カテゴリー「微妙だけども真面目な話」の記事

2021.05.13

とうとうイボが消滅

今朝、ふと思い出して右手の人差し指の先をルーペで拡大して見たところ…「おお、とうとう消滅した」…。
数年前から人差し指の先に居座り続けていたイボが、ついに完治したようです。先週くらいは未だ、指紋の幅一個分くらいの極小の出来物が残っていたのですが、幸い復活せずに自然消滅してくれました。

そんなわけで、ヨクイニンとイボコロリを併用したイボ取り記録、ブログに残してみたいと思います。
なお、やはり医療情報には違いないので、「個人の体験です」「効果には個人差があります」と書いておかなければなりません。あくまでも私の体験談として、参考情報に止めていただければと思います。

イボ取り効果があるという漢方薬「ヨクイニン」。普通のドラッグストアでも置いてあることが多いです。私は去年の年末に500錠の瓶を買い、飲み始めました。一回六錠、一日三回。けっこうたくさん飲む感じで、大きな瓶がだいたい一ヶ月で終わります。
私の場合、この「ヨクイニン」は結構良く効きました。一週間ほどでイボが小さくなり始め、一ヶ月で一瓶飲み終わるとイボはもうほとんど目立たなくなりました。しかし、次の瓶を買わずにそのまま飲むのをやめたら、数日後には再び大きくなり始めました。あわてて新しいヨクイニンを買ってきて飲み始めたら、またイボは小さくなりましたが、なかなか消滅には至りません。
どうやらヨクイニンは、私にとっては効果はあるものの、「とどめを刺す」には至らないようです。

それでは、とどめはイボコロリで刺しましょう。
ヨクイニンをちゃんと毎日飲んで、イボが十分に小さくなったところで、イボコロリをこまめに塗ってみました。塗り始めて数日で、そのイボも周辺部もかなり白くふやけてきます。ピンセットで取り除き、再びイボコロリ攻撃をかけ…。その結果、とうとう指紋の幅一個分まで(肉眼ではなかなか分からない大きさまで)極小のイボを追い込むことができました。

ここでイボコロリは止めて、ヨクイニンも飲み終わったので止めて、果たしてどうなるかと様子見に入りました。イボはウイルス性とのこと。こんな極小になっても、ウイルスが残っていたら再び大きくなる可能性はあります。もし大きくなるようなら再びイボコロリで対策するつもりでした。
しかし、もう再び育つ気配は無く……今朝見たらすっかり消えていた、という結末でした。

とうとう消滅したイボ。治るまで長かったなあと感慨深いですが、ちょっとだけ寂しくもあります。
なお、イボコロリの液体の小瓶、中身はまだほとんど残っています(一回に一滴しか使いませんから…)。万一の再発に備えてしばらくは取っておきますが、中身は溶剤ですから、たとえ蓋をしっかり締めたとしても、きっとこのまま少しずつ蒸発して固まっていくのかな…。

| | | コメント (0)

2021.04.27

ゲーム化する世界の中で…

Screenshot_202104272145152
快活CLUBのアプリ画面より。明日までにあと1770円……

ここ何か月か、私が好んで使っているネットカフェ「快活CLUB」。
鍵付完全個室があってウェブカメラも貸してくれるので、出かけ先でウェブ会議に参加したいときに重宝します。それにシャワーも無料(滞在料金内)ですし、フードありの店だと「トルコライス」を食べるのが結構楽しみだったりして…。
そんなこんなで頻繁に使っていたため、会員ランクが最高の「プラチナ」の月がしばらく続いていたのですが、今月はちょっと使う機会が少なくて、まだ次月のプラチナランクに手が届いていません。

快活CLUBの会員ランクは、今月の支払金額を月末日よりちょっと前に締め切って集計し、5000円以上だと次月はゴールド、10000円以上だと次月はプラチナになるという仕組みです。今日の私の場合、既に次月ゴールドは確定しているのですが…。
明日までにあと1770円。今日か明日の夕食時に快活CLUBに入り、スペシャルトルコライス1100円を食べて1時間ほど休憩すれば、すぐに達成できるでしょう。
実際、今日はどうするか迷いましたが、どうも今夜はトルコライスの気分にならず、結局行かずに終わりました。この調子で明日も行かずじまいなら、来月はプラチナを失ってゴールドになってしまいます…。

