カテゴリー「臨】[2022年8月]カナダ横断と世界E大会」の記事

2022.08.16

まだカナダにいる感覚…

旅行計画時から既に予想していたことですが、帰国翌日の今日はすっかり体調を崩し、朝から夕方までずっと寝ていました。(仕事の休みは今日まで取ってありましたが…もう一日欲しいかも…)

長い間の旅で溜まった疲れ。帰りの飛行機の疲れ。そして時差ボケ。
更には、ずっと20℃台前半という気候で過ごしてきたので、暑い日本に再び順応できるまでにはまだ時間がかかります。
風邪っぽさはそれほど無いですが発熱はあり、解熱剤を飲んで寝ていました。

寝てる間の夢に、何だか横文字の書類が飛び交っているのが見えていたり…
目が覚めてみれば、どう見ても自宅の自分の部屋なのに、どこかカナダの街の住宅地あたりに居るような感覚になったり…
やはり2週間のカナダ旅行の後では、心はまだカナダから戻ってきていないのでしょうか。

2週間の旅行。私にとっては(そして多くの日本人にとっては)かなりの長旅です。
でも、世界大会で会った韓国人の一行は、大会前はカナダ各地を観光し、大会後は「これからニューヨークに行く」という、1ヶ月以上の旅行プランを組んでいました。1年以上前から計画していたのだとか。
最近の飛行機代の高騰も考えると、やはり海外旅行を計画するなら、2週間でも短すぎるのかも知れません。せっかく高い飛行機代を出して北米大陸に飛んだのなら、私ももう1週間くらい、いや、日本の暑さが落ち着くまで滞在しても良かったのかな…。

ともあれ、これで我がカナダ旅行は終了です。
このブログ記事を書き終わったら、溜まっていたメールの返事に着手しようと思っています。

| | | コメント (0)

2022.08.15

帰国、そして成田エクスプレスで帰宅

20220815_163434

いやはや、やはり12時間のフライトはきつかった…。
それでも、私を乗せたエア・カナダは夕方4時過ぎに無事に成田空港に着陸しました。

心配していた検査証明書関係の手続きは、ファストトラック(MySOSアプリ)の事前登録が済んでいればその画面とQRコードを示すだけでした。ただ、この順路が長くて延々と歩くので…疲れ果てた身体にはきつかったです。
ともあれ、入国審査も荷物受け取りも税関検査も無事に終わり、ようやく到着ロビーへ。ちょっと休憩した後、ちょうど成田エクスプレスの大船行きの発車が近かったので、切符を買って乗り込みました。

夕暮れの日本の景色を走る成田エクスプレス。ああ、帰ってきたんだな…。
ともあれ、帰宅するまでが旅行です。無事に自宅に到達できるよう、もう少しの間は緊張感を持とうと思います。
なお、仕事の休みは明日まで取ってあります。疲労回復と時差ボケ対策のため…。

| | | コメント (0)

2022.08.14

帰国の朝

20220814_065736

ただいま朝7時半。モントリオールの空港近くのホテルで出発準備を整え、これから部屋を出ようというところです。
10時の飛行機でトロント、そして成田行きに乗り換えて、明日の夕方に帰国という予定です。

先程、ホテルの朝食を終えて外を散歩してみたら、天気は快晴で気温も20℃前後と、とても心地良い朝でした。
(カナダ鉄道のドルバル駅のすぐ近くです。上の写真にも三角屋根が小さく写っています)

とうとう2週間の長旅から帰国ですが、何だか名残惜しさよりも不安のほうが勝っていて、昨夜も何となく眠りが浅かったです。
PCR検査は陰性でしたが、検査後に感染していたらどうしようか…とか(なお、今朝も体温は測り、平熱でした)、トロントからの長い飛行時間に耐えられるだろうか…とか、そして、ずっと20℃前後の気温で過ごしてきたので、残暑厳しい日本に帰国したらどうなるだろうか…とか。
しかし、心配しても仕方ないので、あとは粛々と空港に行き、飛行機に乗り、自宅を目指すだけです。

| | | コメント (0)

