カテゴリー「微妙に(略)好奇心の種」の記事

2018.02.02

オールドベイ試行錯誤中

Dsc_022801

昨日に続いてまた、アメリカの調味料「オールドベイ」の話を…。

昨夜、オールドベイをまぶして作ってみた「サワラの炊き込みご飯」、見た目は手抜きそのものですが、味はなかなか良好に仕上がりました。
辛さはあまり感じず、香りも「ちょっとセロリっぽいかな?」程度だったので、オールドベイの入れ方がどうも少なめだったかも知れません。それでも、やはりシーフードに合うというのは本当のようです。魚の臭みをうまく取り除いてくれる効能のスパイス、という感じでしょうか。
ちゃんと魚の味わいが程よく御飯に染みわたっていて、たちまち平らげてしまいました。

今日は、何となく「オールドベイ味のポップコーンが食べたい」という気分になり、鍋を使ってポップコーンを作ってみました。
加熱前のコーンにオールドベイをふりかけてから、加熱してポンポンとポップコーンを作る…というのを試みたのですが、これは失敗でした。作ったあとの鍋底に、オールドベイの粉末が黒焦げで残ってしまって…。
気を取り直して、出来上がったポップコーンに改めてオールドベイをまぶして混ぜ込みました。

Dsc_023001

セロリ系の香りがほんのり漂う、ちょっとピリ辛なポップコーンになりました。
この味、食べていると案外、ついつい停まらなくなります。結局、片手鍋一杯分のポップコーンを、スマホでも操作しながらつまみ続け、数分で食べ終わってしまいました。

そんなわけで、このオールドベイ、すっかり気に入ってしまいました。
今度はシーフードパスタでも作ってみようかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.01

オールドベイを開封

Dsc_022601

先月12日に英会話教室で教えてもらって興味を持ち、Amazonで注文したものの、待っても待ってもなかなか来なかったアメリカの調味料「OLD BAY」。
昨日のまとめ記事では「早く来い来いオールドベイ」などと書いてしまったものですが、そのあと帰宅したところ、ちょうど到着していました。カリフォルニア州のショップから郵便で送られてきた小さな包みです。
そこで今日は、仕事を終えたら買い物してすぐに帰宅し、いよいよこの荷物を開けてみることにしました。

上の写真のとおり、黄色と青の容器(蓋は赤)に入った赤い粉末の調味料です。
何となく辛そうな色をしていますが、英会話の先生によればそんなにHotではないとのこと…。においをかいでみると、何だかセロリ粉末のような香りが印象的です。
とりあえず味見は…そのままスナック類にかけても美味しいそうなので、ポテトチップス(うすしお味)にかけて試してみました。確かに辛さはそれほどではありません。香りもそこまできつくなく…ううむ、何となくピンときません。でも、この赤い粉が少しかかったチップ、微妙にスパイシーな隠し味が効いているような気がします。

さて、それでは料理でも…。
シーフードに合うとのことなので、帰りがけにスーパーでサワラの切り身(消費期限間近で半額だったもの)を買ってきました。この切り身にオールドベイをふりかけ、表面が軽く赤色に染まる程度にまぶしました。
そして、一人用炊飯器の米の上に載せて、炊き込みご飯を作ろうとしているところです。(なんでもかんでも炊き込みご飯にしてしまうという手法も、英会話の先生に教わりました…)

そんなわけでただいま、部屋の中には、オールドベイのセロリっぽい匂いが立ち込めています。
さて、味は果たしてどんな感じでしょうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.14

小銭入れダウンサイジング

Dsc_0212

先週水曜日に新しく買った小銭入れ。数日を経て、だいぶ使い慣れてきました。

実は去年の大晦日、よりによって「さて、初日の出ドライブに出発だ」というタイミングで、それまで使っていた小銭入れのチャックが壊れてしまいました(汗)。修理困難な壊れ方だったので、とりあえずドライブ中は有り合わせの袋を小銭入れ代わりに使用しました。
元日に初日の出と初詣から帰宅したら、さっそく代わりの小銭入れを探しました。結果、正月明けまでの数日間(福岡旅行中も含む)は、私の小銭入れは…昔クレーンゲームで取ったカピバラさんの小銭入れでした。(おっさんが使うには可愛すぎますが…)
先週水曜日、18きっぷ消化をかねて赤羽の「麹料理花恵」に行ったとき、赤羽駅の通路でカバン類の店が出ているのを見かけました。JR東日本の大きな駅だと時々構内で見かける臨時売店です。「おお、やっと出会えた」と思って覗いてみました。カバンだけでなく財布や小銭入れもいろいろと並んでいます。