…いやいや、別にゴールドになったからと言って、どうということもありません。
ゴールドとプラチナで違うのはポイント還元率のみ。ゴールドだと100円で3ポイント、プラチナだと5ポイントです。仮に来月は1万円を快活CLUBで使うとしても、溜まるポイントが300ポイントになるか500ポイントになるかの差でしかありません。
来月の200ポイント(200円分)を得るために、無理して今日明日中に1770円を使わなくても良いわけです。理性的に考えれば。

それでも、やはり「ゴールド」で留まらずに「プラチナ」の称号が欲しくなる…。

先日、語学アプリ「Duolingo」のことを調べている際、Wikipediaで「ゲーミフィケーション」の項目を見つけてついつい読んでしまったものです。
Duolingoは「ゲーム感覚で外国語学習」のアプリとして広まりつつありますが、この「ゲーム感覚」、ただ単に「画面がゲームっぽい」だけで成り立っているわけではありません。これまでのビデオゲーム進歩の歴史の中で工夫されて積み重ねられてきた「人間の感情や習性を上手く利用し」、「ゲームのように夢中にさせて虜にする(はまらせる)仕組み」。その観点で見ながらDuolingoをやっていると、確かに「なるほどなあ」と感心させられます。
Duolingoに限らず、ポイントカードなどのシステムもやはり、こちらの感情や習性を利用した「ゲーム化」が進んでいる…。快活CLUBのポイントシステムもまた然り。だからこそ、理性的に考えれば無理にプラチナになる必要も無いのに、ついつい無理してスペシャルトルコライスを食べてでも「プラチナ」が欲しくなってしまうのでしょう。

さて、この「ゲーム化する世界」の中で、どのような生き方をするのが私の人生に相応しいのでしょうか?
とりあえず明日の夕飯は、理性的に考えて選び、来月のプラチナ会員は諦めてしまいましょうか?
それとも「ゲーム化の波に流され」、スペシャルトルコライスで満腹になって、来月もプラチナ会員になりましょうか?

明日の夕方には、どちらにするかを決めていると思います。

| | | コメント (0)

2021.04.21

十数年越しの案件を解決

水曜日。今日は有給をとって仕事を休み、区役所に行ってきました。
用事は…印鑑登録のやり直しです。これまでの実印を廃止し、新しい印鑑を登録してきました。

私が実印を登録したのは、まだ若い頃…多分、クルマを新しく買ったときだったと思います。
知り合いに話したら「あるある」と言われた話なのですが、実印が必要だと急に言われたもので、とりあえず手持ちの三文判を印鑑登録して用事を済ませて、それきり長年そのままになってしまっていました。
その後、再び実印が必要になったときに「三文判ではまずいから、改めて手彫りの実印を作らなきゃ」と思って実際に作ったのですが、実印を使う場面というのは得てして多忙で余裕が無かったりします。結局、私の実印は三文判のままで、せっかく作った新しい(フルネームの)ハンコは使わないままでした。それが十数年前の話です…。
そして先月末、久しぶりにまた実印が必要になりました。よし、今度こそ新しい実印に変更しよう。そう思ったのですが、なにぶんにも先月末といえば年度末です。おそらく区役所に行っても混んでいるでしょう。それに、今はマイナンバーカードさえあればコンビニで印鑑証明書が入手できる時代です。既にマイナポイント目当てでカードを作った私は、実印が必要になったところで、区役所に行く必要もありません。

でも、このままでは、私の実印はいつまでたっても三文判のままでしょう…。
そこで、年度末・年度初めの混雑も落ち着いたであろう今、区役所に行ってみることにしたのです。

今までの実印の廃止も、新しい印鑑登録も、どちらも無料でした。(印鑑登録書の発行は有料ですが、今日は必要ないので作りませんでした)
手続きも、そんなに時間もかからずに完了。これで、長年にわたって「実印」の役を負っていた三文判も、役割からやっと解放されました。そして、十数年越しの案件だった「せっかく作った自分のハンコを正式に実印にする」も、とうとう解決できました。

でも、今は実印を押す用事も無いのに、わざわざ有休をとるほどの用事だったのかな…。少々迷いは残りました。
ともあれ、区役所を出ると、4月なのに初夏の陽気です。炎天下を歩きつつ近くのバス停へと急ぎました…。

| | | コメント (0)

