車の車内販売、復活してました

Dsc_0307

「あ、そういえば今日は鉄道の日だった。どこかに旅行したいな…」
普通の平日とあって、思い立って旅行するわけにはいきませんでしたが、そのかわり今夜は東京駅からの帰りの東海道線で、ついついグリーン車に乗ってしまいました。

ちょっと混んでいる車内。新橋を出た頃、グリーンアテンダントさんが車内販売のカゴを持ってきました。
あ、普通列車グリーン車の車内販売、復活したのね…。呼び止めてみたら、酒類の販売も再開していました。(あとで調べたら、7月から酒類以外再開、今月11日から酒も再開していたそうです)
グリーン車で酒を買うのは久しぶりだな…ついつい嬉しくなり、角ハイボールの缶をひとつ購入。
既にちょっと飲んでから帰るところだったので、飲み過ぎかな…とは思いましたが、夜の二階席から景色を眺めつつ、のんびり飲んで過ごしました。

コロナの新規感染者数がすっかり減少した10月。
今後どうなるのか、まだまだ予測は難しいですが、これで収まってほしいなと願っています。ともあれ、そろそろ私の旅行趣味も再開して良い頃でしょうか。

| | | コメント (0)

2021.09.20

少しだけMIRAIに試乗

今日は三連休の最終日、そして日本エスペラント大会の最終日でした。
私もウェブサイト関係でお手伝いしていたもので、閉会式が終わったら「やっと終わった…」とは思ったものの、ウェブサイトに「終了しました」の案内と写真を載せるところまでが今日の役割です。先ほど一段落ついて、ようやく一息つきました。

さて、午後3時にZoom画面上で閉会式が終わった後、私はすぐにZoomを退室し、出かける支度をして、クルマで出かけました。
これは大会ではなく自分の用事です。実は、我が初代プリウスのワイパーの調子が悪くなったので、いつものトヨタの店に持ち込んで修理するという必要があったのです。
夕方のトヨタの店に到着し、さっそく診てもらったところ、やはりモーターその他の交換が必要でした。見積書を見ると約5万円…ちょっと高いですが、直さないわけにはいきませんし、これは仕方ありません。

ワイパーを診てもらっている間、担当の営業さんに新車購入をなかなか熱心に勧められました。営業さんには以前から「初代プリウスを買った時から、このクルマには壊れるまで乗ると決めている」と宣言しているのですが、それでも頑張って食いついてきます…(まあ、これもディーラーさんの仕事ですから…)。
それでも、私も最近のトヨタの新車には興味がありますので、試乗くらいしてみたいな…とも思います。
そこで、今日は我が愛車を店に預けてバスで帰る予定にしていたので、「駅までの足を兼ねて試乗」ということになりました。クルマは燃料電池自動車の「MIRAI」です。
(まさか、今日MIRAIに試乗するなんて想像もしていませんでした…)

何とも大きなサイズで、外観も内部も高級車という雰囲気のクルマでしたが、乗り降りするとき何となく狭い感じはしました。
そして、後部座席の中央にあるフロアトンネルが…すごく大きいです…。MIRAIの新モデルでは、前モデルより航続距離を延ばすため水素タンクが増設されたのですが、その場所がフロアトンネルなのです。この後部座席は3人掛けだそうですが、真ん中の人は馬に乗るような状態になります。これには営業さんも苦笑いしていました。カタログを見ても、この欠点を目立たないように苦心した様子が伝わってきます…(苦笑)。

あまり大きなクルマを運転した経験が無いので、最初はちょっと怖かったのですが、すぐに慣れてきました。
慣れてみると、エンジン音もなく静かに加速するMIRAIは何とも心地よかったです。「モーターで動くクルマ」ならではの走り方。私はずっと初代プリウスに乗っている身なのでそれほど不思議さは感じませんが、普段ガソリン車に乗っている方は結構驚くかも知れません。「どこからパワーが湧いてくるの?」と不思議になりそうなくらい、強く優しい加速でした。
ともあれ、あっという間に駅前まで到着しました。もうちょっと乗り回してみたかったな…。