2022.08.13

閉会式、そして日本への帰路

20220813_101120

一週間にわたって続いた世界エスペラント大会も、今日で閉会式となりました。
モントリオール中心部の劇場「シネマ・インペリアル」。開会式から今日まで毎晩のように大会の催し物があった会場も、もう来るのはこれで最後です。
2時間にわたる閉会式。最後に来年の大会開催地(イタリアのトリノ)の関係者に旗が引き継がれて、会長が小槌を鳴らして閉会を宣言。これで今年の世界大会も終了です。
式典が終わった後は、劇場ロビー、次いで劇場の外で、お互いに別れを惜しんだり記念写真を撮ったりします。私も、往路のカナディアン号で偶然出会って語り合ったドイツ人の老紳士と、別れを惜しんで一緒に写真を撮りました。(メールアドレスはお互いに知っているので、後でメールで送らなきゃ…)

今年の大会は、日本からの参加者は私を入れて3人でしたが、ドイツから来た日独夫婦(エスペラント会での昔からの知り合いです)とは大会中に何回も顔を合わせていました。閉会式の後、一緒に近くのショッピングモールに行ってフードコートで昼食。米飯が食べたいというリクエストで、結局タイ料理を選び、なかなか美味でした。
ホテルに戻り(日独夫婦はもう一泊しますが私は既にチェックアウト済み)、預けてあった荷物を受け取り、しばらくロビーでコーヒーを飲みながら休憩。すると韓国からの参加者グループも来て再び歓談です。記念写真を撮った後、私は別れの挨拶をして、そろそろ帰路につくことにしました。

大会会場の近くのバス停から、空港行きのバス(路線番号が747…ジャンボ機全盛時代の世代には覚えやすい番号です)に乗って空港へ。そして空港でホテルシャトルバスに乗って、近くのホテルにチェックインしました。
モントリオールの中心街より空港ホテルの方が安いのと、明日の朝ゆっくり行動したかったためですが…今夜はもう、エスペラントの知り合いを探して中心街で遊ぶことはできず、ホテルで一人の時間を過ごすことになります。
一週間ずっと首から下げていた世界大会参加者の名札(街中でこれを見かけたら参加者仲間です)も、もう外して荷物にしまい込みました。でも、元々あまり社交的ではない私としては、旅行最後の夜を、一人で心落ち着けて過ごすのも悪くありません。

空港ホテル(大手チェーン系列)の部屋は新しくて立派でした。もしかすると、この旅行中に泊まった場所の中で、一番快適で割安な場所かも知れません。
休憩後、地下階を探索したら、ジムやプールが並ぶのに次いで、コインランドリーの小部屋がありました。せっかくなので衣類を持ってきて洗濯を開始。その待ち時間は部屋に戻って、このブログを書いているところです。
(長旅から帰ったあとで一番面倒なのが、疲れているのを我慢して洗濯する必要があることですが…ここで洗ってしまえばその面倒は省けます)
さて、洗い終わったら再びスーツケースに荷物をパッキングして、そしてホテルのレストランに行ってみることにしますか…。

| | | コメント (0)

2022.08.12

楓の森でシロップを味わう

20220812_141012

世界エスペラント大会、私はおとといの水曜日に続いて、今日もekskurso(遠足)に参加してきました。(水曜日は完全にekskursoだけの日ですが、それ以外の日にもekskursoは各種設定されています)
今日のekskursoのテーマは Tradicia Acerejo (伝統的なメープルシロップ工房…と訳しましょうか)です。モントリオール中心部の大会会場からバスで西に1時間、サトウカエデの森の中にあるメープルシロップ工房に到着しました。
(水曜のekskursoでは普通の観光バスでしたが、今日のバスは黄色いボンネットタイプのスクールバスでした。簡素な車内、硬いサスペンションで高速道路を疾走する感覚、いかにも学校の遠足という雰囲気になりました)

