2006.01.08

メイドさんの立体写真

 昨夜は深谷のKei氏の家にて、飲んでオタク話の雑談を遅くまで続けたものでした。
 今朝起きたのは9時過ぎだったでしょうか…朝食昼食兼用の食事をロイヤルホストで食べて、次に深谷駅前のゲームセンターに行って、Kei氏のクイズマジックアカデミー3の対戦姿を眺め…。
 そんなこんなで、私が深谷駅をあとにしたのは午後2時過ぎでした。

 もう、この撮影旅行も終わりが近いです(デジタルカメラの電池も赤マークが点く状態でしたし…)。でも、撮りたいと思いつつ未だ撮っていなかったもの…というかジャンルが、一つ残っていました。
 そう…「人物写真」

 私は高崎線の電車を赤羽で降りて、池袋へと向かいました。
 目指すはボイスカフェ「もえっ娘」です。この店は「もえっ娘の許可があれば撮影もOK~!」という店ですので、立体写真のモデルをお願いすれば、もしかすれば…というわけです。

 「もえっ娘」の店内に落ち着きました。
 おもむろに件のステレオカメラを取り出し、まわりに披露してみたところ、女の子たちや店長、そしてお客さん…皆さんから注目を集めてしまいました。(^^ゞ
 撮影用にスクリーンカーテンを下ろす店長、机を片付けてスペースを作るお客さんたち…こんなに注目を浴びるなんて、私には嬉しい思いでした。
 そして…、あきのさんが、「1月限定でしたら…」という条件で、写真のブログへの公開を許可してくださったのです。

AKINO
あきのさんの立体写真(2月になったら削除します。すみません)

 撮ったらすぐにノートPCに転送して、横並びの写真へと編集を行ないました。
 数分でできあがり、あきのさんに早速お見せしたのですが…やはり、立体視するのは慣れてないと難しいみたいです。「立体に見えるような見えないような…」
 しかも…ノートPCの電池がそろそろ終了です。記事にまとめてブログに写真をアップロードするのは帰宅後だな…。私はちょっと残念な気持ちで、ノートPCを鞄に仕舞いました。

 今夜のもえっ娘は「夜7時からボウリング大会」とのこと…。
 でも、新潟帰りのうえ、酒が未だ残っていてふらつく私は、さすがに参加するのは無理でした。
 結局、もえっ娘ではカラオケを一曲歌っただけで(…平井堅のPOP STARをリクエストしてVIP STARを歌おうとしたのですが歌詞を思い出せずに挫折orz…)、一時間で店を後にしたのでした。「明日も来てくださいね~♪」と見送られながら…。(^_^;)(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

越後湯沢での途中下車

 新潟の古町を夕方5時過ぎに後にした私は、バスで新潟駅に着くと、東京までの乗車券と…越後湯沢までの新幹線自由席特急券を購入しました。
 そう、越後湯沢で途中下車して、公共温泉浴場で一風呂浴びようという考えです。

 Maxときで一時間ほど乗っていると、もう越後湯沢に到着です。
 駅構内はスキー客でそこそこ賑やか、立ち食い店や土産店も並んでいます。とりあえず、私は駅前に出てみました。駅前通りを少し歩いたところに、以前に入ったことがある公共温泉浴場があるはずです。
 確かに豪雪でした。駅前広場のあちこちに、除雪された雪が高々と積まれています。歩道を歩いていくと、雪の切通し状態になっているところもありました。
 まあ、ここは有名な雪国ですし、このくらいの雪は当たり前…とも思いますが、最近は暖冬の年が多かったことを考えると、やっぱり「凄いな」と思わざるを得ません。
 ともあれ、ステレオカメラを取り出して、そこかしこの景色を撮りながら駅前通りを歩いていきました。もう夜ですが、できるだけストロボ無しで頑張ってみました。
 下の立体写真は、ある店先に作られていた雪灯篭です。ちょっとピントが甘くなってしまいましたが…。

YUKIDOUROU

 残念ながら、目的にしていた公共浴場は「機械故障のため休業」という貼り紙を出して、灯りを落としていました。
 仕方ない…。越後湯沢の駅構内にも温泉浴場がありますし、駅に戻ることにしました。

 駅構内にある温泉浴場は、土産物屋や飲食店とセットになった、小規模な「駅ビル」施設の中にありました。
 さすがに、駅前の雪の中を歩き回って、身体が冷え切っていた後でしたので…やっと温まることができました。
 温泉に「入浴酒」を入れているという、少し乳白色のお風呂です(もっとも、酒の香りがそんなにするわけではありませんが)。駅構内にある温泉としては、ちょっと観光地っぽさが強めですが、入浴料(800円)も設備もまずまずかと思います。