なお、私は大きな高級車を乗り回すような柄ではないですし、小回りが利かない大きなクルマが苦手なので…。このMIRAIを買う可能性はまず無いと思います。
「アクアのサイズの燃料電池車が出たら多分欲しくなります」と話したら、営業さんは苦笑いしながら頷いていました。(実際問題、まだまだ高コストの技術なので、まだ高級車にしか採用できないのが燃料電池車の現状でしょうか)

ともあれ、トヨタの店から最寄り駅まであっという間に到着しました。
駅前で夕食を食べ、ちょっと買い物してから自宅へと戻りました。帰って休憩したら、さっそくウェブサイト更新作業に手を付けて、秋の夜長が過ぎていきました。

| | | コメント (0)

2021.09.07

相鉄名物の自動窓を開けた夜

Dsc_0242

昨夜の小田急ロマンスカー突発ミニ旅行のおかげで、今日も何となく「仕事帰りに気まぐれで近場の乗り鉄」を実行したくなってきました。
今夜は、開通して(早くも…)間もなく2年になる、相鉄・JR直通線に乗りに行ってみました。開通直後は何回か乗ってみたものですが、なにぶんにも相鉄沿線住民ではない身では、用事があって乗る機会は皆無に等しく…今夜はしばらくぶりの乗車でした。武蔵小杉から羽沢横浜国大までの貨物線区間、速くもなく遅くもなく黙々と走る雰囲気は、やはり以前と同じでした。
二俣川まで乗った後、最近開店したばかりの快活CLUBで休憩してシャワーを浴びて、そして帰路につくことにしました。(最近は快活CLUBに慣れ親しんでいるので、二俣川に新規開店と知って少々気になっていたのです。出来たばかりの店は綺麗で快適でした)

でも……今日の相鉄で印象に残ったのは、JR直通線ではなく、二俣川から横浜まで乗った各駅停車で、相鉄名物(?)の自動窓を開けたことでした。
この自動窓、昔から存在は知っていましたが、実際に開け閉めしたのは本当に久しぶりです。学生時代に開け閉めした記憶は僅かにあるのですが、それ以降は触る機会がありませんでした。最近では相鉄に乗る機会はそれこそ運転免許更新時くらいしかありません。それに、冷房が普及して久しい今は、普段は窓を開け閉めする必然性が無く、遊び半分で開けたら周囲に迷惑になってしまいます。
しかし今夜は…。今のご時世、電車では窓を開けての換気が呼びかけられています。それに、夜に二俣川から横浜への各駅停車という閑散とした電車です。しかも、今日は天気が回復し、秋らしい心地良い気温になっていました。
そんな条件が重なった結果、堂々と相鉄の自動窓を開ける機会に恵まれたわけです。

8000系、相鉄ではもう古い部類に属する車両です。自動窓のボタンを押すと、僅かにタイムラグがあった後に「ガクン」という感じで窓が動きます。何だか、昔の電車らしさを感じる武骨な動きの自動窓でした。
空いている電車が夜の相鉄線を走ります。走行中に外から入ってくる風は涼しく、心地良かったです。各駅停車なのに、横浜まであっという間だったような感じがしました。

| | | コメント (0)

2021.09.06

夜のロマンスカー

Dsc_0240

今日は仕事を終えた後、急に思い立って千歳船橋へ行ってきました。
古くから知っている某メイド喫茶のメイドさんが、千歳船橋駅近くのアニソンバーにも在籍しているのですが、Twitterをチェックしたら今日も居るとのことで…。時世柄、午後8時閉店・酒無し・カラオケ不可という「アニソンバー」としてはかなり厳しい営業状況ですが、それでも興味が湧いてきたので、半ば衝動的に南武線と小田急線を乗り継いで向かってみたのです。(小田急線に乗るのは数年ぶりかも知れません)
午後7時20分頃に到着し、8時閉店までの40分を過ごしました。酒は無いもののノンアルコール類の取り揃えは豊富で飲み放題。バーのキャストさん(厳密にはメイド店ではないとのことで)との会話も楽しく、なかなか満足でした。

