カテゴリー「微妙に(略)エス語使い」の記事

2020.01.21

今夜も旅行計画で迷う

夏の世界エスペラント大会参加旅行。昨日はモントリオールの宿探しであれこれと迷いましたが、今日は引き続いて…航空券をどうするかで考え中です。

今年の世界大会は8月1日から8日までです。私はその後、世界最大の「湖の中の島の中の湖の中の島」を一目見ようと、ヒューロン湖の中にあるマニトゥーリン島にあるミンデモヤ湖に行ってみる計画を立てています。9日に湖に到着して、湖畔のコテージで3泊ほどのんびりしようかな…。そうすると、12日にはトロントに戻り、13日の飛行機で帰国の途につくのが順当でしょうか。

往路は、8月1日の昼過ぎにはモントリオールに入って、そして世界大会の受付会場に行きたいところですが…。
東京からモントリオールに直行便で向かうとすると、7月31日の夕方に成田を出て、同じ31日の夕方にモントリオールに到着するという日程になります。ううむ、前泊が必要か…。でも、やはり乗り継ぎは結構疲れるので直行便で行きたいですし、31日のモントリオール行きが一番無難でしょうか。

復路は、8月13日の午後にトロントを発てば、14日の夕方には羽田に帰国できます。
でも、この週はお盆休みの真っ只中。しかも14日は金曜日。それならもう一日トロントに滞在して、14日の午後の飛行機に乗って15日に帰ってきても、仕事には差支えはありません。よし、それなら…
ところが、航空券の値段を調べると、帰りを13日から14日にすると数万円ほど高くなってしまいます。さて、どうしましょうか。数万円を上積みしてでも、もう一日トロントで滞在する価値はあるでしょうか…?

そんなこんな、迷いはなかなか尽きません。まあ、こうして迷うのも旅の楽しみではありますが。

| | コメント (0)

2020.01.20

モントリオールの宿を予約

土曜、日曜と、エスペラント関係の用事が続いた週末。特に昨日の会議と懇親会は、終わって帰宅してみると、やはり随分と疲れていました。
今日は早く帰って寝よう…と思っていたのですが、「そういえば世界大会の宿をまだ取っていなかった…」と思い出しました。帰宅後、パソコンに向かって宿探し。そしてようやく予約が完了したところです。

今年の世界エスペラント大会はカナダのモントリオールです。会場は中心街のシェラトンホテル。それならそのシェラトンに泊まるのが一番快適ですが…さすがに値段が高そうです。
ともあれ、世界エスペラント協会のウェブサイトで宿泊予約もできるので(協会で団体予約した部屋を申し込める?)、まずはその予約ページにログインしました。うん。シェラトンは結構高いです。一人部屋だと一泊で215ユーロします。他のホテルは…まだこの予約ページだと4施設しか載っていません。
一番安いのは55ユーロ、学生向け宿泊施設らしく、シャワーとトイレが共用です。(私は宿泊施設のバスルームに関して潔癖症のところがあるので、できれば共用は避けたいです…)

世界大会に参加するのは今回で5回目。世界エスペラント協会経由で宿泊したことも、協会を通さずにBooking.comで宿泊したこともあります。同じホテルでも、協会経由で泊まるほうが安いこともあれば、逆にBooking.comの方がずっと安かったこともありました。
「協会で用意してるホテルは、必ずBooking.comでも調べてみること」
既に、これが教訓として身についています(笑)。

モントリオールの場合、どちらで予約してもそれほどの値段差は無いようです。
でも、前述の55ユーロの宿泊施設、Booking.comで調べてみたら、シャワーとトイレが共用の部屋もあれば、個別に備わっている部屋もありました。協会では共用の部屋しか押さえていなかったようです。
シャワーとトイレ付の部屋はもうちょっと高いですが、それでも結構割安な宿泊施設です。これはありがたい…。とりあえず直ちに予約してみました。

しかし…ふと気になってBooking.comの該当施設の説明や口コミをよく読んでみたら…この部屋、エアコンがありません。
さすがにそれは勘弁してほしい…。去年のフィンランドでも、ヨーロッパの熱波の影響がフィンランドにも届いて、エアコンの無い部屋で非常に寝苦しい思いをしました。毎年のように夏の熱波が問題になる昨今、エアコン無しはかなりきついです。
もう一回探し直しです。Booking.comの画面を前にあれこれ悩んだ末、結局ベストウエスタンホテルに決めて予約し直しました。(エアコンがあることをちゃんと確認してから…)