 下の立体写真は、越後湯沢駅構内に飾られている「駒子」の人形です。ガラスケースの反射のせいで、ちょっと立体視しにくいかも知れませんが…。

KOMAKO

 午後8時過ぎ、越後湯沢始発のMaxたにがわで出発しました。
 ノートPCを広げ、立体写真の編集を行なっているうちに高崎到着。ここで高崎線に乗換えて深谷へと向かいました。
 今夜は深谷の友人Kei氏と飲もうかと思っています。酒は越後湯沢駅の土産物店で既に確保済みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の新潟へ立体写真旅行

 今朝、テレビのニュースによれば「上越新幹線 運転見合わせ」との情報が出ていました。越後湯沢で除雪用の機械が故障したとのことで…。
 ううむ、今日は少々「新幹線で新潟に行ってみようかな」という気分になっていたもので、気がかりではあります。ただ、故障した機械が本線をふさいでいるのが運転見合わせの原因だとすれば、ガーラ湯沢線のほうに退ければいい筈ですから、多分午前中には運転再開してるかな…。

 実際、午前10時に出発したときは、既に運転再開していました。かわりにガーラ湯沢支線が終日運休になったとのことですが…。

 まずは、新幹線のダイヤ混乱を少しでも避けて、旅費も節減すべく、高崎までは湘南新宿ラインで行くことにしました。(…旅費節減と書いておきながら、実はグリーン車でのんびり乗り通してしまったのですが)
 高崎までは青空。グリーン車の二階席ではカーテンを閉めたくなるような日差しでした。

 高崎駅に定時到着しました。
 さっそく「だるま弁当」を買って、そして上越新幹線のホームに立ちます。次の電車は一時間半の遅れ…といっても、あと10分ちょっとで越後湯沢行きMaxたにがわが来ますし、速度も回復しているようです。
 待ち時間のあいだに、だるま弁当の包みを開いてベンチに置き、蓋が半開きの状態にしました。ステレオカメラを鞄から取り出します。今日の被写体のお目当て、第一番目はこれです。

 ホワイトバランスをオート設定にしておくのをやめ、手で設定することで、左右の画像の色合いをできるだけ揃えることにしました。
 高崎の空は…少し曇り空です。2台のディマージュのホワイトバランスを「曇」にセットし、カメラの間隔を最小限に詰めて、撮影してみました。

DARUMA

 列車通過の案内放送がホームに流れます。今度はカメラの間隔を最大限にまで広げ、そしてストロボ発光禁止に設定しました。
 通過線に向かってくるMaxとき(E1系)。通過の瞬間にシャッターを押したつもりでしたが、鼻先がフレームからはみ出してしまいました。完全に左右同時にシャッターを押したとも思えず…これは立体視は無理かも知れません。
 数分後、Maxたにがわ(E4系8両)がホームに入ってきました。今度は、電車がきちんと停まったのを確認してからシャッターを押しました。撮れたらさっそく乗り込んで、とりあえず越後湯沢まで移動です。

 Maxたにがわの車内で、だるま弁当を開き、ステレオカメラで再度撮影してみました。何枚か(というか、何組か)撮ったあと、おもむろに食べ始めます。これが私の今日の昼食です。
 だるま弁当を食べるのは久しぶりでした。鳥肉より山菜や玉こんにゃくの方が多いのに、なぜか食べ応えのある味です。大きさは、私の手のひらに丁度おさまる程度で、そんなに大きくはありません。それでも充分に満腹になりました。
 だるま弁当のような、変り種の駅弁容器。私は普段だったら平気で捨ててしまうのですが、今日は記念に持って帰ることにしました。

 越後湯沢に着くと、折り返しの東京行きを待つスキー客(というかスノボ客の方が多いか)が列をなしていました。
 私はその人混みを抜け出し、ホームの端に行って、激しく舞い降りる雪とフル稼働のスプリンクラーをカメラに収めました。もっとも…これも、完璧に同時にシャッターを切らない限り、立体写真には出来そうにありません。…やっぱり動くものは無理なのかな…?
 10分後に後続の新潟行き「とき」(200系、K編成)が到着しました。この「ときタンの仲間」の顔も、やはりカメラに収めて、そしてすぐに自由席へと乗り込みました。

JOETSU200

 長岡までは真っ白な風景でしたが、新潟に近付いてくると雪は止み、雲の切れ目から青空も見えます。どうやら新潟では、大雪は小康状態のようです。
 新潟到着。私は構内で新潟色の115系電車の写真を撮った後、Suica準備済みの自動改札を出ました。バス乗り場へと歩いていき、古町までバスに乗ります。途中、万代橋を渡るところでも、川の風景を写真に収めてみようとしてみました。

 そして…今日の目的地、古町のメイド喫茶「ふぁんしーどかふぇ」に到着です。
 とりあえず、このあたりで文章を中断して、コーヒー飲みながらブログに送信しようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.06

