カテゴリー「微妙に(略)好奇心の種」の記事

2021.09.22

シェーキーズのカレーの食べ方を教わる

今日は仕事帰りの英会話の日でした。

今夜も、先生と食べ物の話であれこれ盛り上がったのですが、話題がシェーキーズ(横浜西口にある店、先生も良く行くそうで…)のことになったとき、「あの店の食べ放題にカレーがあるのは知ってる?」と質問されました。
シェーキーズのカレーライス、あれは日本のシェーキーズならではだなあ…などと思って聞いていたら、英会話の先生が語るカレーの食べ方がなかなかびっくりの内容でした。

  1. ピザを食べているとき、ピザの耳(crust)を残し、お皿に積み上げておく(薄い生地のピザがおすすめ)
  2. 満足するまでピザを食べたあと、ボウルにカレーを取ってくる(ライスは無し
  3. そのカレーの中に、ピザの耳を入れてよく混ぜる
  4. 好みに応じてポテトも入れる
  5. グリーンのタバスコ(レッドは駄目)をたっぷりとかけて食べる

……さすがに、これには思わず「incredible!!」と叫んでしまいました。いやはや、カレーライス好きの日本人には思いつかない食べ方です。
「後でネットに書きますよ」と言ったら、歓迎の表情を浮かべてくれたので、このブログにて書くことにした次第です。

もっとも、やはり感覚的には incredible ですが、想像したら案外美味しいかも知れません。
今度シェーキーズに行ったときに、試してみたいと思います。

Dsc_0252(とりあえず、先週シェーキーズに行った時の画像を…)

| | | コメント (0)

2021.09.10

美人さんなんだけど自分

うーん、ブログに写真を貼っていいものかどうか、ちょっと迷う…。

実は今日、何となくFaceApp(性別変換もできる画像加工アプリ)に興味を持ち、学生時代の自撮り画像(あまり画質は良くない)を加工させてみたのです。
もっとも、以前にもFaceAppは試してみたことはあるのですが、元の画質が低いため出来栄えもあまりパッとせず、それほど興味は持てませんでした。
ところが今日は、「高画質化アプリで画質を上げてからFaceAppしたらいいんじゃないか」と思いつきました。そこで実際にやってみたら、予想以上に綺麗に仕上がりまして…。

自分で言うのも何ですが、凄い美人さんです。
いや、もしかしたら、これを美人と感じるのは(元ネタである)私だけという可能性もありそうです。ともあれ、せっかくの美人画像なので、スマホの壁紙画像に設定してみました。
ところが、そうしたら何だか、スマホを見る度に理由不明の不安を感じてしまいます。ううむ、こんなに美人さんでも、やはり結局は自分だからなのかな…。結局、さっさと別の画像に張り替えてしまいました。

何とも形容しがたい気分になる画像です。さて、この記事に写真を貼るべきかどうか…。
(と、ここまで書いてしまった以上は、貼らないわけにはいきませんね…。「続きを読む」の先に貼ってみたいと思います)

続きを読む "美人さんなんだけど自分"

| | | コメント (2)

2021.09.09

今更ながら生ジョッキ缶を試し…

…泡がしばらく溢れ続けました(苦笑)。

今日は帰りがけにコンビニに寄って、今夜の飲み物を選んでいるうちに、アサヒスーパードライの「生ジョッキ缶」が目に留まりました。しばらく前、Twitterなどでも結構話題になっていたものです。
残暑が遠のいた九月、今更かも知れませんが、私も試しに買ってみたくなりました。

缶を見ると「冷蔵庫で冷やしてお飲みください」「12℃以上は吹きこぼれ注意」というステッカーがありました。
でも、まあいいか…家に帰ったらすぐに開けるし…。そう思っていたのですが、考えが甘かったです。
帰宅しておもむろに開けてみたら、まあ泡が出ること出ること。なかなか止まりそうにありません。机の上に溢れるビール、あわてて拭いていきます。ようやく停止して、泡まみれのプルタブを開けると、一応「ちょうど良い泡立ち具合」になっていました。

うーん。楽しい仕掛けの缶ビールだとは思うのですが、この溢れ方はちょっとどうかと…。
味は普通のスーパードライですが、泡がどんどん出た後なので、ちょっと炭酸が弱いような気がしました。