ちょっと薄曇り、まるで初秋の軽井沢かと思うような涼しさ、広場の真ん中では薪が燃えています。まずはしばらく楓の林の中を散策。木々を見ると確かに、どの木の葉もカナダ国旗でおなじみの形の楓でした。
その後、メープルシロップ作りの工房をみんなで見学し、オーナーの説明(フランス語を案内人がエスペラントに通訳)を聞きます。今は樹液集めやシロップ作りの時期ではないので機械は休息中。小屋の中は静かで落ち着いた雰囲気でした。
やがて時刻はお昼に近付き、いよいよ昼食です。素朴なテーブルと椅子の上にコース料理の食器が並んでいますが、その間に大きなメープルシロップの瓶が置かれています。シロップをまずグラスに注いで、まずは薄めずに味見。おお、普通のメープルシロップとは違う、結晶になるかならないかぎりぎりを攻めているような濃く甘いシロップでした。
そして、ハムやオムレツやパイなどが次々に出てくる昼食、どれもメープルシロップが良く合います。こんなにたくさんのメープルシロップを味わったのは初めてかも知れません。

20220812_120645

食後、何だか糖分で気持ちが鎮まったのか、ついついのんびり気分、多幸感に包まれた状態になってしまいました。(別料金で酒もありましたが、私は飲みませんでした。メープルシロップで十分に心が満たされます…)
そして、別の小屋にある土産店に行き、この工房でできたメープルシロップを買います……ついつい買い過ぎてしまいました。

再びスクールバスに乗り込み、硬い乗り心地で高速道路を飛ばしてモントリオールに戻り、午後4時ちょっと前に大会会場に戻りました。

会場では各種プログラムももう終盤です。終盤の行事といえばオークション(世界エスペラント協会の倉庫から出てきた?掘り出し物をオークションで売って運営資金にするというもの)、そして来年の大会の予告案内です。
来年の世界大会はイタリアのトリノで開催されます。トリノ紹介の観光ビデオを見つつ、そして会場の場所についての説明を聞きつつ……ううむ、どうしようかな来年……ちょっと考え込んでしまいました。今年の大会参加旅行が結構高くついてしまったので、来年はパスして再来年に備えるという選択肢もあります。
再来年の大会開催地は未定ですが、もしかしたら明日の閉会式で発表されるかな…。

| | | コメント (0)

2022.08.11

検査、無事に陰性

20220811_164911

木曜日。世界エスペラント大会も後半に入り、私の旅行日程も終わりが近付いてきました。
(13日の土曜日に大会が閉会し、14日に飛行機で帰国の途につき、15日に成田に帰る予定です)
やはり寂しい反面、そろそろ日本に帰りたいという思いも少しずつ湧いてきています。お土産をあれこれ買い集めるのもそろそろ佳境かな…。

今日は大会参加は夕方で切り上げて、PCR検査に出かけてきました。出国前72時間以内に検査が必要ですが、今日の昼過ぎでもう72時間を切ってしまったので…。今日にするか明日にするか迷ったのですが、こういうのは早め早めに済ませたいと思い、今日の夕方の検査時間を予約しました。大会会場からメトロで6駅、Atwater駅近くのショッピングモールに検査施設があります。
今回のモントリオールでは、大会会場もホテルも中心街も徒歩範囲内だったため、あまり街中をメトロやバスで巡る機会がありませんでした。メトロに乗るのは今日が初めてです。古びた駅、古いのと新しいのが交互に来る電車、ちょっと薄暗い車内…。ただ、安全性はちゃんとしているようです。そして、古びていてもやはりお洒落な雰囲気には違いありません。(写真)
下車して改札機を抜けると、地下通路がショッピングモールに直結していました。