そして、小銭入れを選んでいるうちに、ふと思いついたのが、
「一番小さな小銭入れを使ったらどうなるだろう?」
という疑問と興味でした。

財布や小銭入れといった身の回り品。その使い勝手や機能に毎日接していたら、自分自身の行動パターンや生活習慣にも何らかの影響を及ぼすものなのかも知れません。そうだとしたら、わざと小銭入れを小さくしてみたら、何かが起こりそうな気がしたのです。
すぐ思いつくところでは「小銭が多くなるのを何となく避けるようになり、クレジットカードの利用頻度が高くなるかも」。あるいは、「小銭入れが一円玉や五円玉で膨らむのを嫌って、ついつい募金箱に入れてしまうようになるかも」…。
そして、「これじゃ幾らなんでも小さすぎないか?」と心配しつつ購入したのが、その売場にあった一番小さな小銭入れ(上の写真)でした。
十円玉や百円玉と比較すると、かなり小さいとお分かりいただけるかと思います。

そして、数日が経過した今日の時点では、こんな印象を抱いています。

・キャッシュレス度は確かにちょっと増えたかも知れません。特に、端数のおつりが出やすいスーパーやコンビニでは、ついつい電子マネーやクレジットカードを使うようになりました。
・小銭の手持ちはあまり増えなくなりました。現金払いのとき、お札を崩す頻度も減っているかも知れません。
・支払いの後、レシートを無造作に小銭入れに突っ込んでしまう癖があったのですが、ほぼ治ってきました。レシートは…かわりにコートのポケットに無造作に突っ込んでいます(苦笑)。
・小銭入れが小さすぎて、ポケットがちょっと寂しい感じです。

さて、この「小銭入れのダウンサイジング」がもしうまくいったら、次は札入れとカード入れもダウンサイジングしてみたいです。常に持ち歩くカードの枚数を、いかにして上手に削減できるでしょうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.12

オールドベイ

今日は帰りがけに英会話に行ってきました(今年初めて)。
しばらく間が開いてしまったため、今日はあまりしっかりした勉強時間ではなく、先生と英語で雑談して気楽に過ごしました。話題は食べ物の話ばかり。どうも先生が空腹だったようです(笑)。私は夕食をとってから英会話に行ったのですが、それでも食欲をそそられる話ばかりでした。

で、アメリカの蟹(ブルークラブ)や海老の話になったとき、先生が紹介してくれたのが「Old Bay」という調味料でした。
初めて聞く名前の調味料。先生がスマホで検索して写真を見せてくれましたが、赤と黄色の缶に入った真っ赤な粉末の調味料です。なんだか激辛のような外見ですが、先生によれば spicy ではあるものの hot ではないとのこと。
「どんな味ですか?」と質問してみましたが、どうやら先生にも言葉で説明できそうにない味みたいで…。ますます謎と好奇心が深まってしまいました。

英会話を終えた後、「そういえば駅ビル内に輸入食品の店があったはず」と思い、直ちに行ってみましたが、残念ながらOld Bayは置いてありませんでした。

ネットで調べると、Amazon(日本のアマゾンでも)で入手可能なようです。
もっとも、170グラムで1280円とのこと…。ううむ、ちょっと多くて余らせそうな予感が…。そんなわけで、ポチっと購入してみるべきかどうか、まだ少々迷っているところです。
(先生の話では、蟹にも海老にも、その他各種のシーフードにも、そしてもちろん色々な肉類にも合うようです。かなりアメリカでは有名な調味料らしいので、もしかしたら去年のアメリカ旅行のとき、どこかで既に口にしていたかも知れません…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.28

加速度計アプリ

今朝乗っていたJR線の電車、どうも何となく、運転士のブレーキのかけ方が強めでした。乗り心地が今一つで、何だかJR東日本のお客様相談室あたりに連絡したくなるくらいでした…。
「でも、ただ乗り心地が悪いというだけでは説得力が無いから、運転の上手下手を測って客観的データで示す方法があればいいんだけど…」