2021.02.22

自分の長い長い影

昨日に続いて天気が良く、しかも暖かかった一日。ただしその分、花粉も多く飛び始めたようです。鼻水はそんなに出なかったものの、何となく気分がぼんやりとした、気だるい一日でした。

夕方、休憩のため仕事場から外に出てみると、構内の道路が夕日に赤く照らされていました。自分の影がその路上に、相当に長く伸びています。建物の大きさと比べて目測すると、20メートル、あるいは30メートルはあるでしょうか。
まるで巨人の影のようになった自分の影、なかなかに驚かされる大きさでした。

日の入り直前になって太陽が低くなれば、影はその分だけ長く長くなる…。理科好きの小学生でも分かる単純なことではありますが、それでも、実際に「自分の影が長くなっていることに気づく」という経験は、少なくともここ数十年は記憶にありません。
天気の良い夕方に外にいるという場面は意外と少ないですし(平日だと、今日みたいにたまたま外に出ない限り、ほとんどの日は屋内にいます…)、たとえ外出していても、街中だと障害物が多すぎてあまり長い影にはなりません。
意図的に「夕日に照らされた自分の長い影を見たい」と思って行動しない限り、自分の長い影に偶々気付く機会というのは、実はとても少ないのかも知れないな…と思います。

自分が歩くと、長さ30メートル以上の自分の影も動く。
当たり前のことであっても、それが面白く感じられてしまいました。(…既に仕事と花粉で疲れていたためかも知れませんが…)

やがて夕日が沈んでしまったので、建物の中に戻って定時までもうひと頑張りして、そして定時になったところで退勤しました。

| | | コメント (0)

2020.11.27

海外フレンド推奨イベント

今週から開催中のポケモンGOのイベント、「ユクシー」「アグノム」「エムリット」の伝説レイドバトルイベントですが…
私はというと、一昨日に続いて今日も仕事帰りにスマホでポケモンGOを起動し、スペインやフィンランドのフレンドとチャットツールでやり取りしつつ、レイドバトルを楽しんで過ごしました。

バトルが一段落ついて、ほっとしながら行きつけの飲み屋に行って飲んでいると、フィンランドから「50分後にエムリットのレイドバトルに招待します」との連絡。これは是非参加したいので、飲み屋で飲みつつ待機…ついつい日本酒が進んでしまいました。
そうしているうちに、この店の常連さんでガチのポケモンGOトレーナーの人が来店し、私の隣に座りました。直ちに私は「フィンランドのフレンドに紹介するからフレンドコードをよろしく」と提案。そして彼のフレンドコードをフィンランドに送ると、数分後にはフレンドが成立していました。
指定の時刻が来て、レイドバトルに隣席の人共々招待されました。エムリットとのレイドバトルを楽しみ、そして無事にエムリットのゲットに成功。何とも楽しかったです。

やはり、このイベントは、「海外の友達作りを推奨するイベント」だったのだなと思います。
ただ、「ポケモンGOのフレンドを海外に作る」というのは、海外慣れしている人には簡単でも、そうでない方にはとても敷居が高い行動なんだなあとも感じます。上述の常連さんも、レベルはとっくに40まで到達しているのに、「海外のフレンドを作るは今日が初めて」とのことで…。
そのあたりがもっと改善されて、もっと多くのポケモンGOトレーナーが世界規模でフレンドの輪を作るようになったら…。

そんなことを願いつつ、飲み屋を出て帰路につきました。

| | | コメント (0)

2020.10.11

趣味人生に共感…

私は普段テレビを見ないので(そもそも自分の部屋にテレビが無いので)、このブログでテレビ番組の感想を書くことは滅多にないのですが、それでもたまには書きたくなることもあります…。
(今夜は近所に飲みに行って、その店のテレビについつい見入ってしまいました)

「ポツンと一軒家」で取り上げられた、埼玉の山奥に立つアマチュア無線の一軒家。
山道を登った山頂に家が建ち、大きなアンテナが何本も林立。その主、飯塚さんは実は長年のアマチュア無線家で、家もアンテナも全部趣味で自分で建てたとのこと…。
と、それが最初に番組に取り上げられたのは2年前で、放送後は、飯塚さんの元に世界中のアマチュア無線家から「お久しぶり」の連絡が殺到したとのこと。
去年の台風でアンテナがやられたものの、また新しいアンテナを建てたいと笑いながら語る…。

