カテゴリー「微妙に(略)立体写真趣味」の記事

2019.07.01

今までのカメラを売却

立体写真撮影用にソニーのRX0を買ってから、早くも一週間が経過しました。

これまで使っていたカメラ…富士フイルムのX-A1と、27mm単焦点レンズの組み合わせを2台…を、いよいよ売却することにしました。名残惜しいですが、これを売ることを前提に新しいカメラに手を出したという気持ちでもあるので…。今日は秋葉原のソフマップに持ち込んで、査定手続きを完了。査定結果が出るのは明日の夕方とのこと。

今夜はとりあえずソフマップを引き上げたあと、メイド喫茶「JAM AKIHABARA」にて夕食にしています。

2台のX-A1、買ってから5年のカメラでした。色々なところに持って行って立体撮影を試みたものです。…でも、そこまで頻繁に持ち歩いた訳ではありませんでした。「立体写真を撮りに行くぞ」と気合いを入れたときでないと、なかなか持って行くのが億劫なカメラ…。ミラーレス一眼としてはかなりコンパクトで軽いカメラでしたが、それでも2台持ち歩くのは結構難儀だったな…。

ちなみに今日は、2台のうち1台だけソフマップに持ち込みました。査定価格を見た上で、もう一台をどうするかを考えようと思いまして…。店員さんによれば、この機種の上限買取価格は、カメラ本体(レンズキット)が7000円、27ミリレンズが15000円とのこと。レンズの方が高いという、ちょっと意外な値付けです。もしかしたら、カメラ本体は既に旧型機種ですが、レンズの方は中古品がなかなか出なくて、しかも今でも欲しがる人が多いのかもしれません。

ともあれ、長年の愛機を手放すという、ちょっと寂しい夜です。今夜は秋葉原のメイド店で飲みつつ感傷に浸りたいと思います(苦笑)。

| | コメント (0)

2019.06.27

東戸塚駅でRX0(2台)の試し撮り

Dsc00042_lrl_640_20190627225401

今朝は出かける途中、東戸塚駅でホームに降りて、買ったばかりのデジタルカメラ…RX0(2台)を使った試し撮りに挑んでみました。この駅のホームからは、隣の貨物線を行く列車を比較的楽に撮ることができます。

上の画像は、左・右・左という配置(LRL形式)の立体画像です。左2枚で平行法、右2枚で交差法の立体視ができます。(クリックで拡大します)

さすがはRX0、手のひらサイズ(どころか、指先サイズに近いかも)の小型カメラなのに、画質はかなり良好です。このカメラ2台を台の上に付けた状態でも、まるでガリガリ君なみのサイズ感なのですから、立体カメラとしては非常に優れています。
そして、スマホアプリを使った2台同時シャッターも、無線制御にしてはかなり優秀です。(もっとも、上の写真はうまく左右が同期しましたが、他にも何枚か撮った写真はどれも、僅かにシャッタータイミングがズレていました。高速で走る列車を撮るには向かないかも知れません)

さて、このカメラで、次は人物を撮ってみたいな…。

| | コメント (0)

2019.06.26

立体写真撮影環境整備中

Dsc_293901 

ううむ、月曜火曜と二日連続で新しいカメラを買い、セッティングしたり試し撮りしたりマニュアルを調べたり…ついつい夜更かしが続いてしまい、今日はちょっと寝不足気味の一日でした。今夜は早く寝なければ…。

今回購入した2台のソニー「RX0」、既にプレート上にネジ止めしてあります。ネジを緩めれば左右のカメラの間隔(ステレオベース)も適宜調整可能。小さいカメラだけあって、ステレオベースを縮めるのも簡単です。
2台のカメラをスマホのアプリで操作し、同時にシャッターを切る(スマホ上でシャッターボタンを押す)のにも慣れてきました。今日は通勤途中、駅で電車の撮影を試したのですが、左右の同期はそれなりに良好です。
あまり速く動いている電車を撮ると、微妙に左右の画像で電車の位置がずれてしまいますが、速度の低い被写体なら大丈夫そうです。

撮った写真は自動でスマホに転送されます。
別途、ステレオ写真用のビューワーアプリを使うと、2枚の写真を左右に並べて立体視することもできます。これは便利。撮ってすぐに立体の具合を確認できます。

横位置のスマホの画面上に、左右2枚の写真を横並びで表示可能。そうなると、Google Cardboard Viewer(段ボールで簡単に自作できる、VR動画をスマホで見るためのビューワー)が利用できるでしょうか?
以前に知人から貰ったままずっと放置だった、日経新聞のオマケか何かで入手したビューワー。これを組み立ててスマホを組み込んで試してみました。…おお、なかなかの立体具合。
このビューワーを持ち歩けば、撮った写真をみんなに見てもらうことも容易になります。

