カテゴリー「微妙に(略)好奇心の種」の記事

2022.07.12

Duolingoでフランス語学習中

 

我が「毎日Duolingo」、既に今日で532日連続となりました。
(なお、連続記録が途切れても回復する機能(月一回限定)はありますが、一度も使ったことがありません)
そして今日は、フランス語コースがトロフィーレベル3になりました。

今日は帰りの電車の中でDuolingoのフランス語コースをやってて、「よし、もう一息でレベル3達成」というところで駅に到着して電車を下車。そして、調子が良かったため、そのまま駅のホームでフランス語を続行。やたらと蒸し暑いホームでしたが中断する気にならず、10分くらいはホームでスマホに夢中になっていました。
その後、さすがに暑かったので近くの立ち呑み屋に移動し、ビールを飲みながらラストスパート、そしてレベル3を達成したというわけです。ううむ、ちょっと夢中になり過ぎ…。この語学アプリの「ゲーム感覚で学習」は、確かに良く出来ています…(苦笑)。

最近の私のDuolingoレッスンは、フランス語を中心に進めていて、たまに息抜きにハワイ語やヒンディー語を少しやるという感じです。一つの言語だけだと飽きてくるので、時々違う言語をやると良い……いわゆる「ラーメンを途中で味変」に似た感じでしょうか。
なぜフランス語かというと、今度のカナダ旅行、目的地がモントリオール(フランス語圏)なので、少しでも覚えていったら楽しいかなと思いまして…。
実際、モントリオールのホテルでは、予約時に自動送信されてきたメールが確かに「Bonjour!」で始まっていました。

あと、せっかくハワイ語もやっているので、ハワイにも一度行ってみたいな…と思います。

| | | コメント (0)

2022.06.14

茨城で買ってきたピスタチオビスケット

20220614_204158

おとといの茨城日帰り旅、あれこれ買い物も楽しんだのですが、実際に開けてみるのは今日になってからでした。

まず開けてみたのは、古河のフラップタウンの食材屋さんで買ってきたパキスタン製のピスタチオビスケットでした。
400グラムで500円。個包装などにはなっておらず、開けるのに少々勇気がいる大きさでしたが、いざ開けてみると…なかなか素朴な外見で美味しそうなビスケットでした(開けた後は大きめのタッパーに入れました)。
さっそく食べてみると…ううむ、美味しいビスケットではありますが、ピスタチオの味はよく分かりませんでした。まあ、結構な枚数がありますし、これから少しずつ食べていきたいと思います。(コーヒーを入れたときに食べると合いそうです)

他に茨城で買ったものというと…。
日曜にクルマで出かけるときは、お出かけ先のどこかのスーパーに立ち寄って買い物をしてみるのが楽しみですが、今回はJR古河駅前のスーパーにしてみました。特に茨城らしいものが多いわけではありませんでしたが…レトルトカレーのコーナーに「オリエンタルマースカレー」があるのを見てついつい購入。別に茨城名物ではなく名古屋名物ですが、私が普段よく行く店では見かけないもので…。
あと、常磐道を帰りがけに立ち寄った守谷サービスエリア、ここも楽しいエリアでした。ここではドライ納豆を衝動買い。ただいまドライ納豆を食べつつパソコンに向かっているところです。何だか…止まらなくなりそうです。

| | | コメント (0)

2022.06.12

茨城日帰りクルマ旅

20220612_171918

今日は朝からクルマを走らせ、茨城県方面へと日帰りで出かけてきました。
主目的は古河のフラップタウン…前回は3月21日だったので約3ヶ月ぶりです。元々、ここにコンセプトカフェ「サンタクララ」が出来たのをきっかけに興味を持ち始めた場所ですが、「サンタクララ」の状況について最近はあまり情報が無く…。かわりに、パキスタン料理店「ドゥニヤ」の日曜限定ビリヤニが気に入り、再び食べたくなってきました。

ただ、フラップタウンに行く前に、まずは古河駅前の駐車場にクルマを停め、古河の街歩きを試みました。
今日はIngressの「セカンドサンデー」。ミッションを6つクリアすればメダルが貰えるという日です。この周辺で手頃なミッションはあるかなと探したら、ちょうど古河の街歩き1時間少々でクリアできる6連ミッションがありました。
ただ、古河駅から歩き始めたときは天気は落ち着いていたのですが、急に雷雲がやって来て…物凄い雨の中、雨宿りしながら移動する羽目になりました。それでも、雨はすぐに峠を越えて小降りになり、無事にミッション6つをクリア。
この途中で立ち寄った、永井路子旧宅が…実は「雨をやり過ごすため入館してみよう」という不純な理由で入ったのですが、ただひたすら懐かしい気持ちになりました。幼い頃に連れられて行った親戚の家の朧気な記憶…それを思い起こすような家。もちろんこの家そのものではありませんが、その頃の日本家屋には、このような佇まいの家が多かったような気がします。