ともあれ、今夜の酒はこの生ジョッキ缶一本で我慢。これからちょっと急ぎのパソコン作業が待っています。まあ、缶ビール一本程度なら、作業の妨げにはならないでしょう。

| | | コメント (0)

2021.06.27

ブリトー食べたい

昨日、東海道線の電車に乗っていて、何だか突拍子も無く気付いたこと…
「辻堂って、ブリトーにちょっとだけ似てるな…」
すぐにスマホを取り出してツイートしてしまいました。

つじどう…ぶりとー…つじどう……ううむ、似てるような似てないような

そして今日になって、(藤沢のスーパー銭湯で湯上りの休憩中に)昨日のブリトーネタを思い出して、「辻堂駅周辺にブリトーを出す店ってあるかなあ」と気になりました。
スマホでグーグルマップを開き、辻堂駅周辺を拡大して「ブリトー」で検索してみると、おお、何か所かの店でブリトーの写真が上がっていました。なかなか美味しそうです。

そんなわけで、いずれ辻堂にブリトーを食べに行ってみたいなと思います。
(こんな理由で辻堂まで…とも少々思いますが、まあこれも何らかの縁だということで…)

| | | コメント (0)

2021.05.30

Storrowedという英単語

数日前にTwitter上で知った豆知識なのですが、なかなか興味深い話なので、ブログの方でもまとめてみたいと思います。
ちなみに、今のところは「Storrowed」でググっても日本語のウェブページはほとんどないので、もしかしたら有用な記事になるかも知れません(?)。

私のTwitterでのフォローやフォロワーの中には、人工言語トキポナの人たちが何人かいます。
エスペラント語でもそうですが、人気とユーザーを得た人工言語の場合、知り合いは世界中に分散していて、ネットを使えば「世界中の人と知り合いになって情報交換」できるようになります。もっとも、エスペラント語とトキポナ語では規模が2桁違う上、そのコミュニティの性格も何となく違ってくる気はします。
ともあれ、トキポナ語で繋がったアメリカの人(元ボストン在住)が、なかなか目を引くツイートを引用していました。

Storrowed? それってどういう意味?
初めて聞いた英単語だったので、すぐにググってみましたが、オンライン英和辞書には載っていませんでした。トラックがこのように天井を壊してしまうという意味だとは推察できますが…。(ちなみに、カタカナ語の「ストロー」はstrawなので無関係です)
興味を持ってあれこれ調べてみたり、引用していた人にTwitterで教えてもらったり…。その結果、どうもこれはボストン限定の(しかしボストンでは普通に新聞に出るくらい有名な)ローカル単語らしいと分かってきました。
どんなことが分かったか、箇条書きにしてみます。

  • マサチューセッツ州ボストンの中心部、チャールズ川の南岸に沿って「ストロー・ドライブ」(Storrow Drive)という道路がある
  • この道路には陸橋がいくつもかかっているが、橋の高さが低いものが多く、通れる自動車の高さ制限がきつい
  • もちろん警告標識はたくさん出ているが、それを無視して(または見落として)道路に入り、トラックの屋根を壊してしまう事故が後を絶たない
  • 屋根を壊す事故があまりにも多いため、ボストンではいつしか、この事故を表すStorrowという動詞が誕生してしまった
  • 最も多発する「Storrowing Season」はアメリカの大学の新学期が始まる前後、学生の引っ越しが増える8月下旬から9月上旬
  • この時期は新入生がレンタカーのトラックを借り、不慣れなボストンの街を走るので、知らずにストロー・ドライブに入ってしまう者も多くなる
  • Storrowedな事故を防ぐための呼びかけは、ネットで検索しても色々と出てくる
  • 例えば、ボストンのあるビール醸造所ではStorrowed事故トラックの図柄のダブルIPAビール、その名も「Storrowed」を販売しているくらいである

何というか…興味深さを感じました。ボストン特有の社会現象、そしてボストン特有の単語。
そして、この単語を知る機会を得た偶然…。もし私がトキポナ語に手を出していなかったら、ボストンの人と知り合ってツイートを見る機会はなかなか無かったでしょうし、この「Storrowed」も知ることは無かったでしょう。

最後に、レゴで作った ”Storrowed Drive” の動画があるのを見かけたので、ここに張ってみたいと思います。
いやはや、レゴでも事故が再現されているなんて…

| | | コメント (0)