さて、午後8時に閉店してお見送りされ、千歳船橋駅に戻り…どうやって帰りましょうか?
何となく新宿の人混みを避けたくなって、小田急線は下り方面に乗ることにしました。スマホでロマンスカーの時刻表を調べると、どうやら新百合ヶ丘で藤沢行きの「ホームウェイ85号」に乗り継げそうです。
千歳船橋から各駅停車、成城学園前で急行に乗り換え、新百合ヶ丘では数分の乗り換え(ホームの券売機で特急券を買う余裕あり)。なかなか絶妙な乗り継ぎダイヤでした。

やって来たのは50000系VSEでした。VSEに乗るのは初めてです(というか、ロマンスカーに乗ること自体が久しぶりです)。暖色系の落ち着いた車内、静かな走り。しかし、行楽列車ではなく通勤帰りの特急という性格のためか、何となく心が落ち着かない感じでした。
座席に収まり、夜の車窓を眺めているうちに、やっと落ち着いてきました。ただ、乗客の大部分が相模大野で下車してしまい、江ノ島線区間では車内は閑散。今度は寂しさを感じ始めました。連接車独特の車輪の音に気持ちを集中させつつ、藤沢までの時間を過ごしました。

落ち着かなかったり寂しかったりでしたが、新百合ヶ丘から藤沢まで快適だったことには違いありません。千歳船橋のあのアニソンバーに再訪することがあるなら、帰りはまたロマンスカーを試してみたいです。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 Nintendo3DS対応 メイド・コスプレ店巡り(-2005) メイド・コスプレ店巡り2006 メイド・コスプレ店巡り2007 メイド・コスプレ店巡り2008 メイド・コスプレ店巡り2009 メイド・コスプレ店巡り2010 メイド・コスプレ店巡り2011 メイド・コスプレ店巡り2012 メイド・コスプレ店巡り2013 メイド・コスプレ店巡り2014 メイド・コスプレ店巡り2015 メイド・コスプレ店巡り2016 メイド・コスプレ店巡り2017 メイド・コスプレ店巡り2018 メイド・コスプレ店巡り2019 メイド・コスプレ店巡り2020 メイド・コスプレ店巡り2021 メイド・コスプレ店巡り2022 ロケット見物2006-2010 ロケット見物2011 ロケット見物2012 ロケット見物2013 ロケット見物2014 ロケット見物2016 初代プリウス愛用記 台湾旅行好き2009 台湾旅行好き2010 台湾旅行好き2011 台湾旅行好き2012 台湾旅行好き2013 台湾旅行好き2015 台湾旅行好き2016 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり 季】微妙に(略)試験日の感想 平たい引き出し整理法 微妙だけども真面目な話 微妙に(略)IT機器選び 微妙に(略)エス語使い 微妙に(略)コネタマ頼り 微妙に(略)バファリン日記 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 微妙に(略)モス巡り趣味 微妙に(略)ライフスタイル 微妙に(略)両利き練習 微妙に(略)乗り物趣味 微妙に(略)夢の記録 微妙に(略)好奇心の種 微妙に(略)投資日記 微妙に(略)日記帳 微妙に(略)楽しみ方 微妙に(略)空想ネタ 微妙に(略)立体写真趣味 微妙に(略)立体写真趣味-COS 微妙に(略)谷山浩子論 微妙に(略)飛行機趣味 微妙に(略)麻雀あそび 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行 臨】[2018年7-8月]南仏とリスボン旅行 臨】[2019年7月]フィンランド旅行