20220612_121619

古河駅からクルマでフラップタウンに向かい、到着したのは午後1時半頃でした。「ドゥニヤ」店内に入ると店の夫婦(パキスタン人の夫と日本人の奥さん)に迎えられました。既にTwitter上ではすっかり知り合いになりまして…。
今日の日曜ビリヤニには、シリア式のケバブ「シャミケバブ」が添えられていました。見た目はハンバーグのようですが、ひよこ豆と肉で出来た料理で、食感は私にとって初めて体験する不思議なものでした。
ビリヤニもスパイスが本気で効いていて美味しく、食べている間、幸せな気分に包まれました。

20220612_133933

「ドゥニヤ」を出て「サンタクララ」の方を見ると、ドアが開いていて、横ではオーナーさんが作業中でした。話しかけてみたところ、今は休業中で7月には再開したいとのこと…。ちょっと残念でしたが、再開時には再び来てみたいと思います。

フラップタウンを出た後は、1時間ほどクルマを走らせて筑波山に向かいました。(一番上の写真)
筑波山温泉の日帰り入浴を探し、「つくば湯」へ。ところが、駐車場に入った頃、再び物凄い大雨…。しばらくクルマの中で待機しました。なかなか小降りにならないので、思い切って傘を差して小走りにクルマから玄関へ。ところが、着替えて露天風呂に出たときは既に空は晴れていました。ううむ、今日は天候に振り回された感じ…。
露天風呂からは筑波山の緑が良く見え、ロープウェイが動くのも小さく見えます。すっかり青空になり、いい気持ち…。長湯してしまいました。
風呂を出たらもう夕方。そろそろ帰らなければなりません。最後に、筑波山の麓の道路沿いでコインランドリーに入り、持参した洗濯物を洗って乾かしつつ、外に出て筑波山を眺めて過ごしました。
なかなか印象に残る日帰り旅。また茨城県にクルマで行ってみたいと思います。

20220612_182455
(コインランドリーの裏から見た夕方の筑波山)

| | | コメント (0)

2022.03.29

妖怪急行のラーメン

20220329_192933

先日のニュースで、米国のベンチャー企業が開発した YO-KAI express というラーメン自販機が羽田空港に設置されたと知り、ついつい好奇心が湧いてきました。
麺類の自動販売機なら、日本では数十年前に流行ってあちこちに普及。今はすっかり減ったものの、レトロ自販機として各地で動態保存されています。私も何回か「レトロ自販機巡り」の旅行を楽しんだものです。
それが、米国のベンチャーによって最新式が生み出され、日本にも上陸するとは…。やはりこれは実際に行って、実際に食べてみたいです。

Twitterなどで検索して調べると、どうも運用開始当初は調子が悪く、前の商品が出てから次は15分も待たされるなど、初期トラブルの情報がちらほら…。「行っても本当にラーメンにありつけるのかな?」と少々心配にはなりましたが、それでも今夜は羽田空港に行ってみることにしました。
場所は第2ターミナルの1階(到着ロビー階)です。24時間自販機コーナーがあるとのことで探してみたら…ターミナルの一番端、乗客よりむしろ従業員の方が多い通路にありました。中に入るとカウンター席と自販機が並び、そのうちの1台が確かに「YO-KAI express」でした。平日夜のためか、客の姿は無く、このラーメン自販機も客待ち状態でした。
タッチパネルを操作してラーメンの種類を選び(私は今夜は豚骨ラーメンを選びました)、代金を電子マネーで支払うと、機械の中から動作音が聞こえてきました。どんな動作でラーメンを調理しているのか、音を聞いていると何となく想像がつく気がします。(ただ、調理方法をあまり憶測で書くのも良くないので、今回の記事で書くのは控えますが…)

20220329_193209

扉が開くと、そこにはプラスチック製のラーメンどんぶりが鎮座していました。手を近付けると熱々です。やけどに気を付けながらどんぶりを持ち、カウンター席へと運びました。
どんぶりの上には透明シートの蓋が貼られていて、その真ん中には何かで刺して開けたような穴があります。蓋をはがすと、なかなかちゃんとした見た目のラーメンでした。