ああ、一生をアマチュア無線に捧げて山頂に趣味の家を築き上げた人。なんと素敵な趣味人生だと羨ましくなりました。私はアマチュア無線には足を踏み入れませんでしたが、それでも、物凄く熱心な方がたくさんいる趣味であることは想像がつきます。
いや、アマチュア無線だけでなく、この世の中にはそれぞれ熱心な趣味者を抱えた熱い趣味が、それこそ星の数ほどある…。
私も趣味人生者の端くれとして、同じ空の下にある数多くの趣味世界と、そこに生きる多種多様な趣味者に対して、幸せあれと願わずにはいられません。

そして自分も…山頂に家は建てられなくても、やはり幸せな趣味人生を送りたいです。

| | | コメント (3)

2020.08.29

ブログ16周年

まだまだ暑い日が続く8月末の土曜日。
今日は焼肉の日であり、谷山浩子さんの誕生日でもあり、そしてこのブログの開設記念日でもあります。
(実際、16年前の8月29日にブログを始めたのは「谷山浩子ファンにとって節目の日」だったからでもあります…)

去年の8月29日は、15周年ということで急に苺が食べたくなり、コージーコーナーに行って苺ショートケーキを食べたものでしたが…。今年は16周年。同様の駄洒落系な食べたいものがあまり思い浮かびません。(一六タルトを買ってくるのも大変ですし)
今年は順当に(?)、夕方になったら近所の焼肉屋に出かけて一人焼肉を満喫したいと思います。

さて、「コージーコーナーの苺ショートケーキ」以降の一年を振り返ると…。
ううむ、やはりコロナに色々と振り回された一年でしたが、まあ長い人生の間には、そういう年もたまにはあります。
自宅待機期間中に部屋の整理に本腰を入れて取り掛かったことで、自分の今までのさまざまな趣味や仕事や経験を思い出すことができました。夏のカナダ旅行は中止になった代わりに、なかなか泊まる機会が無かったランドマークタワーのホテル(横浜ロイヤルパークホテル)に泊まったり、関東地方の思い出の場所をクルマであちこち再訪することもできました。
このコロナ下の一年…「今までの人生を振り返る」ための機会になったのではないかと思います。

…などと格好良い(?)ことを書いて自室で過ごしていますが、時刻はそろそろ午後4時半、早く焼肉が食べたくなってきました。
そんなわけで、この記事を公開したら焼肉屋に行ってきます。(後で、この下に焼肉の写真を貼りたいと思います)

Dsc_2241_1

| | | コメント (0)

2020.07.10

新モットー「この世はでっかい趣味対象」

Dsc_1981_1

金曜の夜。今夜はまた秋葉原の「JAM Akihabara」に来て過ごしています。
今夜限定の天ぷら盛り合わせとハイネケン。…幸せなひとときです。

さて、先日の6日にこのJAMで誕生日を祝ってもらったとき、「そういえば、これからの一年の抱負を決めてなかったな…」と気付いたものでしたが、その後考えてみたので、今夜はJAMで飲みつつブログに書いてみようかなと思います。

このブログに書いたことはあまり無いかも知れませんが、最近の私の人生観は、
「この人生そのものが私の趣味」
というものだったりします。
(2年前にペアーズなど入って婚活らしきことをしていた頃、実際にプロフィールの趣味欄に「この人生そのもの」と書いていたものでした。…そんな奇抜なことを書いてたからマッチングが捗らなかったのかも…)
これは単に「多趣味」というだけの意味ではありません(まあ、実際に多趣味かも知れませんが)。私はこの人生を「あくまでも趣味として」生きている…という意味。ううむ、実際に文章にしてみると結構エキセントリックですね…。

「人生そのものが趣味」。何だか非常に脳天気な考え方に見えるかも知れませんが、実際にはそうでもありません。
あまり詳しく書くと湿っぽい気分になってしまうので端折りますが、いじめられっ子として長いこと「どうせぼくなんて…」的な幼少期を過ごし、大きくなってからもその影響から抜けられずにあれこれ生きてきた結果が、この奇抜かも知れない人生観だった…。そんな苦い事情があったりします。