そこで思い出したのがスマホでした。最近のスマホの多くには加速度センサーも内蔵されている筈です。それなら、加速度センサーのデータを使った加速度計アプリというのも可能でしょう。
早速、我がAndroidスマホ(ソニーのXPERIA)でGoogle Playストアを開いて「加速度計」で検索してみたところ、確かに加速度計アプリがいくつも公開されていました。DL数が一番多いものを選んでダウンロードし、電車の中で試してみました。
最初はちょっと操作にまごつきましたが、やがて加速度測定のコツが掴めてきました。
確かに、電車の加速や減速中、それらしき加速度の値が画面に表示されます。Wikipediaで「E233系電車」を開いて加速度の仕様を調べてみると、なるほど、大体そのくらいの加速度でした。

スマホを使えば、乗っている電車の運転の上手下手も調べられる…。ううむ、時代も進んだものだなあと思います。
もっとも、私が今日探してみた限りでは、乗り物の加速度測定に特化したようなアプリはなかなか見つかりませんでした。
もうちょっと念入りに探せば、クルマ用のアプリはもしかすると存在するかも知れませんが、電車用は難しいかも知れません。でも、また後ほど、気が向いたときにでも探してみたいと思います。
(無ければ自分で作る…と言いたいところですが、私にはAndroidアプリを作る技術は残念ながらありません…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.26

西川口に蘭州牛肉麺を食べに行く

Dsc_000301

最近、Twitterで中国関係のツイートを見ていて知ったのですが、かつて風俗街として知られていた西川口の繁華街が、最近は本場の中華料理店が多数開店して、現在進行形のチャイナタウンになっているとのこと…。
なかなか興味をそそられるトレンドですし、特に「ザムザムの泉」という蘭州牛肉麺の店が評判になりつつあると知って、一度行ってみたいと思っていました。

今日は夕方、横浜から湘南新宿ラインに乗って赤羽で降り、京浜東北線に乗り換えて西川口で下車しました。
Googleマップを頼りに、ときどき立ち止まってポケモンGO(今日はガルーラの解放イベントなので…)をやりつつ、夕暮れの町並みを歩いていきます。確かに、あちこちに中華料理の店、しかも看板やメニューが中国語で書かれている店が並んでいます。何だか美味しそうな名前の料理もあれこれと…。
通りを歩く人たちも、中国語で話しながら歩く人が多かったです。なるほど…何となく不思議な感覚、まるで中国の路地を歩いているような気持ちになってきました。

ザ・プライス(ヨーカ堂系のスーパー)の角を入ったところに「ザムザムの泉」があります。
まだ開店して間もないためか、現在のメニューは「蘭州牛肉麺」だけ。そのかわり、麺の種類を6種類の中から選ぶことができます。
一番太い麺は数センチの幅がある平たい麺です。…あ、この主の極太麺、ちょっと憧れる…。(桶川の「大木うどん」や群馬のひもかわうどんなど、和麺では何回か経験があります)
結局、麺の太さはこの幅広の極太麺にしてみました。

ここの牛肉麺、美味しかったです。
味の良い牛肉スープの中に、数センチ幅の麺。あまりに幅広すぎて、箸で掴むのが非常に大変な麺でしたが、歯触りも喉越しも良好でした。(この牛肉麺を食べながら、群馬のひもかわうどんを食べた経験を少し思い出していました…)
大盛りではなく普通盛りでしたが量も十分でした。食べ終わり、スープも最後まで飲み終わると、すっかり満腹になりました。
これはもう一度食べたいな…。次は、別の太さの麺にも挑戦してみたいです。

ザムザムの泉を出た後は、Ingressのミッションを一つ進めながら西川口駅に戻りました。
そして、電車に2駅乗って赤羽に立ち寄り、既に何回も行っている店「麹料理 花恵」にて酒を飲みつつ一休みしてから、赤羽で上野東京ラインに乗って帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.06

大学翻訳センター麦酒

Dsc_218901_2

最近お気に入りのクラフトビールバー「横浜ベイブルーイング」。今日もビールが飲みたくなって仕事帰りに行ってみたのですが、ビールのメニューを見て「…え、DHC??」と少々驚いてしまいました。
いろいろなクラフトビールのロゴマークが並ぶメニュー、その中に、あの健康食品でおなじみのDHCのロゴが入っているというのは、何だか物凄く強烈な印象でした。

好奇心に駆られて、つい一杯注文してしまいました。
「DHCがビール作ってるなんて知りませんでした」
「ええ、御殿場で地ビールやってた米久の事業をDHCが買収したんです」
ああ、聞いたことがあるような気が…確か御殿場高原ビールだったかな…。