今日はあまり色々とは撮影できなかったので、明日はもっと頑張ってみたいと思います。

| | コメント (0)

2019.06.25

RX0、直ちに二台目を購入

Screenshot_20190625212657

昨日は秋葉原でソニーのデジタルカメラ「RX0」を一台購入したわけですが…。

帰宅後、あれこれ試し撮りをしたり説明書など見ているうちに「もう一台を直ちに購入しなければ」という気持ちになってしまいました。ええ、このカメラ、何台も使って同期撮影してこそのカメラだと思います…。

そこで今日は、また仕事帰りに秋葉原に立ち寄り、二台目を購入してしまいました。購入後、とりあえず冷や汗を洗い流して気持ちを落ち着けようと「RAKU SPA 1010」に行って風呂で温まり、そしていつものメイド喫茶「JAM AKIHABARA」に行って夕食と酒、そしてカクテルを試し撮りしてみました。

スマートフォンの画面上で、2台のカメラを一度に制御し、同時にシャッターを切ることができます。(カメラを構えつつスマホ操作するのは少々面倒ですが…)。上の画像は、そのスマホのスクリーンショットです。平行法で一応、立体視は可能。カクテルのグラスが浮かび上がって見えるかと思います。

さて、これはしばらく毎日持ち歩いて、色々と立体撮影を試してみたいと思います。立体カメラ用途には、このRX0、かなり使い勝手が良さそうです。

| | コメント (0)

2019.06.24

RX0を買ってしまった…(まだ1台)

Dsc_293801

今日は仕事帰りに秋葉原へ。そして、あきばお~にてソニーのデジタルカメラ「RX0」を購入してしまいました。このシリーズ、新型が出た直後なので、RX0の価格相場はそこそこ下がり、5万円を切るくらいになっていました。

衝動買い…というわけではなく、まあそれなりに考えて決めた買い物ではありますが、やはりそれでも秋葉原での趣味の高い買い物の後は「あああ、やっちゃった…」という気分になってしまいます(苦笑)。購入後、すぐにいつものメイド喫茶「JAM AKIHABARA」に入り、日本酒と冷製パスタで酔いつつ過ごしているところです。

RX0…。指先に乗るような小型カメラにも関わらず、ソニーのデジタルカメラらしい高画質とのこと。それに、リモートケーブルでシャッターを切ることも可能らしくて…。そんなこんなを調べてみる限り、立体写真の撮影には最適では、と考えたわけです。

立体写真には2台必要になりますが、それなりに高いカメラなので、今日はとりあえず1台だけ購入してみました。これから色々と撮影を試み、「2台あれば立体撮影に最適」と判断できたところで、もう1台を購入するというつもりです。

一応、箱を開けて動作確認を試みてみましたが…メモリーカードが別売りだということが判明。しまった、買っておけば良かった…。時刻は8時半。今すぐにJAMを出たとして、まだ開いている店はありますでしょうか…?

| | コメント (0)

2018.05.28

大井川鐵道で撮ってきた立体写真

Dscf3122

Dscf3247

(LRL配置。左側2枚で平行法、右側2枚で交差法の立体視ができます)

昨日の大井川鐡道めぐりで撮ってきた写真を、今日はカメラからパソコンにコピーして、「ステレオフォトメーカー」を用いて編集作業に取り掛かりました。
といっても、約300組の立体写真、見るだけでついつい満足してしまいました。ステレオフォトメーカーで左右画像を並べて交差法でディスプレイいっぱいに表示し、目をずっと交差法にしたままで次々と画像を切り替えていくと、旅行の思い出が正に立体で蘇ってきます。特に、深い谷を見下ろすように撮った写真など、立体で見ると怖さまで感じてしまいます…。

とりあえず今日は、2枚をLRL配置で編集して、このブログに載せてみることにしました。

1枚目は井川線のアプトいちしろ駅で撮影した、これから連結しようとしているアプト式電気機関車の写真。ちょうど、歯車レールの噛み合わせの進入部分です。
2枚目は千頭駅で発車待ちをしているSL列車(この日はC56 44)の写真です。立体で見ると、横に流れた蒸気がちゃんと浮いて見えます。

蒸気機関車って、黒光りしていたり煙や蒸気が流れてきたり、やはり立体写真に向いた被写体なのかも知れません。もう一度大井川鐡道に行って、もっと機関車の写真を撮ってみたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.16