宿が決まってほっと一息。もっとも、引き続きモントリオールの宿泊事情を調べて、もっと良い場所があればそちらを予約し直す可能性はまだあります。

| | コメント (0)

2020.01.19

大豆ミートでビールが進んだ夜

Dsc_1643_1

今日は、日本エスペラント協会の会議のため、地下鉄早稲田駅前にあるエスペラント会館に行ってきました。
昼11時から始まり、昼休みを挟んで午後5時半頃まで…。なかなか熱のこもった会議でした。

会議が終わったあとは、エスペラント会館から歩いて数分、エスペラントビーガンカフェ「SOJO」にて懇親会でした。
この「SOJO」、話にはよく聞いていましたが、実際に行くのは今日が初めてでした。店内にはエスペラント関係とビーガン関係のポスターなどが飾られ、本棚にも書籍が揃っています。なかなか見事な雰囲気です。懇親会で貸切の店内のテーブルには、既に料理の皿が(一人ずつ)並べられていました。

この皿の真ん中に盛られた肉…。いや、ビーガンカフェですから本物の肉ではなく、大豆ミートです。
ビールで乾杯した後、真っ先にこの「肉」を試してみたところ…おお、本当に肉にそっくりです。漫然と食べていたら多分、大豆だとは気付かないかも知れません。注意して噛んでみれば、ちょっと肉とは違う…固めで厚めの湯葉のロールみたいな食感だと分かりますが、味付けが巧みで、美味しく食べられることには変わりありません。
これはビールが進む…。ブッフェ形式でお代わり自由なので、ついつい多めに盛り付けて、そしてビールも追加注文です。

店主に「この大豆ミートはどこの製品ですか?」と質問してみました。
何となく「アメリカ製かな?」と予想していたのですが、日本の「不二製油」の製品とのことでした。ああ、不二製油の大豆ミートって、こんなに完成度が高いんだ…。
私は先月あたりから、大豆ミートの今後の市場拡大に(株をやる身として)興味を持ち始めて、関連する会社を調べていました。そのため、不二製油の名前は良く知っています。それだけでなく…実は既に100株(単元株)を持っています。
この株をもうちょっと買い増すかどうか、まだ決めかねていました。でも、この味と食感なら、買い増しに自信が持てそうです。

ともあれ、大豆ミートでビールを、飲み過ぎて食べ過ぎてしまいました。
ちょっと苦しくなりながらも、他のエスペラント関係者とあれこれ論議。何とも印象に残る夜を過ごすことができました。

| | コメント (0)

2020.01.18

世代の壁

今日の横浜はほぼ一日雨、そして時々雪…。天気予報では午後には止むとのことだったのに、実際には夕方になっても僅かに降り続けていました。ううむ、寒かった…。そんな天気の一日でしたが、それでもエスペラント会の学習会には8人中7人が出席。私よりずっと年上の人たちばかりですが、皆さん元気です。

今日は作文の日。私が持って行った作文は、相鉄の都心直通を紹介するため書いた文…という出だしで、実際には「相鉄都心直通記念ムービー」の紹介でした。この動画、相鉄の都心直通線が出来た直後に見て、色々な面でかなり感動してしまったので、それをエスペラント学習会のクラスの人たちに伝えようと思って…。

ところが、年末頃に書き上げ、すぐに試しにメールで皆に送ってみたのですが、どうもよく分からないという感想が…。私の文章だけでなく、この動画そのものが分からないとのことで…。文章をもっと練り上げて、そして今日の学習会に持参したのですが、動画そのものが理解困難となると限界があります。
この動画、Twitter上などで感想を拾うと圧倒的に高評価が多いのですが…。気になるのは、絶賛している人のほとんどが、文体やアイコンを見る限りでは若い世代の人たちばかり。明らかに中高年という方からの評価は(高評価だけでなく低評価すらも)ほとんど見かけません。私の周囲でも、同世代の人にこの動画の感想を聞いてみても、反応はありませんでした。

そんなに「世代を選ぶ」動画なのかな…。私にはちょっと謎でした。そこまで中高年に分かりにくい内容ではないと思うのですが…。

今日、学習会で自分の文章を紹介し、そしてこの動画の感想をきいてみると、やはり「何回か見たけど良さが分からなかった」という答えばかりでした。ただし、どういうストーリーなのか、どんな事を伝えたいCMなのかは、ちゃんと理解されている様子です。