20220329_193416

食べてみると、絶品というほどではありませんが、しっかりした豚骨ラーメンでした。
ただ、ちょっと熱々すぎる気がします。それも、ラーメン屋で熱々のラーメンを食べるのとは少々違って、何だか「とげとげしい」感じの熱さです。うーん…もし「麺をお湯でゆでて水を切ってからスープを注ぐ」やり方なら、このような温度分布にはならないような気が…。

量的には多すぎず少なすぎずでしたが、何となく微妙に物足りない気分でした。
この自販機コーナーを出た隣には、弁当とおにぎりの自販機(普通の自販機で、温め機能などはありません)があります。既に弁当一個しか残っていませんが、その弁当を見ていると…何だか無性に食べたくなりました。(やはり先ほどのラーメンだけでは足りなかった…)
迷った末、結局この最後の一個の弁当を買いました。「得々満腹弁当」、揚げ物主体のお弁当ですが、自販機コーナーで食べ始めると何だかどんどんと箸が進んで、食べ終わるまであっという間でした。
うーん、正直、この弁当の方が自動販売機ラーメンより安いし、満足度も高かったような気がします。

20220329_194833

せっかく羽田空港に来たので、食後は展望デッキに出てしばらく飛行機を眺めて過ごし、満足したところで帰路につきました。

| | | コメント (0)

2022.03.14

ホワイトデーにはホワイト餃子

20220314_195537

普通の餃子の概念からは少々外れた、揚げ饅頭のような外見と歯ごたえの、でも味はしっかりとした「ホワイト餃子」。私も何回かは食べたことがありますが、最近はご無沙汰していました。
今日の昼休み、Twitterを見ていたら「ホワイト餃子食べた」という美味しそうな写真のツイートを見かけてしまい、「ああ、ホワイトデーだからホワイト餃子か」と思わず感心。そして今夜はぜひ食べたくなってしまいました。

20220314_193828

小田急相模原駅から徒歩で数分の「ギョウザの萬金」、神奈川県でホワイト餃子の店といえばここが唯一です。
これまでに私も数回は来たことがありますが、いずれもクルマで立ち寄ったものでした。電車で来るのは初めての筈…(実際、小田急相模原駅の駅前広場、見覚えがまるでありませんでした)。今夜は心置きなくビールでホワイト餃子を楽しめます。

生ビールを飲んで待ち、とうとうやってきた餃子。美味しかったです。
ただ、ライス無しでビールと餃子だけの夕食だったので、食べ終わった後「もう何個か食べたかったな…」という思いにはなりました。しかし、追加注文したら苦しくなるのは必至なので我慢。美味しいものの思い出は「もうちょっと食べたかった」くらいが丁度良い…そう自分に言い聞かせながら店を出ました。

小田急相模原の駅前通りは、夜8時を過ぎると閑散としていました。駅に戻って、小田急線の電車を乗り継いで帰路につきました。

| | | コメント (0)

2021.09.22

シェーキーズのカレーの食べ方を教わる

今日は仕事帰りの英会話の日でした。

今夜も、先生と食べ物の話であれこれ盛り上がったのですが、話題がシェーキーズ(横浜西口にある店、先生も良く行くそうで…)のことになったとき、「あの店の食べ放題にカレーがあるのは知ってる?」と質問されました。
シェーキーズのカレーライス、あれは日本のシェーキーズならではだなあ…などと思って聞いていたら、英会話の先生が語るカレーの食べ方がなかなかびっくりの内容でした。

  1. ピザを食べているとき、ピザの耳(crust)を残し、お皿に積み上げておく(薄い生地のピザがおすすめ)
  2. 満足するまでピザを食べたあと、ボウルにカレーを取ってくる(ライスは無し
  3. そのカレーの中に、ピザの耳を入れてよく混ぜる
  4. 好みに応じてポテトも入れる
  5. グリーンのタバスコ(レッドは駄目)をたっぷりとかけて食べる

……さすがに、これには思わず「incredible!!」と叫んでしまいました。いやはや、カレーライス好きの日本人には思いつかない食べ方です。
「後でネットに書きますよ」と言ったら、歓迎の表情を浮かべてくれたので、このブログにて書くことにした次第です。

もっとも、やはり感覚的には incredible ですが、想像したら案外美味しいかも知れません。
今度シェーキーズに行ったときに、試してみたいと思います。

Dsc_0252(とりあえず、先週シェーキーズに行った時の画像を…)

| | | コメント (0)