とはいえ、今年の新型コロナの流行の中では、「この人生観もまだまだだなぁ…」と痛感せざるを得ませんでした。
もし本当に本気で「この人生は趣味」と思っているならば、(もちろん趣味人の心得として、感染防止はしっかりと心得なければいけませんが)もっと冷静に客観的に趣味的に、「コロナで変わっていく生活と社会」を観察して過ごせたと思うのです。
でも実際には、「これからどうなるんだろう?」と不安になって自宅待機の日々を過ごしていた…。今は元に戻りましたが、一時期は体重が、コロナノイローゼの影響で3キロくらいは減っていました。

そんなわけで、今年の誕生日の抱負として、改めて「この人生は私の趣味」を目指してみたいと思います。
そして具体的には…この一年の私のモットーは、タイトルにつけた「この世はでっかい趣味対象」に決めました。

ちなみに私は「コロナ禍」という言葉があまり好きではありません。かわりに結構よく使うのは、例えば「このコロナ流行の状況」といった、禍なのか福なのかを中立にした表現です。
確かに今は新型コロナによる「禍」の状況です。でも、「禍転じて福となす」な出来事も、最近は随分と沢山、そして大規模に進んでいるとも思います。実際、通勤時間帯の電車は本当に余裕が出来ましたし…。
そういった「この世の現在の状況」を、できるだけ客観的に、そして(不謹慎かも知れませんが)趣味的な視点で見て考えていけたらいいな…。そう願っているところです。

さて、書いているうちに酒も程良く回ってきました。
そろそろ締めの食事を注文して、そしてこの長文をブログにアップしようかなと思います。

| | | コメント (0)

2020.06.22

東名の地元アピール横断幕

「純粋不要不急外出」の週末を終えて、週明けの月曜日の今夜は、仕事帰りに秋葉原の行きつけの店で飲みながら、昨日のドライブの思い出を振り返って過ごしています。

昨日は、開通したばかりの首都高速「横浜北西線」を通り初めするのが目的でしたが、なにしろほとんどの区間がトンネルという路線ゆえ、正直それほど印象には残りませんでした。それよりも、横浜青葉インターから走った久々の東名道の方が、何かと面白かったものです。

特に印象的だったのは、綾瀬市に入ってから秦野市のあたりまであちこちの陸橋に現れた、東名沿いの自治体のアピール横断幕でした。単に「○○市にようこそ」みたいな簡潔なものではなく、印象に残るようなキャッチコピーがあれこれと…。なかなか楽しめたと同時に、「綾瀬市、大和市、秦野市…そこまで東名のドライバーに地元アピールしたいのか…」と、少々考え込んでしまいました。

後でググって調べてみたら、既にたくさんのドライバーに注目されて話題になっているようでした。紹介記事もあれこれ…。例えば

https://kanagawa-kenoh.info/tomei-oudanmaku/

ええ、確かに「70代を高齢者と言わない街・大和市」という横断幕は、私もかなり印象深く感じたものです。でも…「じゃあなんて呼ぶんだ」という疑問が湧いてくるとは思いませんでした。

70代を「高齢者と言わない」なら、呼び方は単なる中年、単に「おっさん&おばさん」だろうと思います。…と、そう書くと何だか身も蓋もない感じはしますが、よく考えれば、「ただのおっさん&おばさん」としての生活を70代まで続けられるのって、物凄い価値なのではありませんか?(昔、文明化する前の人類は平均寿命がせいぜい50代。その頃には50歳でも「高齢者」だったわけです。文明の力って凄い~と、50代になった今になると実感します)

と、真面目な(?)感想はともかくとして…。この自治体アピール横断幕、何だか全部写真に撮ってコレクションしてみたい気がします。でも、一人ドライブが殆どの私にとっては、運転中に横断幕の写真を撮るのはちょっと無理です。…そうだ、そろそろドライブレコーダーを買おうかな…。

| | | コメント (0)

2020.04.15

自分の仕事について書いてみる…

仕事が自宅待機になって一週間が経過しました。
今日も自分の部屋で、掃除したりあれこれ整理したり…。整理すべきもののネタはなかなか尽きないので、退屈はしなくて済みますが、部屋整理は「自分の過去の整理」でもあるので、寂しい気持ちになることも多いのが難点でしょうか。