「この動画、最初から最後までずっと平板で、盛り上がりや盛り下がりが無い」

との意見を聞いて、あ…もしかしたらそういうことか?と思い当たりました。「今時の若者の音楽は、最初から最後までずっとフォルティシモだ」という批評、もう随分と昔に音楽家のエッセイ集で読んだ覚えがあるので…。
そこで、こう質問してみました。

「それでは、今の子供たちに流行の歌『パプリカ』はどうですか?」
「ああ、あれもさっぱり良さが分からない…」

なるほど、これが、音楽にしても動画にしても「世代の壁」の一つなのかも知れません。(パプリカは最初から最後までサビが続く状態、という批評を目にしたことがあったので、試しに…)
映画にしても音楽にしても、昔は「盛り上がったあとは静かに落ち着き、また盛り上がる」という、山あり谷ありの流れの作品が多くて、昔の人はそれに馴染んでいた。でも最近は「最初から最後までずっとクライマックス」という作りのものに若い人たちが慣れ親しんでいる。そして、相鉄都心直通記念ムービーも、やはり「ずっとクライマックス」なんだと…。

もちろん、これだけが全てではないでしょう。
「この二人、電車内で一目見て互いに惹かれあう、という演技には見えなかった」との意見もありました。でも、私の感想は「この二人、物凄い巧妙に(各時代の文化まで反映させて)演じているなあ」だったので…。
ひょっとすると、ムービーの上で「二人の男女が互いに一目惚れ」を演じる方法すらも、時代と共に変わってきたのかも知れません。

世代の壁、やはり大きいんだな…と実感させられました。「どう違うのかを客観的に知る」ことの大切さも含めて…。

| | コメント (0)

2019.12.21

Povas esti ke, io ŝanĝiĝis...

今日はエスペラント語の集会のため横浜に出かけていました。

無事に集会が終わって電車で帰路についたのですが、そのとき、次回の会報(エスペラント語版)に載せる記事に関して、(私が鉄道好きということを見込んでか)こんなことを勧められました。

「相鉄の都心直通について紹介記事を書いてみませんか?」

うーん…。確かに横浜の住人としては、ぜひ書いてみたいテーマではあるのですが、どう書けば良いかな…。
単に「横浜を起点に走っている相模鉄道の電車が、新路線開通によって東京の都心部に直通を開始しました」と書いただけでは、おそらく外国の読者の興味は惹かないでしょう。
(例えば、どこでも良いのですが外国の何処かの大都市で「近郊都市を起点とする鉄道路線が都心直通を開始」したとして、日本でそれに興味を持つ人がどのくらいいるか…。おそらく余程の海外好き鉄道マニアでない限り、興味は示さないのではないでしょうか?)
何らかの視点、興味を広く持たれそうな何らかの切り口で、この相鉄都心直通という出来事を論じてみる…。難しそうですが、やってみる価値はありそうです。

もしかすると、相鉄沿線に留まらずに広く話題となった「100 YEARS TRAIN|相鉄都心直通記念ムービー」を海外に紹介してみる…というのが良いのかも知れません。
相鉄が全国区の知名度を高めようと並々ならぬ力を注いだ記念作品。劇中では100年間の各時代の車内シーンを再現。100年間の世相の移り変わりを細かく表現。そして、時代を跨いですれ違いを続けていた女と男が、この都心直通によって…?
このあたりの諸々を、横浜に土地勘が無い人にとっても共感できるように紹介してみる…さすがに(私の語学力では)荷が重いでしょうか?ともあれ、ちょっと頑張ってみようかと思っています。

(ちなみに、今回のタイトルは…一番クライマックスな場面のセリフを、私がエスペラント語訳を試みてみたものです)

| | コメント (0)

2019.12.08

ザメンホフ祭

エスペラント語の創始者ザメンホフの誕生日(12月15日)にちなんで、世界各地のエスペラント団体が各地で開催している行事「ザメンホフ祭」。今年の神奈川県のザメンホフ祭は茅ヶ崎で開催されました。
私も今日は茅ヶ崎市民文化会館まで出かけて、ザメンホフ祭に参加。内容は例年と同様、何名かの発表者によるエスペラント語でのミニ講演、そして書籍販売などでした。私は今年は何の発表もなかったので、準備など無しに出席して、後方の席でただ聴いていただけでしたが…。