初撮り結果

 昨夜、即興で組み立てたデジタルステレオカメラ。
 昨日書いたとおり、昨夜は電池不足で一組しか撮れませんでしたが、ともかく編集してみることにしました。
 職場で昼休み、自分のノートPCを取り出し、画像加工ソフトで左右二枚の写真をトリミングして繋げて…どうやら完成したので、ブログ記事にとりあえず貼り付けてみます。

doorin_STEREO

 左右とも同じ初代ディマージュXの画像とはいえ、やはり色合いが微妙に違ってしまうものですね。
 でも、とりあえず立体視は可能かと思います(平行法です)。

 ちなみに被写体は、池袋のホテルメトロポリタンの玄関前にある動輪のオブジェです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.01.05

ステレオカメラ一応完成

 今夜、池袋のビックカメラ「カメラ専門館」で買い物の末、とうとう一応の完成を見ました。

d1000173.jpg

 二台のディマージュX(初代)。一方は私の持っていたもの。もう一方は今夜ビックで買った中古品(約5000円)です。
 それを固定する土台(二台のカメラを一つの三脚にセットするためのプレート)、これもビックで購入しました。

 残念ながら、電池切れのため試し撮りは未だ一組やっただけ。本格的なステレオ撮影挑戦はこれからです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.01.03

ステレオ写真への興味

 何かに好奇心を持つきっかけが、ほんの些細な、それも本筋と殆ど無関係な事だった…そんなことって、時折偶然のように発生するものですねぇ…。
 今日、いきなり「デジタルカメラでのステレオ写真撮影」をやってみたくなったのも、その種の好奇心着火でした。

 昼前。ネットを巡回していたところ、2ちゃんねるの某スレで「インテルの新CPU情報がインプレスPC Watchに出てるね」という書き込みを見つけました。おお、いよいよYonahの発表か…、そう思いながらPC Watchのサイトを開いてみたのですが…。
 私の目に留まったのは、件の記事(インテル新ロゴマーク付き)の見出しではなく、その下のコダックのデジカメ新製品の方でした。

 「レンズが二つある…もしかしてステレオデジタルカメラ?」

 そこで、先にそっちの記事を開いてみたのですが、読んでみると…何のことは無い、広角側とズームレンズの二つを積んだデジカメというだけでした。そもそも、レンズは横ではなく縦に並んでいます。
 私は「なーんだ」と思いながら「戻る」ボタンを押して記事一覧に戻り、本来見たかったインテル新CPUの記事の方を開いたのでした。

 でも…その数分後ぐらいから何だか無性に、ステレオ写真をデジカメで撮ってみたくなってしまいまして…。

 グーグルで「ステレオカメラ」で検索すると、この分野の愛好者のサイトが色々と並んでいます。
 調べていくうちに、だんだんと色々なことが分かってきました。

 簡単・原始的にステレオ写真を撮りたければ、使い捨てカメラを二つ買ってガムテープで繋げて固定し、シャッターを同時に押せばよいわけです。まあ、原理自体は簡単です。
 もっと単純な方法としては、一台のカメラでも、まず一枚とって直ちに横にカメラをスライド移動させてもう一枚撮る…それでも立体写真になることはなります。
 でも、しっかりした写真を撮りたければ、やはりそれなりに凝る必要はあります。
 出来るだけ焦点距離や画像特性の揃った二台のカメラ(要するに同一機種)を、レンズの向きが並行になるようにしっかりと固定して、同時にシャッターを切るべし…ということになりましょうか。

 私が現在愛用しているデジカメは、ミノルタの初代ディマージュXです。これとは別に、実は、キヤノンの初代IXY DIGITALが、部屋の隅に眠っていたりします(電池が寿命を迎えたですが、まだ新しい電池を買ってないので…汗)
 で、ビックカメラのサイトで三脚関係の商品を探してみると、こんな商品があったりします。
 これに二台のカメラをセットすれば、ステレオ写真を綺麗に撮れそうです。幸い、ディマージュXにもIXY DIGITALにも三脚用ネジ穴はあります。
 しかし、さすがにこの二機種、外形もレンズ構造も画像特性もぜんぜん違いますから、これで上手くステレオに撮るのは難しいでしょう。
 どちらの機種も既に年数が経ってますし、中古価格も結構安くなってるかと思います。中古だと画質が左右で揃わなくなるかも知れませんが…それでも、ステレオ写真を撮るなら左右同じ機種で撮りたいです。

 今日はもう、さすがに夕方ですので、これから池袋まで出掛けるつもりはありません(明日から仕事ですし)。
 でも、次に池袋に行くときには、ビックカメラに立ち寄って、ステレオデジタルカメラ作りに必要なものを探してきてみようかと思っています。
 IXYかディマージュか、どっちか安いほうの中古デジカメ。そしてその機種用の新しいバッテリ。そして…もしかすると結局、三脚にまで手を出してしまうかも…(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)