ショッピングモールの上層階、検査施設は新しくて綺麗で、そしてガラガラでした。
もう既にモントリオールの街中の雰囲気は、コロナなんて誰も気にしていない感じで、マスクしない人のほうが多いです(屋内ではマスク着用率がそこそこ増えますが)。PCR検査も既に海外旅行者にしか需要が無いのでしょうか。予約時間より30分ほど早く着きましたが、特に問題なく受付に進み、99ドルをクレジットカードで支払い、検査室に案内されて唾液を採取し、これで終了です。3分とかからなかった気がします。採取時刻は午後3時57分でした。

メトロに乗ってホテルに戻り、ちょっと休憩した後、午後7時過ぎに再びホテルを出て劇場(今夜の大会コンサート会場)に向かいました。
道すがら、ふとスマホを見ると、検査施設からPDF添付のメールが届いていました(午後8時に届くという案内でしたが、空いていたので早く結果が出たのでしょう)。
もちろん直ぐにPDFを開きます。いやはや、この瞬間、本当に不安と緊張を感じました。そして結果は…無事に陰性でした。ふう…これで無事に日本に帰国できます。(今日から出国までに感染して発症したら別ですが、確率的には低いでしょう)
そのまま劇場に歩いて行って、今夜のコンサートを観賞、そして休憩時間中にスマホの「MySOS」アプリに検査報告書のPDFを登録しました。登録直後は「審査中」状態になって画面は赤いままですが、劇場を出てホテルに向かう途中でふと気になって再度スマホを見たら、審査が終わって画面が青くなっていました。これで登録完了、スムーズに帰国できる筈です。

今回の旅行で越えるべき最後の関門。何とも心臓に悪い手続きでしたが、無事にパスできて良かったです。

| | | コメント (0)

2022.08.10

エクスクルソの水曜日

20220810_141044

世界エスペラント大会も今日で日程の半分に達しました。
例年、土曜日(開会式は日曜日)から土曜日まで開催される大会ですが、水曜日は会場での行事は無く、みんなでekskurso(エクスクルソ)に出かけるための日になっています。日本語に訳すと「遠足」ですが、まあ実際には日帰りのバスツアーです。
何種類もコースがありますが、私は今回は「アメリカ大陸の大自然」コースを選びました。朝8時過ぎに大会会場前に集まり、バスに乗り込んで8時半に出発です。モントリオールから1時間半ほど走った先は、もうカナダの森林地帯の真っ只中。その中に点在する観光地や景勝地を巡るというスケジュールでした。
昼食は丘の上にある洒落たレストランでコース料理(メインディッシュは鶏肉のソテー)でした。ゆっくりとコース料理を楽しみながらみんなで会話して過ごす時間、楽しいものです(もちろん言語はエスペラント語です)。食事を終えて外に出て、近くの展望台に行くと、遥か彼方まで森林と丘が続く広大な大地でした。高い山地が無いので、ほとんど地平線の彼方までこの景色が続いている感じです。日本ではなかなか見かけない風景、ずっと見入ってしまいました。

夕方になってバスはモントリオールへの帰路につき、午後6時半に大会会場前に帰着、解散となりました。
まだ明るい夕方、そしてそろそろ空腹になってきたので、日本から参加の知り合いと一緒に近くのフードコート&ビアバーで軽く夕食にしてから、8時過ぎにホテルに戻りました。
結構疲れてしまいましたが、なかなか楽しいエクスクルソの一日でした。さて、明日はまた真面目なセミナーと講演会の日です。今夜は早く寝ましょうか…。

| | | コメント (0)

2022.08.09

午前は洗濯、午後はセミナー

20220809_190053

今日の写真はマクドナルドで食べた夕食です。
モントリオールのローカルフード「プーティーン」、フライドポテトにチーズとグレイビーソースをかけたものですが、モントリオールではマクドナルドにもあると知り、試してみました。ポテトは日本のマクドナルドでもおなじみの太さと食感でしたが、そこにチーズとソースがかかっているのは…なかなか乙なものでした。
ともあれ、プーティーンは今回の旅行で結構気に入ってしまったので、スーパーマーケットに立ち寄った際にプーティーンソースの缶詰を一つ買ってしまいました。もっとも、缶が大きすぎて一人では食べ切れない量なので…持ち帰ってもこれはどうしようかな…。