2021.05.28

今わんこそばに挑むと…

今日、Twitterで或る人のツイートを眺めたり引用ツイートしながら、

「わんこそばに今挑んだら、果たして何杯くらい行けるのかな…」

と、何となく興味が湧いてしまいました。
わんこそば。東北旅行で盛岡に立ち寄って挑んだことが何回かありますが、最近はおそらく10年以上やっていません。数年前に盛岡に行った時も、わんこそばではなく盛岡冷麵で昼食にした覚えがあります。

若い頃はそれなりに大食いでしたし、80杯とか100杯とか食べることができていたものです。
自己最高記録は101杯。ちょうど100杯で蓋をしようとして、数え違いで101杯になってしまったというものです。そういえばあの時は、隣のテーブルに別のお客さんがいて、店員さんが一人で二人分を対応することになったため、同時スタートでした。そうなると、どうしても対抗意識が湧いてしまい…それで記録が伸びたような気がします。

今はもうそんなには食べられません。50杯まで行けるかどうかも少々怪しいです。それに、わんこそばに挑戦できるのは若いうち…という固定観念もやっぱりあります。
でも、また試してみようかな…。(おそらく人生最後のわんこそば記録として)何杯まで行けるか、興味があります。
東横線の沿線に、関東では珍しく、わんこそばが体験できる店がある…というのは昔から知っていましたが、まだ行ったことはありません。一度、知り合いを誘って行ってみたいと思います。

| | | コメント (0)

2021.05.05

正丸峠のジンギスカン

Dsc_0494

連休最終日。今日は朝ゴミ出しに行ってコンビニで買い物した以外は、ずっと部屋に籠って過ごしていました。午後からは雨が降り始めましたし…。おとといの続きで、某所のウェブサイト作りの作業に取り掛かり、どうやらトップページは形になりましたが、なかなか疲れました。

そんなわけで今日は、昨日の続きの話…正丸峠にジンギスカンを食べに行った話を書こうと思います。
昨日、江ノ電バスの「岩瀬」バス停からバスに乗るという長年の願いを果たした後、バスでそのまま大船駅に向かい、神奈中バスに乗り換えて鎌倉女子大前で下車、その近くのコインパーキングに停めたクルマへと戻りました(大船の街の外側を一周した形になります)。実は、クルマで岩瀬に行ったのは、そのあと一人でドライブに出かけようと考えていたためでして…。
不要不急の外出自粛の連休ではありますが、せめて1日くらいは近場に(感染防止に留意して)出かけたいと思いました。一人旅ドライブなら道中での感染の心配はありませんし、混んでいる観光地やイベントは避け、密になりにくい店を選んでグルメ日帰り旅行なら良いでしょう。
Twitterで数日前、知り合いが「正丸峠の奥村茶屋に行ってジンギスカンを食べてきた」という写真を上げていました。おお、これは食べてみたい…。元々羊肉が好きですし(現在話題のサイゼリヤのラムステーキ、既に何回食べたか分かりません)、それに昔、「本州でジンギスカンが定着した稀有な場所」を巡るという旅行をしたことがあるのです。

かつて日本で羊肉料理の普及促進が呼びかけられたとき、北海道では普及したのですが本州ではなかなか普及しませんでした。しかし、その本州でも、もともと羊の飼育が盛んだった場所を中心に、まるで点在するように「ジンギスカンが名物の場所」が存在します。遠野、蔵王、信州新町、蒜山高原など…。(この辺の事情はWikipediaの「ジンギスカン」にも詳しいです)
でも、飯能から秩父に向かう途中にある「正丸峠」でもジンギスカンがあったとは…。これは初めて知りました。

大船をあとに国道1号に乗り、そして圏央道で秩父を目指します。道路はなかなかの渋滞具合でした(普通のゴールデンウィークに比べれば大人しいと思いますが…)。特に、秩父に向かう国道は相当のノロノロ運転ぶり…。正丸トンネル手前で旧道に入ると、やっと渋滞から解放されましたが、さすがは旧道、曲がりくねりが激しいです。(道路の状態は良く、我が初代プリウスでも走っていて不安はありませんでした)
結局、正丸峠に到着したのは昼飯時を過ぎた午後1時半頃でした。でも、これが幸いして、峠にある老舗の店「奥村茶屋」の店内は、既にピークを越えて落ち着いた状態。絶景が望める窓側の席に座ることができました。窓は少し開いていて、風が心地よかったです。