今夜はのんびり

土日は八ヶ岳の麓まで合宿に行き、昨夜はIngressを手に秋葉原を歩き回り…と、さすがに疲れが溜まってきたので、今日は仕事を終えたらさっさと帰ることにしました。(自宅でやるべき用事も溜まっているので…)
もっとも、早く帰宅して夕食は自炊というのも、それはそれで面倒なので、夕食はサイゼリヤに入りました。ここに入るのはしばらくぶりでしたが、その間に

・以前、期間限定でメニューに載っていた「アマトリチャーナ」がレギュラーメニュー化
・キッズメニューの間違い探しが「ペコリーノ」に更新

どちらも少々嬉しかったです。
アマトリチャーナを頼み、待っている間にキッズメニューを手に取って、交差法で間違い探しに挑み、数分ほどで全部(10か所)の間違いを見つけ出しました。
(立体写真趣味を続けたおかげで、裸眼立体視は平行法も交差法もすっかり慣れているので…)

久々のアマトリチャーナを賞味した後は、白ワインを少しずつ飲みつつ、タブレットとキーボードを取り出して原稿書きを開始。しばらく書いていて疲れてきて、ワインのデカンタも空いたところで、サイゼリヤを出て帰路につきました。
自宅に戻ったら、このブログ記事を書いて、その次はメールチェックをして、その後は先日の某所で撮った立体写真の編集作業に取り掛かる、というつもりです。
そんなわけで、今夜は早く寝たいのですが、結局夜更かししてしまうかも知れません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.16

サイゼリヤの間違い探し

ただいま、サイゼリヤで夕食を終えて、ワインを飲みつつのんびり過ごしています。
サイゼリヤに来たのは久しぶりですが、メニューを見たら、いつも「間違い探し」を掲載しているキッズメニューが新しくなっていました。(現在のテーマは「サイゼリヤの『青豆』甘さとやわらかさのヒミツ」です)

以前にも書きましたが、立体写真趣味をやっているうちに身につけた裸眼立体視のテクニック…特に交差法を用いると、この種の間違い探しはあっという間に解くことができます。
(立体には見えないかわり、左右で違っている部分がチラツいて見えます)

今夜も試してみました。
まちがい10個、そのうち8個を見つけた段階で、注文していた料理が到着してしまいました。その間、約3分くらいでしょうか。
食事後、もう一度間違い探しを再開。結局無事に10個のまちがいを発見できました。所要時間は全部で…5分か6分くらいだったかなと思います。
もっとも、答えを書いたらネタバレとしてサイゼリヤさんに叱られるかも知れないので、ここには書きませんが…。

それにしても、この「裸眼立体視を応用する」という方法、もし二枚の絵を左右反転にされたら、あるいは絵のサイズを微妙に左右で変えられたら、たちまち使用困難になってしまうので…。
そのような捻りを入れずに、素直な(にもかかわらず、通常のやり方では激しく難解な)間違い探しに徹してくれているサイゼリヤさんに、少し感謝しているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.01

段ボール製ビューア

今日は近所に買い物に出かけたり、スーパー銭湯に行って身体をほぐしたり…と、いつもの日曜といった感じの一日を過ごしました。
そんなわけで、今日はあまり書くネタが無いので…
昨日の「ステレオクラブ東京」の新年会で貰ってきたグッズを紹介してみようと思います。

Win_20150201_131652a

スマートフォンに平行法で表示したステレオ画像を見るための、段ボールで組み上げられたビューアです。
以前、会員に無料で配布したビューアとのことで、私も(自分のスマホに合うサイズのものを)無料でいただいてしまいました。ありがとうございます。
スマートフォンを差し込むための隙間があり、そこに差し込んだ状態でレンズを覗き込んでみると、画面の左半分が左目で、右半分が右目で見えるという仕掛けです。

このようなビューアに対応した画像は、既に動画アプリとして何種類もGoogle Playに載っているとのこと。まず勧められたのは「Dive City Coaster」という無料アプリでした。
ダウンロードして起動すると、画面が左右分割されて、ジェットコースターに乗っている視点での動画が平行法の立体動画として表示されます。
特筆すべきは、スマホのジャイロセンサーを活用して、画面を上に向けると上が見え、右に向けると右側の景色、左側に向けると左側の景色、という具合に連動することです。
この動画を再生した状態で、スマホをビューアにセットして、そしてレンズを覗き込むと…おお、凄い臨場感で、ジェットコースター搭乗中の景色が映し出されます。
上り坂を見上げることも、下り坂を見下ろすことも、左右の景色を見ることも可能。何だか身体が勝手に動いて、ジェットコースターに乗っている気分になってしまいます。
(新年会からの帰り道、一人で某メイド居酒屋に立ち寄って少々飲み足したのですが、このビューアをメイドさんに渡してみたら、非常に楽しんでいました)