さて、今日の行動ですが…。
朝は結構寝坊してしまったのでそのままホテルの部屋でだらだら過ごし、10時過ぎにバッグに洗濯物を詰めて、ホテルから1キロほどの場所にあるコインランドリーに洗濯に行ってきました。
モントリオールのコインランドリー事情をグーグルマップで調べたら、どうも店員常駐の店が多く、かわりに昼間しか営業していないようです。今日行ったのもそんな場所。操作方法が分からずにまごついていたら、店員さんが親切に教えてくれました。値段も日本の相場より少し安い程度です。
無事に洗濯と乾燥を終えて衣類をバッグに詰め込んで、また1キロほど歩いてホテルに帰りました。本当は、もし暑かったらウーバーで往復しようかと思っていたのですが、今日は曇天で気温も20℃前後、歩いても大して苦になりませんでした。

午後は世界エスペラント大会会場に真面目に出かけて、いくつかのセミナーを巡ってきました。
今日も会場でSonjaさんと会い、トキポナ話者のグループに合流しました。セミナーの合間には談話コーナーのテーブルを囲んで雑談したり、折り紙をやって楽しんでいました。SonjaさんとDiscordのフレンド登録をして、トキポナのサーバーに招待してもらったり…何だか急にトキポナ人脈が広がった感じです。

夜は劇場「Cinema Imperial」にてコンサートでした。
ただ、明日はEkskurso(大会遠足)で朝がちょっと早いので、私はコンサートの前半だけで劇場を後にしてホテルに戻りました。さて、明日の遠足はどうなるでしょうか…楽しみです。

| | | コメント (0)

2022.08.08

トキポナ語の人たちとの出会い(mi lukin e jan mute pi toki pona)

20220808_135836

世界エスペラント大会・月曜日。
今夜はbankedo(晩餐会)とbalo(舞踏会)の日でした。bankedoの後はさすがに満腹で苦しくて、baloでは踊らずに見ているだけでしたが、それでも楽しいひとときでした。先に抜け出して自分のホテルに戻り、ほっとしたところです。

さて、今日は…先にTwitterでツイートしてしまいましたが、昼休みにロビーで過ごしているとき、トキポナ語話者のグループを見かけて合流し、トキポナ作者のSonja Langさんにも会うことができて、舞い上がってしまったところです。
トキポナ語はエスペラント語とは別の言語で、目的も性格も大きく異なりますが、エスペラント界にもトキポナに興味を持つ人が数多くいます。そもそも、Sonjaさんも元々は熟練のエスペランティストです。
今回の世界エスペラント大会、Sonjaさんも参加して講演会を持つということで、前々から期待していたのですが、こんなにあっさりと会場で出会えるとは思っていませんでした。
Sonjaさん及びトキポナグループで一緒に昼食、そして一緒に今日のセミナー類を巡り…。ずっとトキポナ語にも興味を持っていた身にとって、何とも夢のような時間でした。(ちなみに、会話の言語は概ねエスペラント語、そして時々、私が話せる範囲でトキポナ語でした)

大会書店にて、今回の大会で50冊限定のエスペラント版トキポナ語解説書(トキポナで pu という名前です)を購入、そしてSonjaさんと翻訳者のLakuseさん(カナダ人の若い女性でした)にサインを貰いました。
ともあれ、とても大きな思い出になった一日でした。

| | | コメント (0)