テーブルの真ん中の穴に七輪が据えられ、ジンギスカン鍋が載りました。肉は円形のロール肉で、タレは漬け込みではありません。
なかなか火力が強いジンギスカン鍋で、一人ジンギスカンを開始。かなりせわしなく脂を塗り、そして肉と野菜を焼いて、タレで食べていきます。おお、美味しい…。羊肉の臭みはほとんど感じられませんでした。
横を見ると彼方に東京のビル街が霞んで見えるという、この奥村茶屋でのジンギスカン。でも、景色より何より、とにかく肉です。夢中で焼いて食べ続けました。後半になって落ち着いてくると、やっと「ああ、確かに羊肉の香りが…」と気付き始めました。多分、この店のジンギスカンのタレ、とても良く出来ているんだと思います。

肉も野菜もすっかり食べ終えて、満ち足りた気持ちで食休みしていると、お店のおばさんが「美味しかったですか?」と笑顔で声をかけてくれました。
そこで、正丸でのジンギスカンの由来についてお話を伺ってみたところ、やはり、秩父で昔から羊の飼育が盛んだったそうで…。武甲山の麓には観光地としても知られる「羊山公園」がありますが、この周辺では昔、その名の通り羊が数多く飼育されていたそうです。そして、食糧難の対策として羊肉の普及活動が始まり…。でも、日本人の食文化に合わせて羊肉を美味しく食べるのは、大変な苦労が必要だったとのこと。
「このタレ、羊だけでなくどんな肉でも美味しく食べられますよ」…そう、まさしく、長年受け継がれてきたであろう、このタレが決め手だったわけです。

このジンギスカン、また食べに来たいな…。
満足しつつ店を出て、景色をしばし眺めた後、クルマで峠を降りました。

Dsc_0503

| | | コメント (0)

2020.11.19

夜の市役所見物

Dsc_0109_copy_1280x960

今夜は、みなとみらいの某所にて某コミュニティのオフ会でした。
ただ、桜木町駅を下車した時は、まだ集合時間まで結構余裕があったので…。完成以来まだ行ったことの無かった、新しい横浜市役所を見に行ってみることにしました。駅前でエスカレーターに乗ってワシントンホテルへの陸橋を歩き、その先の「さくらみらい橋」で大岡川を渡ると、新しい市庁舎があります。

さくらみらい橋の途中で立ち止まると、みなとみらいの夜景がなかなか綺麗です。思わず一枚撮影。
ふと、川の左側に緑色に光るものがあるのに気付いて、よく見ると、首都高速の地下区間の標識でした。川の水面のすぐ左横、かなり低い場所…。私も時々クルマで通る場所だけに、こんな所を通ってるのかと少々驚きました…。

新市庁舎に入ると、おお、なかなか立派です。3階以上が市役所本体で、2階と1階は色々な店が入っています。ぐるりと歩いて一周。新しくて綺麗で立派ですが、豪華絢爛という雰囲気ではなく、やはり市役所らしい淡白な内装でした。
32階建ての市庁舎。出来るまでには賛否両論あったようですが、私としては作るのに賛成でした。何しろ、市役所が関内にあった頃は、市庁舎が古くて小さすぎてスペースが足りず、周辺のオフィスビルというオフィスビルが借り上げられて市の色々な課が入居していましたから…。
用事があって市役所にいく度に隣のオフィスビルに足を運んでいたので、「いや、さすがにこれは新しいのを建てて引っ越そうよ。私の市民税も使ってくれていいから…」と、何だかあきれ気味になっていたものです。
ううむ、とうとう新市庁舎になったんですね…。

のんびり景色など眺めて過ごしているうち、オフ会の集合時間が近付いてきたので、新市庁舎を後にして日本丸の見える方へと向かいました…。

| | | コメント (0)