エスペラント運動はこれからどうなっていくのか、どうしていくべきなのか、私もそれなりに考えるところはありますが…。ううむ、難しいものだと思います。
今日ひとつ残念だったのは、若い人の参加が少なかったことでしょうか(もしかすると私が最年少に近いかも…)。確かにこの界隈は高齢化が進んで若い人が少ないですが、皆無というほど少ないわけではありません。でも、若い人たちは旧来のエスペラント団体や行事になかなか参加しない傾向があって…。(これはどうも世界的な傾向らしいとも聞きます)
言葉の壁、民族間の文化の壁を『国際語』で越えていこうというのがエスペラント運動の趣旨ですが、実際のところ、この運動を軌道に乗せるには、もっと身近な文化の壁…つまり「世代の壁」の克服から取り組むべきなのかも知れません。

ともあれ、夕方には無事にザメンホフ祭が終了しました。
その後、顔見知りのメンバーで駅前の「村さ来」に入り、飲んで食べてあれこれ語ってきました。その場で、私の文章が上手だと褒めてもらえたのが嬉しかったです。きちっと論理的に書かれているとかで…。
(まあ、こうして毎日毎日ブログ更新を続けていれば、少しは上手になるものなのかな…とも思います)

| | コメント (0)

2019.12.06

いいことあるよ!

Dsc_1540_1

今夜は仕事の後、秋葉原に出向いて、行きつけの某メイドカフェへ…。
昔この店にいたベテランのメイドさんが久々に新人として復帰…という知らせを聞いたので行ってみたのですが、その懐かしい「新人」さんだけでなく、今夜はたくさんのメイドさんと御主人様お嬢様で賑わっていて、なかなか楽しく過ごせました。

そして、この店で2週間前に撮影したツーショットのチェキが出来上がっているとのことで、そのメイドさんが持ってきてくれたのですが…
その小さな封筒を見ると、なんと…エスペラント文のメッセージが書かれていました。

「Bonaj aferoj okazas!!」(いいことあるよ!!)

…頑張って調べて書いてくれたらしくて…何とも感動ものでした。これはもう宝物です。
ええ、私だけでなく、この店のメイドさんや常連さんたちにも、これからもっといいことがありますように…😇

| | コメント (0)

2019.10.19

エスペラントの学習会へ

今日はエスペラント会の学習会に行ってきました。
先週は埼玉の日本大会のため学習会は休みだったので、この学習会に参加するのはしばらくぶりでした。

先週の、台風接近の中を埼玉までクルマで出かけ、東横インに2泊して日本大会に参加した思い出。これをこの一週間のうちにエスペラント文にまとめて、学習会にて皆に紹介しました。
「自宅の被害に備えて、大事なものをみんなクルマに積み込んで出かけた」とか「秋葉原のスープカレーカムイ(ことのはアムリラート経由でエスペラントを知った人たちにも有名)が台風接近でも営業すると知り、店長を応援するため昼食に立ち寄った」など、ネタ的な要素(?)も盛り込んだので、結構面白がってもらえたかなと思います。

それにしても、旅行記というのは、書いていて気分が乗ってくるとなかなか楽しいものでした。
さて、次回は何を書いて学習会に持っていこうかな…。

| | コメント (0)

2019.10.13

日本エスペラント大会 en 埼玉会館

Dsc_1369_1

台風一過の晴天。スマホカメラで撮ると画像補正のためか更に青空が青くなります。
この写真は、埼玉会館(浦和駅近く)の近くで見かけた駐車場の看板。「お下げしました」とはなかなかの駄洒落ですが、「お下げ」してもこの値段か…とちょっと考え込みました。(今回はクルマ行動なので…)

今朝は、東横インの部屋で休憩していたら、日本エスペラント協会の理事長から電話がかかってきました。
私がクルマで来ているのを知って、この東横インから大会会場(埼玉会館)まで、ここの宿泊者をクルマで送ってほしいという依頼…。確かに、台風が過ぎたばかりで電車は未だ動いておらず、タクシーも確保は難しい状態ですから、クルマで来た私が頼りにされるのは当たり前でしょう。
もちろん引き受けて、4人でロビー待ち合わせ。朝10時に東横インを出発しました。