DHCラガービール、一口目、何だか不思議な芳香が鼻から抜けていく感じでした。
おお、ユニークなビール…と思いましたが、この芳香以外は比較的普通で、万人向けの飲みやすいビールという印象でした。美味しいことは美味しいですが、最近の私はクラフトビール屋さんでは癖の強いビールを積極的に試したい気分でして…。その点ではちょっと物足りないかな…。

それでも、「なぜDHCがビール?」という疑問はなかなか拭えませんでしたが…
考えてみれば、もともと大学向け翻訳事業をしていた会社が化粧品や健康食品で成功して有名になった、というのがDHC(大学翻訳センターの略)なわけですから、この次にビールで有名になったとしても、あまり不思議ではないのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.06

うのつく食べ物…

「そういえば今年の土用の丑の日は2回あって、今日は2回目だったなぁ…」

と、夕食のためジョリーパスタに入ったところで思い出しました。
丑の日には、うなぎではなく「うのつく食べ物なら何でも良い」という最近の(?)風習。今夜は結局、海の幸のスパゲティで夕食にしました。そして、食後のコーヒーなど飲みながら、のんびり過ごしています。

さて、1回目の丑の日は7月25日だったわけですが、そのとき私はちょうどソウル滞在中でした。
韓国語で「う」(우)で始まる食べ物は…私の貧弱な韓国語語彙だと「うゆ」(우유)、つまり牛乳しか思い浮かばなかったので、とりあえず牛乳を買って写真にとって飲んで、そして次のツイートをしてみたものです。

韓国旅行中にいくつかツイートした中で、これが一番リツイートとファボが多かったというのは、ううむ何とも…。
調べてみると、牛乳が「うゆ」というのが何となく可愛いためか、あるいはソウル牛乳が韓流スターを結構起用しているためか、韓国語勉強中の韓流ファンには知名度が高い単語のようです。

まあ、こんな「うのつく食べ物」なる風習が無かったら、韓国旅行中に牛乳を飲んでソウル牛乳に興味を持って調べるなんてことは多分無かったわけで…。
ソウル牛乳、味はちゃんとした牛乳で、なかなか美味しかったです。「低温殺菌かな?」とも思ったのですが、パッケージのハングルを頑張って解読してみたら、どうやら日本で主流の方法と同様、超高温で数秒間の殺菌のようでした。
パッケージには80周年記念ロゴも付いています。韓国でも、牛乳を飲む習慣は少なくとも80年の歴史があるのですね…。何となく、韓国の乳業史に対する興味が湧いてきましたが…韓国語を読み解きながら調べるのは結構大変かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.09

本牧の四角いピザ

Dsc_128401

昨日のことですが、横浜のタウン情報サイト「はまれぽ」を見ていたら、「本牧のピザは四角いのが普通で、しかも最近は店が増えている」という話題が取り上げられているのに気付きました。

http://hamarepo.com/story.php?story_id=6201

これは美味しそう、食べてみたい…。
しかし昨日はクルマで出かけていたため、「せっかくピザ食べに行っても飲めないのでは…」と思い、今日に先送りしてしまいました。

今日になって気付いたのですが、上の記事で取り上げられている3つの店のうち、日曜日にも開いているのは「KIKUCHI」だけです…。ちゃんとしたフレンチのレストラン、ちょっと値段的に敷居が高い店ですが、それでも今日は思い切って行ってみることにしました。
今日は横浜の某所で某会の打ち合わせ。ちょうど、「終わった後の懇親会をセッティングしてください」と依頼されたため、この懇親会の名目で8人で夕方の「KIKUCHI」に向かいました。

四角いピザ。薄くて少しカリっとした感じで、しかも食材の味が非常に良好でした。(シーフードのピザを食べて「おお、これぞシーフード」という感動を味わったのは初めてかも知れません)
お店を取り仕切る夫婦はとても話好きで親切で、私たちが「ピザの写真を撮りたい」と言うと、カットする前のピザをわざわざ持ってきてテーブルにうまく並べてくれました。

ピザの他の食べ物も、そして酒も美味しく…。本会の8人全員、大いに満足して店を出ました。やはり値段はちょっと高めでしたが、それだけの価値はある店だと思います。

ただし…、この店だけでは「本牧の四角いピザ」は未だ食べ足りません。
これからしばらく、何回か本牧に通って「四角いピザの店」を食べ歩いてみたいな…と思っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.21