2020.11.05

焼肉ライクで大豆ミート焼肉を試す

Dsc_0083_copy_1280x960

先月末だったか、「焼肉ライクで大豆ミートを店舗限定で提供開始」というニュースを見て、これは何と…と好奇心が湧いてきました。

私はベジタリアンではありませんが、大豆ミートには前々から興味を持っていて、折に触れて実際に食べたりしています。
「大豆関連株は今後伸びる、いや伸びてほしい」との思いから、実際に何社かの株を買ったりしていますので、大豆ミートの最新事情を追いかけてみたいという気持ちもありまして…。
最近だいぶ増えてきた焼肉ライク各店の中で、今回の対象店舗は東京都内に5店。私としては上野店が行きやすいかな…。そこで今夜は、上野駅で電車を降りて、上野広小路方面へと歩き、焼肉ライクを見つけて店内に入ってみました。

で、大豆ミートを結局全部で150g食べてみましたが、結論から先に書くと…
「うーん、まだまだ油揚げ加工品っぽくて焼肉気分は難しいなあ…」
と、ちょっときつめの感想にならざるを得ませんでした。すみません…。(上の写真ではそこそこ焼肉っぽいのですが…)

肉の種類は「NEXTカルビ」と「NEXTハラミ」の2つ、いずれも一皿50gです。まずは両方一つずつ注文してみました。
でも、やってきた肉は赤くはなく、既に茶色です…。もちろん大豆ミートなので元々茶色なのは分かるのですが、やはり焼肉気分は削がれます…。ともかく焼いてみますが、ハラミのほうは一つ一つが小さすぎて、ときどき網の隙間から下に落ちてしまいます…。
適当に焼いて、ご飯に載せて食べてみると、味そのものは悪くありません。でも、やはり肉というより「油揚げを加工して肉っぽい外観にしたもの」という感想は免れませんでした。

それでも、焼いて食べて焼いて食べてたまにビールを飲み…なかなか楽しく「焼肉ライクの一人焼肉」の時間を過ごせたことは間違いありません。
NEXTハラミよりはNEXTカルビのほうがおすすめです。一つ一つが大きめですし、歯応えも良いです。しかも、焼いているとちゃんと表面が焦げて「肉汁」が染み出てきます。結局、このNEXTカルビの方だけ、もう一皿おかわりしてみました。

あるメーカーが大豆ミートに関して、「無理矢理に肉に似せるより、肉とは違う新しい食べ物として普及させた方が良い」と語っているのを読んだ覚えがあります。今夜はそれを思い出し、うんうんと同意していました。
焼肉屋向けなら、「カルビ」や「ハラミ」に無理矢理に近付けるよりは、例えば「新世代油揚げの焼肉風」と名乗って提供する方が…。その方が、食べる側としても納得して、むしろ美味しく味わうことができる気がします。

ともあれ、大豆ミートとご飯セットを食べ終わり、ほどほどの満腹感と満足感で店をあとにしました。
ちなみに、その後は湯島に歩き、メイド喫茶「最果て」へ…。ここでメイドさんに焼肉の写真を見せてみたら、「美味しそう~。でも、これってホルモン?」
ええ、やはり「何か普通と違う焼肉」だと、見破られてしまった格好でした。

| | | コメント (0)

2020.09.17

オブラートを衝動買い

Dsc_0002_copy_1280x960

帰りがけ、ちょっと買いたい物があってドラッグストアに入ったものの、残念ながら見当たらず。
でも、何も買わないで店を出るのも何なので、なにか買うべきものはあるかな…と店内を歩いているうち、オブラートを見つけました。

そう言えば昨日の記事でオブラートのことを少々書いたなぁ…。
何となく欲しくなって、別に粉薬を飲む用事も無いのにオブラートを衝動買いしてしまいました。

オブラートを買うのは生まれて初めてかも知れません。
小さい頃、オブラートで薬を飲むときは、自宅に長らく備えてあった(親が買ってきた)オブラートを使っていましたし、大体1パックで200枚は入っていますから、無くなって新しく買う機会なんて滅多にありませんでしたから…。
200枚入りで483円。ううむ、オブラートの値段の相場を知るのも、たぶん生まれて初めてです。

小さい頃なら、オブラートをそのままムシャムシャ食べて親に見つかって叱られた…なんてこともあったと思いますが、大きくなってから自分で買ったオブラートなら、いくら食べても叱られません。
外袋を開封して、蓋を開けてみると…懐かしいオブラートです。さっそく一枚、また一枚。
ある意味、子供の頃の「禁断の食感」ですが、やはりそこまで美味しいものではありません。4枚食べたところで飽きました(笑)。もっとも、口寂しくなったとき、手元にお菓子の買い置きが無いという場合には、このオブラートは結構重宝するかも知れません。とりあえずパソコンデスクの片隅に置いておきます。