さいたま新都心から浦和へと走る初代プリウス。後部座席では日本エスペラント協会と韓国エスペラント協会の幹部がエスペラント語で会話。私も時々エスペラント語で口を挟みます…。
20分ほどで埼玉会館に到着し、地下駐車場へ。この駐車場は会館利用者のみ利用可能とのこと。「エスペラント大会です」と言えばOKでした。

そしてただいま、日本エスペラント大会の会場に居る…というわけです。
休憩室として開放された会議室にて、このブログ記事を書いております。京浜東北線の運転再開が遅れていて、まだ来場者は少ない状態…。大会プログラムは大幅に縮小。今日も分科会の多くは中止となりました。それでも、受付サロンでは顔見知りの人を多く見かけ、会話することができました。

さて、今夜は午後6時からバンケード(懇親会)です。クルマで来ていると飲めないので、これからクルマでさいたま新都心の東横インに戻り、改めて電車で埼玉会館まで出直そうと考えています。

| | コメント (0)

2019.06.20

今日のエス語紹介

今日は仕事帰りに、某メイド喫茶に2か月ぶりに行ってみました。(最近いまひとつ足が遠のいていましたが、それでもたまに行きたくなる店です)

初めて話すメイドさん(以前一度だけ会ったことがある…と言われましたが、そのときはあまり話しませんでした)に、自己紹介として「エスペラント語を話せます」と言ってみたら、かなり興味深く色々と質問されました。
普段、他の人にエスペラント語のことを紹介しても、ほとんどの人は「難しそう…」と尻込みしてしまうのですが、今日のメイドさんは

「男性形や女性形はあるんですか?」
「一切ありません」
「わあ、それはいいなあ」
「定冠詞は la だけですし、不規則動詞も無いですよ」
「確かに簡単そうですね」

ここまで話を合わせてくれる…いや、これだけ「簡単な言語」だと素直に納得してくれる人って、(少なくとも、メイド喫茶でこれまでに会ったメイドさんの中では)かなり貴重な存在だと思います…。

「楽しめる教材ってありますか?」と更に質問されたので、「ことのはアムリラート」のことを紹介してみました。
エスペラント語と99%互換の言語「ユリアーモ」を異世界言語として採用した、異世界・百合の美少女ゲーム。愛好者の中からエスペラント検定試験に合格した人が何人も出ているゲームだと…。
さて、更に興味を膨らませてもらえるでしょうか…?

このメイド喫茶、時々非常に個性的で知的な人がメイドさんとして採用されるので、なかなかあなどれません…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 Nintendo3DS対応 メイド・コスプレ店巡り(-2005) メイド・コスプレ店巡り2006 メイド・コスプレ店巡り2007 メイド・コスプレ店巡り2008 メイド・コスプレ店巡り2009 メイド・コスプレ店巡り2010 メイド・コスプレ店巡り2011 メイド・コスプレ店巡り2012 メイド・コスプレ店巡り2013 メイド・コスプレ店巡り2014 メイド・コスプレ店巡り2015 メイド・コスプレ店巡り2016 メイド・コスプレ店巡り2017 メイド・コスプレ店巡り2018 メイド・コスプレ店巡り2019 メイド・コスプレ店巡り2020 ロケット見物2006-2010 ロケット見物2011 ロケット見物2012 ロケット見物2013 ロケット見物2014 ロケット見物2016 初代プリウス愛用記 台湾旅行好き2009 台湾旅行好き2010 台湾旅行好き2011 台湾旅行好き2012 台湾旅行好き2013 台湾旅行好き2015 台湾旅行好き2016 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり 季】微妙に(略)試験日の感想 平たい引き出し整理法 微妙だけども真面目な話 微妙に(略)IT機器選び 微妙に(略)エス語使い 微妙に(略)コネタマ頼り 微妙に(略)バファリン日記 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 微妙に(略)モス巡り趣味 微妙に(略)ライフスタイル 微妙に(略)両利き練習 微妙に(略)乗り物趣味 微妙に(略)夢の記録 微妙に(略)好奇心の種 微妙に(略)投資日記 微妙に(略)日記帳 微妙に(略)楽しみ方 微妙に(略)空想ネタ 微妙に(略)立体写真趣味 微妙に(略)立体写真趣味-COS 微妙に(略)谷山浩子論 微妙に(略)飛行機趣味 微妙に(略)麻雀あそび 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行 臨】[2018年7-8月]南仏とリスボン旅行 臨】[2019年7月]フィンランド旅行