伊豆大島のカプセルホテル

Dsc_088901

伊豆大島への旅行を終えて連休明け。
今日は仕事を定時で終えた後、帰りがけにスーパーで鳥唐揚げを買ってから帰りました。この唐揚げに、大島で買ってきた青唐辛子醤油をかけて、大島での思い出の味をちょっと再現。そして島の焼酎「御神火」をちびちび飲みながら、このブログ記事を書いています。
(大島の居酒屋、そして翌朝の食堂で、青唐辛子の効いたピリ辛の唐揚げが印象的だったので…)

さて、今回の伊豆大島旅行で泊まった宿は、元町にある「カプセルホテル アイランド伊豆大島」でした。
旅行計画中に地図を見ていて、「え?大島にカプセルホテルがあるの?」と少々意外だったので…。好奇心が湧いてきて、ついつい今回はカプセルホテルにしてみました。
このカプセルホテルのカプセルは、概ね普通のものでした。テレビは無かったものの、換気設備はしっかりしていて室温や寝心地は問題なし。カプセルの外の通路には個別のロッカーも並んでいて、荷物を置くのにも不便はありません。
そして、ホテルの女将さんが親切で世話好きの人でして…なかなか心和やかに過ごすことができました。(カプセルホテルで「女将さんが親切」というのも、都会の感覚では妙なことですが…伊豆大島だと普通に感じてしまいます)

Dsc_082801

このカプセルホテルで、私がちょっと注目したのは、中に入ったときの微妙に不思議な雰囲気でした。
そこそこ古い二階建ての建物です。何かの店だったのを改装したのかな…と思っていたのですが、中に入ると何となく高い天井、広い室内、声が適度に反響する空間…。その広い部屋を衝立で半分に区切り、向こう側は眼鏡屋さん、こちら側がカプセルホテルのロビーとフロントになっています。
カプセルルームは、このフロント前から頑丈なドアを開け、階段を上がって二階にあります。この階段がまた…地味な色合いの石造りで、ちょっと薄暗くて時代がかった雰囲気です。そして踊り場には大きな油絵が飾られています。(冒頭の写真)
二階は天井が極端に高いわけでもなく、普通の…元々事務所だったような感じの部屋でした。そこにカプセルが並べられています。

この建物はもしや…と思い、翌朝、女将さんに質問してみました。

続きを読む "伊豆大島のカプセルホテル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 | Nintendo3DS対応 | メイド・コスプレ店巡り(-2005) | メイド・コスプレ店巡り2006 | メイド・コスプレ店巡り2007 | メイド・コスプレ店巡り2008 | メイド・コスプレ店巡り2009 | メイド・コスプレ店巡り2010 | メイド・コスプレ店巡り2011 | メイド・コスプレ店巡り2012 | メイド・コスプレ店巡り2013 | メイド・コスプレ店巡り2014 | メイド・コスプレ店巡り2015 | メイド・コスプレ店巡り2016 | メイド・コスプレ店巡り2017 | メイド・コスプレ店巡り2018 | ロケット見物2006-2010 | ロケット見物2011 | ロケット見物2012 | ロケット見物2013 | ロケット見物2014 | ロケット見物2016 | 初代プリウス愛用記 | 台湾旅行好き2009 | 台湾旅行好き2010 | 台湾旅行好き2011 | 台湾旅行好き2012 | 台湾旅行好き2013 | 台湾旅行好き2015 | 台湾旅行好き2016 | 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり | 季】微妙に(略)試験日の感想 | 微妙だけども真面目な話 | 微妙に(略)IT機器選び | 微妙に(略)エス語使い | 微妙に(略)コネタマ頼り | 微妙に(略)バファリン日記 | 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 | 微妙に(略)モス巡り趣味 | 微妙に(略)ライフスタイル | 微妙に(略)両利き練習 | 微妙に(略)乗り物趣味 | 微妙に(略)夢の記録 | 微妙に(略)好奇心の種 | 微妙に(略)投資日記 | 微妙に(略)日記帳 | 微妙に(略)楽しみ方 | 微妙に(略)空想ネタ | 微妙に(略)立体写真趣味 | 微妙に(略)立体写真趣味-COS | 微妙に(略)谷山浩子論 | 微妙に(略)飛行機趣味 | 微妙に(略)麻雀あそび | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 | 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 | 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 | 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 | 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 | 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 | 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 | 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり | 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 | 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り | 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 | 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 | 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 | 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 | 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 | 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 | 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 | 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 | 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 | 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 | 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 | 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 | 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 | 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 | 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 | 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 | 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 | 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行