2021.09.10

美人さんなんだけど自分

うーん、ブログに写真を貼っていいものかどうか、ちょっと迷う…。

実は今日、何となくFaceApp(性別変換もできる画像加工アプリ)に興味を持ち、学生時代の自撮り画像(あまり画質は良くない)を加工させてみたのです。
もっとも、以前にもFaceAppは試してみたことはあるのですが、元の画質が低いため出来栄えもあまりパッとせず、それほど興味は持てませんでした。
ところが今日は、「高画質化アプリで画質を上げてからFaceAppしたらいいんじゃないか」と思いつきました。そこで実際にやってみたら、予想以上に綺麗に仕上がりまして…。

自分で言うのも何ですが、凄い美人さんです。
いや、もしかしたら、これを美人と感じるのは(元ネタである)私だけという可能性もありそうです。ともあれ、せっかくの美人画像なので、スマホの壁紙画像に設定してみました。
ところが、そうしたら何だか、スマホを見る度に理由不明の不安を感じてしまいます。ううむ、こんなに美人さんでも、やはり結局は自分だからなのかな…。結局、さっさと別の画像に張り替えてしまいました。

何とも形容しがたい気分になる画像です。さて、この記事に写真を貼るべきかどうか…。
(と、ここまで書いてしまった以上は、貼らないわけにはいきませんね…。「続きを読む」の先に貼ってみたいと思います)

続きを読む "美人さんなんだけど自分"

| | | コメント (2)

2021.09.09

今更ながら生ジョッキ缶を試し…

…泡がしばらく溢れ続けました(苦笑)。

今日は帰りがけにコンビニに寄って、今夜の飲み物を選んでいるうちに、アサヒスーパードライの「生ジョッキ缶」が目に留まりました。しばらく前、Twitterなどでも結構話題になっていたものです。
残暑が遠のいた九月、今更かも知れませんが、私も試しに買ってみたくなりました。

缶を見ると「冷蔵庫で冷やしてお飲みください」「12℃以上は吹きこぼれ注意」というステッカーがありました。
でも、まあいいか…家に帰ったらすぐに開けるし…。そう思っていたのですが、考えが甘かったです。
帰宅しておもむろに開けてみたら、まあ泡が出ること出ること。なかなか止まりそうにありません。机の上に溢れるビール、あわてて拭いていきます。ようやく停止して、泡まみれのプルタブを開けると、一応「ちょうど良い泡立ち具合」になっていました。

うーん。楽しい仕掛けの缶ビールだとは思うのですが、この溢れ方はちょっとどうかと…。
味は普通のスーパードライですが、泡がどんどん出た後なので、ちょっと炭酸が弱いような気がしました。

ともあれ、今夜の酒はこの生ジョッキ缶一本で我慢。これからちょっと急ぎのパソコン作業が待っています。まあ、缶ビール一本程度なら、作業の妨げにはならないでしょう。

| | | コメント (0)

2021.06.27

ブリトー食べたい

昨日、東海道線の電車に乗っていて、何だか突拍子も無く気付いたこと…
「辻堂って、ブリトーにちょっとだけ似てるな…」
すぐにスマホを取り出してツイートしてしまいました。

つじどう…ぶりとー…つじどう……ううむ、似てるような似てないような

そして今日になって、(藤沢のスーパー銭湯で湯上りの休憩中に)昨日のブリトーネタを思い出して、「辻堂駅周辺にブリトーを出す店ってあるかなあ」と気になりました。
スマホでグーグルマップを開き、辻堂駅周辺を拡大して「ブリトー」で検索してみると、おお、何か所かの店でブリトーの写真が上がっていました。なかなか美味しそうです。

そんなわけで、いずれ辻堂にブリトーを食べに行ってみたいなと思います。
(こんな理由で辻堂まで…とも少々思いますが、まあこれも何らかの縁だということで…)

| | | コメント (0)

2021.05.30

Storrowedという英単語

数日前にTwitter上で知った豆知識なのですが、なかなか興味深い話なので、ブログの方でもまとめてみたいと思います。
ちなみに、今のところは「Storrowed」でググっても日本語のウェブページはほとんどないので、もしかしたら有用な記事になるかも知れません(?)。

私のTwitterでのフォローやフォロワーの中には、人工言語トキポナの人たちが何人かいます。
エスペラント語でもそうですが、人気とユーザーを得た人工言語の場合、知り合いは世界中に分散していて、ネットを使えば「世界中の人と知り合いになって情報交換」できるようになります。もっとも、エスペラント語とトキポナ語では規模が2桁違う上、そのコミュニティの性格も何となく違ってくる気はします。
ともあれ、トキポナ語で繋がったアメリカの人(元ボストン在住)が、なかなか目を引くツイートを引用していました。