2022.08.07

世界大会開会式、そして大会の日々が開始

20220807_100307

世界エスペラント大会の会期は昨日の土曜日からですが、正式には今日午前中の開会式で開会が宣言され、木槌で合図されてから始まります。
そんなわけで、今朝はホテルを出て開会式の会場に向かいました。本会場の大学からは徒歩10分ほど離れた劇場「Cinema Imperial」が会場です。入ってみると、伝統ある古い立派な劇場でした。既に200人くらいは参加者が集合していたでしょうか。
そして開会式が始まりました。実は、例年の開会式では各国から参加者代表を一人ずつ出して、一人一人壇上で挨拶する(代表者の列ができます)という習わしなのですが、今年は時間の都合で大陸単位になり……そして、私ともう一人の韓国人が「アジア・オセアニア代表」として挨拶することになりました。ううむ、アジア・オセアニアなんていう広大な地区の代表が、私なんかでいいんですか…??
昨日から挨拶文の原稿を作ってあるので、スマホで表示しておき、いよいよ自分の番になったら壇上に立って挨拶。まあ緊張しましたが、何とか無事にこなして相方の韓国人に続きを引き継ぎました。

夕方は、再びこの劇場で「Nacia Vespero」、大会開催国の文化紹介の催しです。カナダの歴史を辿る演目のコンサート、なかなか心地良くて最後まで居てしまいました。(例年、私はNacia Vesperoはちょっと見ただけで抜け出してしまうのですが、今年は劇場の椅子の座り心地が良くて…)

そして、Nacia Vesperoが終わったら歩いてホテルの部屋に戻り、寝る前のひとときを過ごしているというわけです。近くの酒類販売店で缶4本セットで買ってきて冷蔵庫に入れてあったサッポロビール、なかなか美味しかったです。
さて明日は…真面目なセミナーが予定表に並ぶ月曜日です。どのセミナーを見るかは未だ決めていませんが、まあそれは明日考えます。

| | | コメント (0)

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 Nintendo3DS対応 メイド・コスプレ店巡り(-2005) メイド・コスプレ店巡り2006 メイド・コスプレ店巡り2007 メイド・コスプレ店巡り2008 メイド・コスプレ店巡り2009 メイド・コスプレ店巡り2010 メイド・コスプレ店巡り2011 メイド・コスプレ店巡り2012 メイド・コスプレ店巡り2013 メイド・コスプレ店巡り2014 メイド・コスプレ店巡り2015 メイド・コスプレ店巡り2016 メイド・コスプレ店巡り2017 メイド・コスプレ店巡り2018 メイド・コスプレ店巡り2019 メイド・コスプレ店巡り2020 メイド・コスプレ店巡り2021 メイド・コスプレ店巡り2022 ロケット見物2006-2010 ロケット見物2011 ロケット見物2012 ロケット見物2013 ロケット見物2014 ロケット見物2016 初代プリウス愛用記 台湾旅行好き2009 台湾旅行好き2010 台湾旅行好き2011 台湾旅行好き2012 台湾旅行好き2013 台湾旅行好き2015 台湾旅行好き2016 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり 季】微妙に(略)試験日の感想 平たい引き出し整理法 微妙だけども真面目な話 微妙に(略)IT機器選び 微妙に(略)エス語使い 微妙に(略)コネタマ頼り 微妙に(略)バファリン日記 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 微妙に(略)モス巡り趣味 微妙に(略)ライフスタイル 微妙に(略)両利き練習 微妙に(略)乗り物趣味 微妙に(略)夢の記録 微妙に(略)好奇心の種 微妙に(略)投資日記 微妙に(略)日記帳 微妙に(略)楽しみ方 微妙に(略)空想ネタ 微妙に(略)立体写真趣味 微妙に(略)立体写真趣味-COS 微妙に(略)谷山浩子論 微妙に(略)飛行機趣味 微妙に(略)麻雀あそび 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行 臨】[2018年7-8月]南仏とリスボン旅行 臨】[2019年7月]フィンランド旅行 臨】[2022年8月]カナダ横断と世界E大会