ちなみに…オブラートもやっぱり扱いは「食品」、賞味期限が書かれているのには感心しました。このオブラートの賞味期限は2025年3月…。まあ、たとえ200枚入りでも、5年近く有れば食べ終わるでしょう。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

[今月のまとめ]一覧 Nintendo3DS対応 メイド・コスプレ店巡り(-2005) メイド・コスプレ店巡り2006 メイド・コスプレ店巡り2007 メイド・コスプレ店巡り2008 メイド・コスプレ店巡り2009 メイド・コスプレ店巡り2010 メイド・コスプレ店巡り2011 メイド・コスプレ店巡り2012 メイド・コスプレ店巡り2013 メイド・コスプレ店巡り2014 メイド・コスプレ店巡り2015 メイド・コスプレ店巡り2016 メイド・コスプレ店巡り2017 メイド・コスプレ店巡り2018 メイド・コスプレ店巡り2019 メイド・コスプレ店巡り2020 メイド・コスプレ店巡り2021 ロケット見物2006-2010 ロケット見物2011 ロケット見物2012 ロケット見物2013 ロケット見物2014 ロケット見物2016 初代プリウス愛用記 台湾旅行好き2009 台湾旅行好き2010 台湾旅行好き2011 台湾旅行好き2012 台湾旅行好き2013 台湾旅行好き2015 台湾旅行好き2016 季】微妙に(略)恵方巻の丸かじり 季】微妙に(略)試験日の感想 平たい引き出し整理法 微妙だけども真面目な話 微妙に(略)IT機器選び 微妙に(略)エス語使い 微妙に(略)コネタマ頼り 微妙に(略)バファリン日記 微妙に(略)メンヘル&ダイエット日記 微妙に(略)モス巡り趣味 微妙に(略)ライフスタイル 微妙に(略)両利き練習 微妙に(略)乗り物趣味 微妙に(略)夢の記録 微妙に(略)好奇心の種 微妙に(略)投資日記 微妙に(略)日記帳 微妙に(略)楽しみ方 微妙に(略)空想ネタ 微妙に(略)立体写真趣味 微妙に(略)立体写真趣味-COS 微妙に(略)谷山浩子論 微妙に(略)飛行機趣味 微妙に(略)麻雀あそび 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 臨】[2005年2月]微妙に(略)札幌&南大東旅行 臨】[2005年3月]微妙に(略)セントレア見物 臨】[2005年7月]微妙に(略)メイドホテル宿泊記 臨】[2005年7月]微妙に(略)愛知万博見物 臨】[2005年8月]微妙に(略)夏休み日記 臨】[2005年8月]微妙に(略)愛知万博見物2 臨】[2005年GW]微妙に(略)磐越旅行 臨】[2006年11月-]微妙に(略)銚子電鉄めぐり 臨】[2006年1月]微妙に(略)ロケット見物 臨】[2006年1月]微妙に(略)九州メイド喫茶巡り 臨】[2006年2月]微妙に(略)ロケット見物その2 臨】[2006年GW]微妙に(略)富山旅行 臨】[2007年12月]微妙に(略)飛行機&メイド喫茶巡り旅行 臨】[2007年2月-]微妙に(略)迷宮冒険 臨】[2007年5月]微妙に(略)台湾一人旅 臨】[2007年7月]微妙に(略)台湾一人旅2 臨】[2007年8月]微妙に(略)北海道の楽しみ方 臨】[2008年3月]微(略)なSuica初新幹線旅行 臨】[2008年5月]微妙に(略)台湾一人旅3 臨】[2008年7月]微妙に(略)新嘉坡旅行 臨】[2009年1月]微妙に(略)な越南旅行 臨】[2009年7月]微(略)な上海皆既日食旅行 臨】[2010年8月]微(略)なサハリン列車旅 臨】[2011年11月]微妙に(略)な広州旅行 臨】[2012年8月]道北・サハリン避暑旅行 臨】[2014年7月]小笠原への船旅 臨】[2016年7月]世界E大会旅行 臨】[2017年7-9月]ソウル・米国・ソウル旅行 臨】[2018年7-8月]南仏とリスボン旅行 臨】[2019年7月]フィンランド旅行