Storrowed? それってどういう意味?
初めて聞いた英単語だったので、すぐにググってみましたが、オンライン英和辞書には載っていませんでした。トラックがこのように天井を壊してしまうという意味だとは推察できますが…。(ちなみに、カタカナ語の「ストロー」はstrawなので無関係です)
興味を持ってあれこれ調べてみたり、引用していた人にTwitterで教えてもらったり…。その結果、どうもこれはボストン限定の(しかしボストンでは普通に新聞に出るくらい有名な)ローカル単語らしいと分かってきました。
どんなことが分かったか、箇条書きにしてみます。

  • マサチューセッツ州ボストンの中心部、チャールズ川の南岸に沿って「ストロー・ドライブ」(Storrow Drive)という道路がある
  • この道路には陸橋がいくつもかかっているが、橋の高さが低いものが多く、通れる自動車の高さ制限がきつい
  • もちろん警告標識はたくさん出ているが、それを無視して(または見落として)道路に入り、トラックの屋根を壊してしまう事故が後を絶たない
  • 屋根を壊す事故があまりにも多いため、ボストンではいつしか、この事故を表すStorrowという動詞が誕生してしまった
  • 最も多発する「Storrowing Season」はアメリカの大学の新学期が始まる前後、学生の引っ越しが増える8月下旬から9月上旬
  • この時期は新入生がレンタカーのトラックを借り、不慣れなボストンの街を走るので、知らずにストロー・ドライブに入ってしまう者も多くなる
  • Storrowedな事故を防ぐための呼びかけは、ネットで検索しても色々と出てくる
  • 例えば、ボストンのあるビール醸造所ではStorrowed事故トラックの図柄のダブルIPAビール、その名も「Storrowed」を販売しているくらいである

何というか…興味深さを感じました。ボストン特有の社会現象、そしてボストン特有の単語。
そして、この単語を知る機会を得た偶然…。もし私がトキポナ語に手を出していなかったら、ボストンの人と知り合ってツイートを見る機会はなかなか無かったでしょうし、この「Storrowed」も知ることは無かったでしょう。

最後に、レゴで作った ”Storrowed Drive” の動画があるのを見かけたので、ここに張ってみたいと思います。
いやはや、レゴでも事故が再現されているなんて…

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 Nintendo3DS対応 メイド・コスプレ店巡り(-2005) メイド・コスプレ店巡り2006 メイド・コスプレ店巡り2007 メイド・コスプレ店巡り2008 メイド・コスプレ店巡り2009 メイド・コスプレ店巡り2010 メイド・コスプレ店巡り2011 メイド・コスプレ店巡り2012 メイド・コスプレ店巡り2013 メイド・コスプレ店巡り2014 メイド・コスプレ店巡り2015 メイド・コスプレ店巡り2016 メイド・コスプレ店巡り2017 メイド・コスプレ店巡り2018 メイド・コスプレ店巡り2019 メイド・コスプレ店巡り2020 メイド・コスプレ店巡り2021 メイド・コスプレ店巡り2022 ロケット見物2006-2010 ロケット見物2011 ロケット見物2012 ロケット見物2013 ロケット見物2014 ロケット見物2016 初代プリウス愛用記 台湾旅行好き2009 台湾旅行好き2010 台湾旅行好き2011 台湾旅行好き2012 台湾旅行好き2013 台湾旅行好き2015 台湾旅行好き2016 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり 季】微妙に(略)試験日の感想 平たい引き出し整理法 微妙だけども真面目な話 微妙に(略)IT機器選び 微妙に(略)エス語使い 微妙に(略)コネタマ頼り 微妙に(略)バファリン日記 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 微妙に(略)モス巡り趣味 微妙に(略)ライフスタイル 微妙に(略)両利き練習 微妙に(略)乗り物趣味 微妙に(略)夢の記録 微妙に(略)好奇心の種 微妙に(略)投資日記 微妙に(略)日記帳 微妙に(略)楽しみ方 微妙に(略)空想ネタ 微妙に(略)立体写真趣味 微妙に(略)立体写真趣味-COS 微妙に(略)谷山浩子論 微妙に(略)飛行機趣味 微妙に(略)麻雀あそび 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行 臨】[2018年7-8月]南仏とリスボン旅行 臨】[2019年7月]フィンランド旅行 臨】[2022年8月]カナダ横断と世界E大会