動画だけでなく、自分がこれまでに撮り溜めた立体写真も、平行法でスマホに表示させれば見ることができます。
実際に何枚か試してみたら、すぐ目の前に被写体があるという感じ。裸眼立体視に比べても新鮮でした。

ちょっと惜しいのは、この段ボール製ビューア、折り畳むことができません。
何となく折り畳めそうな気がしたのですが、実際にセロテープ留めを外してみたら、何だかバラバラになってしまい…あわてて組み直しました。
何とか折り畳める構造に改良できないかな…と、少々考えているところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.01.04

羊の立体写真とIngress初体験

正月休み最終日の日曜。どこに行くかなと考えているうちに「羊の写真を撮りたい」という思いつきが湧いてきました。今年はひつじ年ですし、私はひつじ年生まれ…今年は年男ですから、年初めに羊の姿を見てみたいです。
横浜近辺で羊のいる場所はどこかなとググってみたら、金沢動物園にいることが判明。ここは横横道路の料金所と直結しているので、横横に乗れればすぐに到着できます。
そこで今日は、立体カメラを持って金沢動物園に行くことにしたわけですが…。

実は昨夜、Twitterを見ているうちに「Ingress」の話題が流れてきて…何だか急に興味が湧いてしまいました。
Googleが提供している無料スマホゲームで、Googleマップ上で行う陣取りゲームの一種…という程度の知識はおぼろげにありましたが、具体的にどんなものか知らなかったもので…。
今朝になってIngressのことを調べてみたら、次第に興味が膨らみました。世界中が青組と緑組に分かれて、現実世界をVRディスプレイ上で青や緑に染め合う…これは面白そうです。
さっそく自分のスマホにダウンロード。緑陣営を選びました。

その結果、今日は…
金沢動物園をひとりでのんびりと散歩しながら、そこかしこにあるポータルをハックし、その合間に動物を眺めたり写真を撮ったり…という、羊が目的なのかIngressが目的なのかと言われそうな時間を過ごしました。
金沢動物園の中にあるポータル、今日はほとんど青組に取られていましたが、一部には緑のポータルもありました。ともあれ、徒歩でポータル巡りをしているうちに、「なるほど、Ingressってこういうゲームなのか」と少しずつ実感できたような気がします。

今日撮影してきた羊の立体写真、ここに上げてみたいと思います。
写真は平行法、クリックで拡大します。

Dscf5911v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 Nintendo3DS対応 メイド・コスプレ店巡り(-2005) メイド・コスプレ店巡り2006 メイド・コスプレ店巡り2007 メイド・コスプレ店巡り2008 メイド・コスプレ店巡り2009 メイド・コスプレ店巡り2010 メイド・コスプレ店巡り2011 メイド・コスプレ店巡り2012 メイド・コスプレ店巡り2013 メイド・コスプレ店巡り2014 メイド・コスプレ店巡り2015 メイド・コスプレ店巡り2016 メイド・コスプレ店巡り2017 メイド・コスプレ店巡り2018 メイド・コスプレ店巡り2019 ロケット見物2006-2010 ロケット見物2011 ロケット見物2012 ロケット見物2013 ロケット見物2014 ロケット見物2016 初代プリウス愛用記 台湾旅行好き2009 台湾旅行好き2010 台湾旅行好き2011 台湾旅行好き2012 台湾旅行好き2013 台湾旅行好き2015 台湾旅行好き2016 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり 季】微妙に(略)試験日の感想 平たい引き出し整理法 微妙だけども真面目な話 微妙に(略)IT機器選び 微妙に(略)エス語使い 微妙に(略)コネタマ頼り 微妙に(略)バファリン日記 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 微妙に(略)モス巡り趣味 微妙に(略)ライフスタイル 微妙に(略)両利き練習 微妙に(略)乗り物趣味 微妙に(略)夢の記録 微妙に(略)好奇心の種 微妙に(略)投資日記 微妙に(略)日記帳 微妙に(略)楽しみ方 微妙に(略)空想ネタ 微妙に(略)立体写真趣味 微妙に(略)立体写真趣味-COS 微妙に(略)谷山浩子論 微妙に(略)飛行機趣味 微妙に(略)麻雀あそび 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行 臨】[2018年7-8月]南仏とリスボン旅行 臨】[2019年7月]フィンランド旅行