そうだ、自分が「テレワーク」ではなく「自宅待機」である理由でも書くことにしますか…。
(「感染疑いのため自宅待機」ではない、ということは強調しておかないと…)

普段は、このブログに私の仕事関係の話を書くことはほとんど無いのですが、たまには紹介するのも良いかと思います。
私の今の勤め先は某大手企業の研究所。ただし、正社員ではなく派遣社員です。研究チームでやっているのは(この表現で良いかは微妙ですが)実験助手みたいな仕事でしょうか。
実際に手を動かして実験する仕事が多いので、テレワークでやれることがそんなにありません。そのため、緊急事態宣言が出るまでは普段通りに通勤していました。そして緊急事態宣言に伴って「派遣社員は自宅待機」との指示が下り、自宅で過ごしているというわけです。
(進めていた実験は中断です。その前日には「そろそろ?」との思いから、停止や片付けもあらかた済ませました)

4年前まで、私の仕事は情報システム会社のSEでした。
SEにしてはホワイトな(あるいは閑職な?)部署だったので、残業はそれほど多くなく、結構気楽な日々を送っていたと思います。しかし、かつての私の本職は化学の研究職…。それが、詳細は省きますがSEに転身したというわけです。
それゆえ、「できれば研究職に戻りたいな」という思いは、長いことずっと持っていました。そこに早期退職の話が舞い込んできて、退職金の額が結構良かったもので、フラフラと心が傾いて…。

もう研究職の最前線で活躍できる年齢ではありませんが、助手でも下っ端でもいいから研究所で手を動かして働きたい…。実際、SEとしてずっとパソコンの前で仕事するのは、なかなかストレスが溜まるものでした。
収入減の心配が無いわけではありませんが、それでも、研究所で働けるなら、正社員でなく派遣社員でも別にこだわりはありませんでした。早期退職に踏み切ったあと、研究職専門の派遣会社に登録して仕事を探し、そして今の研究所で働くことになったわけです。

…さて、いつ仕事に復活できるかは分かりませんが…。
この自宅待機の日々、心を落ち着けて少しでも有意義に過ごせればいいなと思います。

| | | コメント (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 Nintendo3DS対応 メイド・コスプレ店巡り(-2005) メイド・コスプレ店巡り2006 メイド・コスプレ店巡り2007 メイド・コスプレ店巡り2008 メイド・コスプレ店巡り2009 メイド・コスプレ店巡り2010 メイド・コスプレ店巡り2011 メイド・コスプレ店巡り2012 メイド・コスプレ店巡り2013 メイド・コスプレ店巡り2014 メイド・コスプレ店巡り2015 メイド・コスプレ店巡り2016 メイド・コスプレ店巡り2017 メイド・コスプレ店巡り2018 メイド・コスプレ店巡り2019 メイド・コスプレ店巡り2020 メイド・コスプレ店巡り2021 ロケット見物2006-2010 ロケット見物2011 ロケット見物2012 ロケット見物2013 ロケット見物2014 ロケット見物2016 初代プリウス愛用記 台湾旅行好き2009 台湾旅行好き2010 台湾旅行好き2011 台湾旅行好き2012 台湾旅行好き2013 台湾旅行好き2015 台湾旅行好き2016 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり 季】微妙に(略)試験日の感想 平たい引き出し整理法 微妙だけども真面目な話 微妙に(略)IT機器選び 微妙に(略)エス語使い 微妙に(略)コネタマ頼り 微妙に(略)バファリン日記 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 微妙に(略)モス巡り趣味 微妙に(略)ライフスタイル 微妙に(略)両利き練習 微妙に(略)乗り物趣味 微妙に(略)夢の記録 微妙に(略)好奇心の種 微妙に(略)投資日記 微妙に(略)日記帳 微妙に(略)楽しみ方 微妙に(略)空想ネタ 微妙に(略)立体写真趣味 微妙に(略)立体写真趣味-COS 微妙に(略)谷山浩子論 微妙に(略)飛行機趣味 微妙に(略)麻雀あそび 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行 臨】[2018年7-8月]南仏とリスボン旅行 臨】[2019年7月]フィンランド旅行